風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

 最近に手許に届いた4冊を、以下に写真付きで紹介する。
 もう写真をアップしない本もあるからだ。
CIMG9144
 まず結社歌誌「コスモス」2016年11月号。
 通例だと、15日・発送、17日(月曜日)到着だと思っていたが、15日(土曜日)に届いてしまった。
 編集部、事務局のご努力である。
 僕の歌は、10首出詠の内、3首選だった。
 アメブロ「新サスケと短歌と詩」の、10月17日付け
記事(←リンクしてある)にアップしたので、ご覧ください。
CIMG9147
 次いで、Amazonに予約してあった総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年11月号が、同時に届いた。
 読みおえたなら、またここで紹介したい。
CIMG9150
 村上春樹の自伝的エッセイ(?)「職業としての小説家」(新潮文庫、2016年10月1日・刊)。
 単行本では買わないが、文庫本になったのでAmazonより買った。
 実は10月13日の記事、「頂いた本と買った本、5冊」の時点で、購入済みだったが、挙げ忘れていた。お蔵入りという愛書法もある。
永田和宏 新版 作歌のヒント
 永田和宏「新版 作歌のヒント」kindle版を、タブレットに収めた。
 以前、紙本版を買い、通読し、回し読みもしたのだが、古本屋へ売ってしまって、後悔した。
 紙本新刊と中古本との中間の値段で、昨日、Amazonのkindle版をダウンロードした。おりにつけ、読んでゆきたい。字の大きさも適切である。



 最近に4冊の本を頂き、1冊のkindle本を買った。
 以下に列挙する。写真は、各冊を読んでの紹介時にアップしたい。
 この記事のカテゴリに困って、「買い物―本」に入れてあるので、ご容赦願いたい。
1・秋亜綺羅・季刊個人詩誌「ココア共和国」vol.20
2・有田幸代・個人詩誌「野ゆき」vol.7
3・同人詩誌「果実」75号、6名16編の詩、他
4・宮本君子・第2歌集「梅雨空の沙羅」
5・中家菜津子・詩歌集「うずく、まる」(kindle本)
 せっせと読まなくては。
apple3
フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。




CIMG9036
 Amazonに予約注文しておいた、総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年10月号が、9月15日に届いた。
 特集は、「米と米作りの短歌から見る時代」。時節に合った特集を考えるのも、たいへんだろう。
 高野公彦インタビュー「ぼくの細道うたの道」が5回め、水原紫苑の50首連載が10回めである。
 全体を読みおえたなら、ここで紹介する。
CIMG9038
 結社歌誌「コスモス」2016年10月号が、9月17日に届いた。
 特集は、「風鳥派(小随筆)」である。少しずつ読み進んで、ここで紹介したい。
 僕の歌は、(10首出詠のうち)4首選だった。
 内容は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、9月18日付け記事(←リンクしてあり)にアップしたので、是非ご覧ください。

CIMG9009
 Amazonに注文して、解説書(マニュアル)「ライブドアブログ&まとめブログ Perfect Guide Book」を買った。
 ミテログよりライブドアブログに移る予定であり、最近のライブドアブログのマニュアルは、この本しかなかった。
 本が届く前に、ブログを移転して、フライング発車だった。
 本が届いて驚いた。文字が小さい。図版の文字では、読み取れない字があり、推測を入れねばならない。
 内容も高度である。今からブログを始める人には、始められないだろう。
 ともかくこの本しかマニュアルはなく、僕も参照してプロフィールを作った事だった。
 読了して紹介する本ではないので、ここにアップしておく。

↑このページのトップヘ