風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

CIMG9216
 昨日(勤労感謝の日)の午後、わずかな額の商品券を持って、ショッピングモール「パワーセンター ワッセ」内の書店、「KaBoS ワッセ店」へ行った。
 迷ったあげく、買った1冊めが「世界一やさしいブログの教科書 1年生」である。染谷昌利・著、2016年8月、ソーテック社・刊。
 ブログを10年近く続けているが、副題に「再入門にも最適!」とある通り、ブログを振り返ってみたい。
 また、この11月3日の
記事(←リンクしてあり)、「文庫本2冊」で「買いたかったが諦めた。」と書いた本でもあり、僕は意外と執念深いのだ。
CIMG9215
 2冊めは更に迷ったが、鳥居歌集「キリンの子」が目に止まり、関心を持っており、体力的にも限界近かったので、買うことにした。KADOKAWA・刊、2016年7月・5刷。
 帰りの車中で、Amazonマーケットプレイスに1円(+送料257円)で出ているかも知れない、と思ったがもう遅い。
 帰宅後に調べてみると、古本で定価よりやや安く1冊があるのみで、他はプレミアム付きだった。
 読むべき本が、次々増える。





CIMG9205
 Amazonに予約注文してあった、総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年12月号が、11月15日に届いた。
 特集は「今年を象徴する百首」(10首選×10名)である。早くも年末ムードを興すかのようだ。
 読みおえたなら、ここで紹介したい。
 2017年1月号を、Amazonに予約注文した。僕の方が、もっと気が早い?
CIMG9207
 結社歌誌「コスモス」2016年12月号が、11月17日に届いた。
 「本年度後期の歌集批評特集」があり、1歌集見開き2ページで、会員の11歌集が紹介されている。
 僕の歌は、3首選だった。もう一つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、11月18日付け
記事(←リンクしてあり)にアップしたので、横書きながらご覧ください。

CIMG9199
 楽天ブックスより、ジョージ・G・スピーロ著「ケプラー予想」が、1昨日(1月11日、金曜日)に届いた。
 今月3日の記事(←リンクしてあり)、「文庫本2冊」で欲しくて買わなかった本より、楽天のわずかなポイント(期限付きを含む)も使って、1冊を買った。
 新潮文庫、2014年・刊。
 僕は数学の証明の物語が好きだ。古代以来、進歩しているか判らないとされる哲学と違って、ここには明らかな進歩がある。ポアンカレ予想、フェルマーの最終定理、4色問題、の証明の物語を読んだ。
 しかし今月3日に買えなかったのは、同じ学問解説書の、L&Rアドキンズ「ロゼッタストーン解読」(新潮文庫、2008年・刊)を所蔵しながら、読んでいなかったから、また本棚の肥やしになる事を恐れたのだ。
 今回のポイントの事を契機としてこの本を買い、「ロゼッタストーン解読」の方から読んでゆきたい。



CIMG9187
 先の11月1日に、2冊の文庫本を買った。
 まず「パワーセンター ワッセ」内の書店「KaBoS ワッセ店」で、迷ったあげく、岩波文庫を買った。
 「マゼラン 世界最初の世界一周航海」(2011年3月・刊)。
 乗組員とスペイン国王秘書の記録である。
 新潮文庫の「○○予想」という、数学の証明の物語も買いたかった。
 僕は文系だけれど、「ポアンカレ予想」「フェルマーの最終定理」「4色問題」の証明の物語を読んで来た。
 またブログ入門書も、初心に立ち会うべく買いたかったが、諦めた。
CIMG9191
 帰途、TSUTAYA某店に寄る。帰宅時刻なので、混んでいるかと思ったが、駐車場は空いていた。
 集英社オレンジ文庫、青木祐子「これは経費で落ちません!」(2016年9月・5刷)。Tポイントも使って買った。
 情熱的なラブストーリーではなく、醒めている経理課女性の物語らしい。
 この2冊は、しばらくお蔵入りだろう。


CIMG9185
 僕が参加している同人詩誌、「青魚」のNo.85が出来上がり、発送担当分を含めて、10冊が送られて来た。
 B5判、2段組、40ページ。執筆者18名。
 2016年10月31日、鯖江詩の会・刊。
 判が大きく、2段組なので、収載容量が大きく、詩、エッセイ、本格的研究、など多彩である。
 全体を読みおえたなら、再びここで紹介したい。
 なお僕は、ソネット形式の詩、8編を寄せている。「詩集ふくい2016」にも載せた「住所印を洗う」を除く7編を、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、11月1日の
記事(←リンクしてあり)以降、1日1編ずつ紹介してゆく予定なので、横書きながらご覧ください。

CIMG9181
 福井県詩人懇話会から、「年刊 詩集ふくい2016 第32集」2冊が届いた。
 57名63編(一人2編以内、4ページまで、参加できる)の詩と、執筆者名簿、「’15ふくい詩祭 記録」を合わせて、179ページに収める。
 2016年10月30日・刊。
 福井県在住、あるいはゆかりのある詩人の作品の、1年1度のアンソロジーである。
 また’15ふくい詩祭の全記録を、モノクロ写真と共に収める。
 僕もソネット「住所印を洗う」を寄せていて、内容はもう1つのブログ、「新サスケと短歌と詩」の10月27日付けの
記事(←リンクしてあり)に横書きながらアップしたので、ご覧ください。
 この本を読み通したなら、またここにアップしたい。

 最近に手許に届いた4冊を、以下に写真付きで紹介する。
 もう写真をアップしない本もあるからだ。
CIMG9144
 まず結社歌誌「コスモス」2016年11月号。
 通例だと、15日・発送、17日(月曜日)到着だと思っていたが、15日(土曜日)に届いてしまった。
 編集部、事務局のご努力である。
 僕の歌は、10首出詠の内、3首選だった。
 アメブロ「新サスケと短歌と詩」の、10月17日付け
記事(←リンクしてある)にアップしたので、ご覧ください。
CIMG9147
 次いで、Amazonに予約してあった総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年11月号が、同時に届いた。
 読みおえたなら、またここで紹介したい。
CIMG9150
 村上春樹の自伝的エッセイ(?)「職業としての小説家」(新潮文庫、2016年10月1日・刊)。
 単行本では買わないが、文庫本になったのでAmazonより買った。
 実は10月13日の記事、「頂いた本と買った本、5冊」の時点で、購入済みだったが、挙げ忘れていた。お蔵入りという愛書法もある。
永田和宏 新版 作歌のヒント
 永田和宏「新版 作歌のヒント」kindle版を、タブレットに収めた。
 以前、紙本版を買い、通読し、回し読みもしたのだが、古本屋へ売ってしまって、後悔した。
 紙本新刊と中古本との中間の値段で、昨日、Amazonのkindle版をダウンロードした。おりにつけ、読んでゆきたい。字の大きさも適切である。



↑このページのトップヘ