風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

CIMG9431
 先日にAmazonのあるマーケットプレイスへ注文した、佐田公子・歌集「さくら逆巻く」が、8月10日に届いた。
 極く安い本だったので、自己評価・良ながら、傷んだ本かと思っていたが、帯・カバー・本文も良い、サプライズ級の本だった。
 2011年9月、角川書店・刊。佐田公子さんは、短歌結社「覇王樹」代表の佐田毅氏の夫人であり、事務局を担当している。
CIMG9433
 Amazonに予約してあった、綜合歌誌「歌壇」2017年9月号が、お盆進行で常より早く、8月11日に届いた。
 僕は綜合歌誌で、これ1種のみを取っている。
 いずれも読み了えたなら、ここで紹介したい。


CIMG9419
 昨日の記事、「荒川洋治氏・受賞記念講演会」の始まる前、会場の多目的ホールの隅で、荒川洋治氏の著作が数種類、販売されていた。
 僕は記念の意を含めて、乏しい小遣いから、岩波現代文庫「詩とことば」(2016年4刷、860円+税)を買った。
 彼の詩集は、「全詩集」(思潮社)を含めて、何冊か読んだが、評論は読んでいなかった。

CIMG9422
 講演のあと、サイン会があったので、僕も列に並んだ。
 おばさんたちが、自分の手帳を差し出していく中、氏は苦虫を噛み潰す表情でサインした。
 僕の1冊を、職員が手に取って氏の前へ置いた時も、同じ表情だった。しかも「本には日付を入れませんから」と年月日を省略されてしまった。もっとも彼が、高校文芸部の1年先輩だった縁で、1声をかけてくださった。
 下の写真は、そのサインである。おこがましいかも知れないが、ブログにアップした。
 本を読み始めると、文庫本で版を重ねる詩論集であり、優れている。難解な評論の言葉も、難解な思想の言葉も、共に使わず、根本からの現代詩論である。僕の選択は、正解だったようだ。






CIMG9407CIMG9409
 なるべく本を買わず、蔵書を読もうと思っている。しかし最近、5冊を入手したので、紹介したい。
 左上はAmazonに予約してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年8月号。綜合歌誌では、これのみを読んでいる。
 右上は、生方たつゑ歌集「灯に寄る」。1981年、沖積舎・刊。「生方たつゑ全歌集」(角川書店)以降の歌集を集めており、「日本の古本屋」で廉価だった。しかしこの歌集は、19歌集からの自選歌集で、それのみの価値である。


CIMG9411CIMG9414

 先日に「マーケティングの基本と常識」を読書途中で記事アップした。図に乗って「デジタルマーケティング集中講義」を買ってしまった。どれだけ生かせるか。
 また先日、Google Analyticsを導入したのだが、図の読み方が英語の題ではわからない。初歩から勉強して置いた方が良いかと「はじめての最新 Google Analytics」を購入した。
 2冊ともAmazonより。このブログのpvはぞれほど多くはないが、役立つだろう。

副業YouTubeらくらく講座
 Amazonのkindle本の、「副業 YouTube らくらく講座」をタブレットにダウンロードした。。YouTubeの副業で稼ごうという訳ではない。
 動画をYouTubeに挙げて、公開しているブログが多くなり、アップの方法のみを学ぶのに、99円の価格に惹かれたのだ。読書と詩歌のブログに、動画が必要な場合が来るだろうか。



CIMG9406

 どこでだったか忘れたが、「永田和宏作品集Ⅰ」の発行を知って、読みたいと思った。著名な歌人であるが、僕は単行本歌集、アンソロジー歌集を、まったく読んでいなかったからだ。歌誌や歌人家族の本で、まれに接した。
 さっそくAmazonで検索すると、品切れだった(今はどうか知らない)。
 そこで発行元の
青磁社のホームヘージより探る。左下の「ご注文とお問い合わせ」に、つながるメールアドレスが載っている。そこで図々しくも、1冊を送ってくれるよう、情報を入れて注文した。これらの本で、注文がごったがえしているかと思ったが、3日後の7月11日(火曜日)に届いた。
 定価7000円+税。送料・無料。郵便振替料・無料。
 11歌集を収めているので廉価であり、「Ⅰ」と銘打つからには、「Ⅱ」以後の発行を約束したようなものだ。
 全歌集類の積ん読が多いので、いつかわからないが、近い内に読みたい。


CIMG9400
 「日本の古本屋」の某店より、生方たつゑ・歌集「冬の虹」が届いた。
 1985年、新星書房・刊。
 7月6日の記事
「ひとりの手紙」に続く、歌集購入である。
 角川書店「生方たつゑ全歌集」(生前版)の後に、この歌集のある事を知り、某サイトで捜したところ、1点だけ5万円の値で出ていた。とても買えないので、「日本の古本屋」で捜したところ、3800円+送料300円で出ていて、代金前払い(郵便振替)で購入した。
 よく考えれば割高な本だが、5万円のショックがあって、つい買ってしまった。
 この2冊以外にも、「全歌集」以後の歌集はあるようだが、今はここまでにして置きたい。



↑このページのトップヘ