風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

短歌

 今月18日の記事、入手した4冊(4)で紹介した内、大野英子・歌集「甘籃の扉(かんらんのと)」を読み了える。
2・歌集・甘藍の扉
 2019年9月5日、柊書房・刊。歌数・不明。著者(歌誌「コスモス」選者、他)の第1歌集。著者・あとがきを付す。
 独身のまま、百貨店の仕事に勤しみ、離れ住む両親の世話と、見送りをした生活を、情感を保って歌う事で、救われたようだ。
 父母なく、夫子なく、ただ一人の兄は遠く離れ住み(兄夫婦にも子供がいない)、孤独な生活に入るが、鍛えられた心境は平静なようだ。


 以下に7首を引く。
秋空のたかみに白き尾を引きてゆく旅客機は真昼の彗星
不条理にあれど素早く謝りぬおきやくさまだいいち主義なれば
秋の夜長を楽しみに買ふ椅子ふたつ星見る椅子と読書する椅子
満開に桜咲くあさちちのみの父のたましひは父を去りたり
寝たきりの父が震へる手で書きし「コレガ人生ナラツマラナイ」
幾たびも死に瀕(ひん)したるははそはは大潮に曳かれ逝つてしまへり
来るところまで来たわたし がらんどうの家とこころを残されひとり


 これまで記事にアップしなかったけれど、寺井奈緒美・歌集「アーのようなカー」Kindle Unlimited版をタブレットにダウンロードしており、先日に読み了えた。
寺井奈緒美「アーのようなカー」
 書肆侃侃房・新鋭短歌シリーズ46。同シリーズとして、先の8月3日の記事、二三川練・歌集「惑星ジンタ」に次ぐ。

 単行本:2019年4月11日・刊。価格:1,836円。
 Kindle版:2019年8月2日・刊。価格:1,600円。
 掲載首数、不明。東直子・解説「「そこにいた時間」の新しい豊かさ」、著者・あとがきを付す。

 優しさを施したい、求めたい心情がある。言葉の斡旋がうまく、レトリックが上手になって、人生の真実味が深まらないようだ。
 あとがきに「色を失っていたのは街ではなく自分自身だったのだと、ようやく気がついた。」とある。人生の暗部も見つめつつ、歌に拠って、危うい時代を生きて行ってほしい。

 以下に7首を引く。

舌打ちの音でマッチの火が灯るようなやさしい手品がしたい
フジツボのように背中を張り付かせ駅の柱はやさしい岩場
コピーアンドペーストのため囲われた文字に地下への隠し通路を
追い炊きのボタンを君に埋め込んで一年経つが未だ押せずに
戦前を生きるぼくらは目の前にボタンがあれば押してしまうね
街をいく人たちみんな大根を持っているけど何かの予兆
再生をされてトイレットペーパーになったら隣り合わせましょうね


CIMG9712
 先の8月17日の記事、川野里子「葛原妙子」を読む、の末尾に書いた通り、砂子屋書房「葛原妙子全歌集」(2002年・刊)に読み入る。
 写真は、全歌集の箱の表である。多機能プリンタでスキャンできないので、久しぶりにデジカメの台形補正機能を使った。2つあるスタンド灯の内、1つが故障してしてしまったので、片側より照明の、拙い写真である。

 第1歌集「橙黄(とうおう)」は、1950年、長谷川書房・刊。495首、著者あとがき「終りに」を収める。
 約1年の疎開生活、戦後5年の東京生活(医師の妻として。家は焼失を免れた)より詠まれる。
 葛原妙子(くずはら・たえこ、1907年~1985年)は、戦前から太田水穂「潮音」に拠りながら、43歳での第1歌集だった。
 まだ難解な詠みぶりではなく、疎開の窮迫生活、敗戦後の急変ぶりを描いている。
 1949年の「女人短歌会」創立に参加するなど、新しい女歌を目指したようだ。


 以下に7首を引く。正字は、新字に直した。
八貫の炭負ひて立つわが足踏(あぶ)みたしかなるとき涙流れたり
わがまぶたうるみてあらめこの男の子十二の食のすでにたくまし
竹煮ぐさしらしら白き日を翻(かへ)す異変といふはかくしづけきか(そのあした)
しばしばも心をよぎる暗愚あり追ひつめゆかむことのおそろし
寡婦たちを支ふるさびしき歌のありつよく脆くきりきりとすさぶときよし
盛夏十五度けざむき朝を飲食(おんじき)のすすむと云はばはばかりあらめ
わがうたにわれの紋章のいまだあらずたそがれのごとくかなしみきたる



IMG_20190814_0002
 今月15日の記事、入手した5冊(3)で紹介した内、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2019年9月号を、作品中心に読み了える。
 9月1日付け・刊。169ページ。定価:800円(税・送料・込み)。
巻頭作品
 「世は事も無し」的である。歌誌が求めるのか、歌壇が求めるのか、歌人が政府系の賞に関心があるのか。参院選で自民党は後退したが、マスメディアは圧勝呼ばわりし、批判があったか吉本芸人の話題などに逃げ込んだ。こういう静かな時は、水面下の動きがある筈で、庶民は気を付けなければいけない。
特集 競詠 昭和一桁世代、令和元年にうたう
 昭和一桁世代はさすがに、気骨に芯が通っている。16名が、各7首と短文を寄せている。わが行く先々を想えて、たのもしい。
戦争と歌人たち 篠弘 第六三回
 戦争に翼賛すると、後々までも筆誅を加えられる、という例になる。しかし争いは、第2次世界大戦のようになるとは限らなく、別の協力要請、被害を受けるかも知れない。


「覇王樹」8月号
 所属する結社歌誌「覇王樹」2019年8月号を、作品中心に読み了える。
 到着は先の7月29日の記事、同・8月号が届くで報せた。7月号の感想、覇王樹社のホームページ、僕の作品、3つのリンクを張ってあるので、ご覧ください。
概要
 2019年8月1日付け・刊。40ページ。編集人・佐田公子。
 今年の覇王樹賞20首と、花薔薇賞1首が、決定・発表された。
感想

 覇王樹賞は、K・恵美さんの「廃校」20首。彼女は結社「林間短歌会」で研鑽を重ねた方で、実力はある。また連作のまとめ方も上手で、賞を狙える方だ。
 次席以降の方も、読んでみれば力作である。
 T・美香子さんの「日本歌人クラブ会報「風」203号」より「記憶のかけら」5首、「短歌往来」5月号より「波照間島」8首が、転載された。
引用
 2首に寸感を添えたい。共に同人の特選欄?にあたる「爽什」10名からである。
 N・ま寿子さんの「ピリオド」6首より。
ピリオドをいまだ打てない空間に君と紡ぎし歳月浮かぶ
 口語調も取り入れて、優れた亡夫恋と読んだ。間違えていたら、済みません。
 K・恵美さんの「夢二の絵」6首より。
団らんを支えし鍋も大皿も終活の名に次つぎと消ゆ
 老夫婦のみ、あるいは独居老人となった者の切なさが、具体的に迫ってくる。




二三川練 惑星ジンタ
 先の7月23日の記事、歌集2冊をダウンロードで報せた内、二三川練「惑星ジンタ」を読み了える。
 書肆侃侃房の新鋭短歌シリーズ(Kindle Unlimited版)として、7月25日の記事、惟任將彦・歌集「灰色の図書館」に次ぐ。
概要
 ダウンロードのリンクに、諸版の発行年次、価格を示したので、ご参照ください。
 294首、東直子・解説「日常と幻のゆらぎ」、著者・あとがきを収める。
 二三川練(ふみがわ・れん)は、当時、日本大学大学院博士後期課程・在籍。寺山修司の短歌と俳句を、研究対象とする。
感想

 歌人の性別が、最後までわからなかった。「あとがき」の中でも「僕」と自称するので、男性である。作品中で「僕」を自称する女性はいるだろう。
 初めは具体的で、読みやすいかな、と思った。
 しかし同棲の事情など、公にできない事柄が増えたのか、抽象的な、あるいはシュールな詠みぶりとなる。
 惑星の7つを詠んだ連作は、題詠が苦手なのか、無理をして俗である。
 批判を書いているようだが、現代の心理の捉え方など、美点は多いので、それはご了解願う。
引用
 以下に7首を引く。
めがさめてあなたがいない浴室にあなたが洗う音がしている
傘いらないくらいの雨で傘をさす怒りたいけど怒られたくない
積み上げた日々より薄い枚数の夏のレポートつき返される
細胞の生きたがること厭わしく隣家はすでに蔦となりたり
知っていた未来ばかりが訪れてたとえば黄身が二つの卵
いつまでも引きずりそうなミスをして真夏の屋外プール 冷たい
加工する前の写真を消してゆく指は銀河のようになめらか





惟任将彦「灰色図書館」
 今月23日の記事、歌集2冊をダウンロードで報せた内、惟任將彦「灰色の図書館」をタブレットで読み了える。
概要
 リンクに出版社、各版の出版年次、価格等を記したので、ご参照ください。
 305首、林和清・解説「ハイデルベルゲンシス願望」(ハイデルベルゲンシスは大柄な絶滅人類)、著者・あとがきを収める。
 惟任將彦(これとう・まさひこ)は、1975年・生。近畿大学生時代に、塚本邦雄ゼミに所属。日本語教師となる。歌誌「玲瓏」会員。
感想
 図書館をめぐる連作があり、また野球に関する連作がある。
 若者歌人には珍しく、旧仮名、古典文法での作歌である。塚本邦雄に倣ったか。
 句割れ・句跨りが多いけれども、無意義な使い方だと思う。定型に圧力を掛けて、危機感・違和感を表わす方法だけれども、その必要が無さそうである。
 人生派と言葉派を止揚した歌がある。
引用

 以下に7首を引く。
新幹線満席となり肘触れぬやうに本読む自由席にて
里芋の煮つ転がしに箸を刺す夕べ組み換へられし遺伝子
銀杏よ猫の目となり漆黒の世界を銀に塗り替へてくれ
灰色の図書館内に鮮やかなブックカバーの墓地があるとか
道端にただ佇んでゐるわれに道行く人の不審さうな目
渋滞の高速道路穏やかな顔の車が少なくなつた
異国にて野球の選手名鑑を暗記するまで読みし日もあり




↑このページのトップヘ