風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

短歌

歌壇 7月号
 今月16日の記事「歌集1冊と歌誌2冊を入手」で報せた3冊の内、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2018年7月号を、ほぼ読み了える。同・6月号の感想は、先の5月26日の記事にアップした。
特集 年齢をどう詠むか―熟年から老年にかけて
 大島史洋(以下、敬称・略)の総論「年齢と老い、そのこだわり」は、斎藤茂吉と土屋文明の歌を例に挙げて、古いかな、と感じる。
 実作の80歳代~100歳代の10名の、各5首と短文は、迫力がある。中地俊夫「替へどき探る」5首より「いい年をしてと言はれていい年の顔を鏡に映してみたり」。穏やかな方の歌である。当地には罵倒語「いい年こいて」がある。
 小島ゆかり・選「年齢を詠んだ歌 五十首選」で、50歳の歌から採っているのは、「熟年から」を、まともに受け取ったのだろう。
蘇る短歌 坂井修一
 第4回「壁」は、新旧の古典から、「壁」の歌を取り上げて、キーワードに拠る短歌の読みの面白さを教える。
ザ・巨匠の添削 小池光
 第1回「斎藤茂吉」では、茂吉でさえ添削は抑えており、改作みたいな事はなくて、ホッとする。
短歌作品
 前衛派は夕暮れて、穏健派が占めているように思う。物足りなく、先で雪崩れ落ちる事のないように願う。



cocoon 08
 今月16日の記事、「歌集1冊と歌誌2冊を入手」で報せた内、季刊同人歌誌「COCOON」Issue08を読み了える。
 
同・Issue07の感想は、今年3月26日の記事にアップした。
概要
 おもな概要は、上の「入手」の記事に挙げたので、ご覧ください。
 今号で1名が去り、新しく3名が加わった。同人歌誌に、歴史が生まれる。
 結社「コスモス」内の同人誌であり、シニア誌に「灯船」がある。
感想
 政治の歪んだ社会では、文学は圧されるのではなく、自壊するかのように見えて倒れる。それは若い人において著しい。
 新古の古典を学び、信念を持って進んでほしい。
引用
 N・まさこさんの「ドラゴンライダー」12首では、副詞の多用が目立ち、後退の顕われのように思える。
歩き出すことのできない桜たち ざわりざわりと花びらを蒔(ま)
 O・達知さんの「きらびき」12首では、家庭、仕事を大事にしながら、壮年にかかる孤独もある。
聞いてやるただそれだけのやさしさを亀のミニラはよく知っている
 O・和恵さんの「忘れない夏」12首は、新しく優れた、父への挽歌である。
再起動できるものなら一夜明け夢だつたよと誰か笑つて




歌集 朝涼
 今月6日の記事、「歌集と詩誌が届く」で報せた内、丹波真人・歌集「朝涼」を読み了える。
概要
 「朝涼(あさすず)」は、「コスモス」の歌人、丹波真人(たんば・まさんど、19944年~)の第4歌集である。
 2018年4月30日、ながらみ書房・刊。1ページ2首組み、319ページ。492首を収める。
 僕が結社「コスモス」、結社内・季刊同人歌誌「棧橋」で一緒だった時期があり、そのご縁で送ってくださったのだろう。
感想
 15年ぶり、60歳代から70歳にさしかかる作品を、まとめたとの事。
 感慨深い出来事の多かった時期のようだ。
 以下の引用には引かなかったけれども、孫の誕生、息子の結婚など、慶事がある。一方、義父・叔母・母・従妹・宮英子夫人らを見送り、挽歌の連作を成した。思い出のよすがとなり、慰めとなるだろう。
 独特の美意識を持った歌人で、決まれば美しい短歌となるが、やや線の細さがあると見受ける。
引用

 以下に7首を引用する。
眼の渇き覚えて夜ふけめざむなどかつて無かりき還暦迫る
那智の滝そびらにポーズとる妻の肩にかすかな虹架かりをり
想ひても見ざりきわれの歌ふたつ採り上げくれつ「折々のうた」に
もの思ひしつつ歩めば軒さきの防犯灯が不意打ちに点く
日本にて季節すぎたる藤の花ミラノの路地のそちこちに咲く(トスカーナ)
大ゆれに揺るる地震に部屋ぢゆうの本ことごとく落ちて山なす(東日本大震災)
ケータイの待ち受け画面の亡き猫と妻はまいにち情を交はせり





最初から
 先の4月23日の記事、「入手した6冊」で報せた内、宇野なずき・歌集「最初からやり直してください」kindle unlimited版を、ようやく読み了える。
 同時にダウンロードした、堀米好美・歌集「いのち」kindle unlimited版を、今読んでいるところ。
概要
 宇野なずき(うの・なずき)は、1989年・生。2014年より短歌を始め、インターネットを中心に活動中。
 「最初からやり直してください」は、2017年12月1日、初版・発行。
 電子版は、2018年4月1日・刊。200首を収める。
 大手出版社に頼らない独立系どころか、代行業者にも依頼しない、自力系の電子出版らしい。今はそれなりの知識と技術があれば、一人で費用無しで、電子本を出版できる時代である。
感想

 ハイライトとメモの機能(他の機能も含め)が利く歌集なので、気になった歌に線引きし書き込みを入れた。それを基に、以下に7首を挙げる。
念仏を唱えるみたいに話すなよ俺が成仏しちゃうだろうが
 よほど語りに説得力があったか。自分の生命力が弱いのか。
もう一度会って幻滅してほしい世界を元に戻してほしい
 せっかく恋人ができそうになったのに、恋愛を拒んでいる。
これからは脇役だった僕たちのスピンオフ作品が始まる
 短歌を詠んで、自信を得たのだろうか。短歌ニューウェーブの波にも乗って。
通行の邪魔になっても僕たちはずっと並んで歩きたかった
 青春と友情の歌と読めるけれども、それも過去形である。
ゆるやかに破綻していく予想図を丸めて部屋の片隅に置く
 生活の破綻を予想しながら、為す術のない若者である。
「フレンドを削除しますか?」誤操作で消えた友達がわからない
 IT社会は、大小はあれ、危機と隣り合わせである。
神様は中途半端な苦しみを抱える人と目を合わせない
 今の生活者には、信仰による救いは、既にない。

「あとがき」で「数年前までは、…短歌に救われることがあるなんて思いもしなかった」と著者は書く。短歌に頼り過ぎて、負担を掛け過ぎないよう、歩んで行ってほしい。



 短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、11番目の歌集「雪炎」を読み了える。
 先の5月23日の記事、
同・「灰白の群」を読む、に次ぐ。
概要
 歌集「雪炎(せつえん)」の原著は、1949年9月、立山図書出版社・刊。
 274首、著者・巻末小記、を収める。棟方志功・装丁。
 先の「灰白の群」の3ヶ月後の刊行である。巻末小記に拠ると、立山図書出版社の塚本定勝(社主?)の、強い勧めにより、辞退を翻したとある。
 「雪炎」を読み了えて全歌集の360ページ目、歌集編の791ページの半分にも至っていない。先の長い道である。
感想
 巻末小記に、「運河」(「灰白の群」と同時期)前後から自選して274首を集めた、とある。刊行時期からみて、その2歌集の拾遺であるかも知れない。
 「しんしんと雉の瞼に触(さや)りつつ炎ともあらむその雪片(せつぺん)を」の歌のように、副詞、比喩、倒置など、レトリックの勝った歌が多い。推測に推測を重ねるのだが、拾遺の歌だったとすると、レトリックの多い歌を、いったんは捨てようとしたと見られる。「現実の相に根を張り、自己を強く打ち出す」、「青垣」の理念に沿おうとしたのだろうか。
引用

 以下に7首を引く。
(うみ)低く一群の鷺啼きながらいづくに向ふ風花のなか
冬の夜の暗きねむりに落ちゆくと雉らもあれやその雪炎に
玄冬の斑(ふ)に美しき雉鱈を火に煮ることも生(いき)のやしなひ
絶間なき小雀(こがらめ)のこゑひびきつつ玻璃やうやくに青し昏れつも
木苺の花のしろたへのあはれさはちかぢかとみむ吾がまなさきに
手術終へ扁たくねむる吾が妻の額の汗をぬぐひ立ちたり
「暁に祈る」リンチの惨虐も今日に憤(いか)りて明日は忘れむ
0-03
 写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。



IMG_20180526_0001
 所属する結社の歌誌、「覇王樹」2018年6月号をほぼ読み了える。
 到着は先の5月28日の記事
「届いた2冊(2)」の後方で、同・5月号の拙い感想は4月29日の記事「同・5月号を読む」にアップした。
概要
 通常立ての短歌欄と、連載評論の他、年間テーマ「道・路」に応じて、H・俊明さんの「二つの寂しき路」、I・謙三さんの「人生行路」2編が載る。
 「他誌拝見」では1ページ3段組みで、7誌を5名5首ずつ転載している。
 「受贈歌集歌書紹介」では、3段組み2ページ余にわたって7冊が紹介され、感想に引用歌が添えられる。
感想
 年間テーマ「道・路」の2編は、「道・路」の出て来る歌の論ではなく、歌の道、人生の道を、自在に綴ったもので、読みやすくて感銘深い。
 壮年よりも高齢の方が多いと見受けるが、短歌作品にはそれぞれいつまでも「短歌の新」を追う姿が浮かぶ。
引用

 「游芸集」の佐田公子さん(本誌・編集人なので、フルネームで記す)「さくら子なれば」6首より。
両岸の桜枝垂るる神田川 嗚呼そこここに亡き息子(こ)が笑ふ
 息子さんを亡くされた嘆きは深く、そこここに顔が浮かび、声が聞こえるのだろう。笑顔である事が救いか。
 「大翼集」のS・和子さん「さくら三昧」6首より。
テーブルに向き合ひ若き日の話すれば夫の顔がほころぶ
 和やかに新婚時代を過せた夫婦は、老いても思い出話の和やかな時を持てる。そうでなかった自分は後悔する時がある。


 

佐藤涼子 Midnight Sun
 今月25日の記事「2冊を入手」で報せた内、佐藤涼子・歌集「Midnight Sun」のkindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
概要
 単行本:2016年12月9日・刊、1,836円。
 kindle版:2017年1月30日・刊、800円。
 佐藤涼子(さとう・りょうこ)は、宮城県・在住。2012年「塔短歌会」入会。
 2012年12月~2016年9月までの304首、江戸雪「解説 「弱さ」を恥じている、そして守っている。」、著者の短い「あとがき」を収める。

感想
 第1章第1節の「グレープフルーツムーン」では生活詠や青春詠だったのが、第2節「記録」では震災詠、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震の被害とその5年後までの後遺を描く。震災当時のことは回想詠らしいが、被災者らしい切迫感があって、心に迫る。
 その後の歌は、被災以後を生き延びる歌と、新しくはない恋の歌が並ぶ。「かぼちゃ煮てセーター編んだと詠むような人生だってあったはずだが」と詠んで、安楽な生のない覚悟をしている。
引用

 歌集の初めの方から7首を引く。
震度7母が我が子を抱くように職場の床でパソコンを抱く
眩暈か余震かもはや誰にも区別はつかない ただ揺れている
「母さんは流されたぞ」と告げられた者でも勤務させるしかない
手鍋から湯を注がれて髪洗い「もう疲れた」と泣いたその夜
もう駄目と悲鳴を上げる決心がようやくついた三年たって
一年で地平の高さが変わったか 更地の町の違いを探す
愛されていた人が死んだ 生かされて何かがずれた朝がまた来る




佐藤涼子さんから、ツイートを頂きました。

↑このページのトップヘ