風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

短歌

IMG_20180920_0002
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2018年10月号を読む。
 Amazonよりの到着は、先の9月21日の記事、
「頂いた本など9冊より(2)5冊」の2番目で報せた。
概要
 2018年10月1日付け・刊。169ページ。
 原資の値上げ、消費税増税に耐え、定価を据え置くご苦労を思う。綜合歌誌も諸誌多い事でもある。
特集
 「短歌の名鑑賞」は、それぞれ感銘深い文章である。しかし何か不満が残る。
 1首~数首の鑑賞では、歌人は語れない。歌集論、歌人論まで至らなければ、歌論と言えない。時代の歌壇論とまでは言わないけれども。
巻頭20首
 佐藤モニカ「夏の市場」20首より、次の歌が気になる。
トランプをきりつつ思ふ若き日のおほかたの夢手放ししこと
 短歌での成功と、貧しくない幸せそうな家庭を得ながら、それでも夢は他にあったのだろうか。
戦争と歌人たち 第55回  篠弘
 戦争に関わった歌人を徹底的に追求し続けている。今回は匿名の「桐谷侃三」の暗躍を取り上げている。彼は「きりがやつ・かんざん」と訓んでいる。その卑劣さが暴かれている。
 いま、たやすく「非国民」などと詰る者は、後世の追求を恐れるべきである。

 僕は短歌指導書をわずかだが読んだけれども、それで眼を開かされた、という経験がない。多くの歌を読んで、効率悪くとも、学んで行くしかないのだろう。


IMG_20180920_0003
 先の9月21日の記事、、「頂いた本など9冊より(2)5冊」で報せた内、3番目の[COCOON」Issue09を読み了える。
 
同・Issue08の感想は、今年6月22日の記事にアップした。
概要
 結社「コスモス短歌会」内の若手歌人に拠る、季刊同人歌誌である。1965年以降生まれと限定するらしい。シニア誌に「灯船」がある(僕は読んだ事がない)。
 Issue09は、2018年9月15日・刊、81ページ。
感想
 巻頭24首詠4名、12首詠の外、評論、エッセイ、アンケート、短歌を添えた細密イラスト(2点2ページ)など、厳しく楽しく運営しているようだ。
 M・竜也さんの「ガラスで町と隔たれている」は、「隔てられいる」が正しいだろう。新古の文法が混じると、戸惑うらしい。
 無責任な自称・叔父さんは、巻末のアンケート「好きだった給食は?」の答えに、もっとも関心を持ってしまう。
引用

 N・まさこさんの「圧」24首より。引く1首は、信用しない教師・生徒の関係が詠まれる。
よるほどにくちびるむすぶ女生徒に近寄るほどにほどけなくなる
 O・達知さんの「やまねこ」24首より。そう、僕たちは30年後に心に響く歌を詠もう。
三十年のちに自分を揺さぶると知らずに揺れていたり<やまねこ>(中島みゆき)
 S・なおさんの「プキュと鳴く」12首より。刹那的、瞬間的であり、1回性である。逃避的でもあるが、悪い生き方ではない。
白くまをすくふスプーン冷たくてくぼみのなかに踞りたし





IMG_20180925_0001
 結社歌誌「覇王樹」2018年10月号を、ほぼ読み了える。
 同誌の到着は、先の9月27日の記事、
「歌誌「覇王樹」10月号が届く」で報せた。
概要
 小さな概要を、上の記事で紹介したので、ご参照ください。またリンクから、過去の号の感想へと遡ってゆける。
 また同人には、「爽什」10名、「神無月10首詠」4名、「力詠15首」2名、などの機会がある。準同人の僕は、早く同人に成りたいものだ。
感想
 食事の後にする事が無く次の食事を考え始める、という歌があって、つくづく僕はネットの世界の楽しみがあって良かった、と思う。
 また厳選主義でなく、入門の会員、準同人も8首出詠して、6首(同人と同じ数)採られるのは、創作者として納得できる。
引用
 「神無月10首詠」のS・素子さんの「明治神宮あやめ祭り」10首より。
ひたひたと石畳ゆく神宮の森の広さに包まれながら
 「広さに包まれ」の、実感ある比喩が秀逸である。
 「覇王樹集」の古城いつもさん(フルネーム表示は、了解済み)の特選「白の野ねずみ」6首より。
母の持つ顔は幾枚束ねれどひとつの像を結ぶことなし
 訳あってか、思い出や写真から、母親のこれという像が結ばないのだろうか。
 「大翼集」のK・邦子さんの「文化ゾーン」6首より。
万緑の文化ゾーンに酸欠のわたくしは今生き返りゆく

 文化の森林浴で、オゾンやフィトンチッドを存分に吸い、リフレッシュしてください。


 短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、合同歌集「いしかは」の岡部文夫・集の分を読み了える。
 9月5日の記事、没後・刊の初期歌集
「氷見」に次ぐ。
概要
 合同歌集「いしかは」は1937年、山本賢次との共著で、青垣会・刊。
 山本賢次は、青垣会の同じ石川県能登・出身だった。
 岡部文夫・集は、この全歌集で19ページ、350首前後だろうか。
 岡部文夫は、初期の口語自由律プロレタリア短歌より、1931年に橋本徳壽「青垣」に転じて6年の初の歌集だった。
感想
 古泉千樫・系「青垣」は「現実の相に根を張り、自己を強く打ち出す」という、写実系と浪漫系の良い所取り、上手く行かなければ宙ぶらりん、という理念があった(三省堂「現代短歌大事典」2004年版「青垣」の項より)。
 「いしかは」では、のちの自在さはないものの、文語定型短歌に転じた、短歌に生を任せた者の安堵を読み取り得る。
引用

 以下に5首を引く。
とむらひより晩(おそ)く戻りてうすぐらき畳に螻蛄(けら)のはしるをころす
山川の清瀬啼きめぐるかはせみを一羽かとみれば一羽にあらず
吾が家をせりおとすこゑきこえゐるゆふべの部屋にすわりをりつも(家を売らむと帰省す。)
フライパンに卵かきまぜてゐる妻の冷えをいふらしぼそぼそとをり
いづこにかあらき訛に叱るこゑすはふり終へたる昼のひそけさ(姉死す)
0-28

写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。




 短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、歌集「氷見(ひみ)」を読み了える。
 
同・「雪天」を読む(後)は、先の8月26日の記事にアップした。
概要
 上のリンクの中で、初期未刊歌集として、紹介した歌集である。
 岡部文夫(1908年~1990年)が、1947年~1954年の約8年間、富山県氷見市に在任した頃、周囲より「氷見観光の作品をまとめてみないか」と奨められて、1954年、歌集「氷見」の稿がまとめられた。
 著者の「巻末小記」まで付されながら、刊行される事はなく、没後の1992年に、主宰した「海潮」会員らによって、短歌新聞社より刊行された。412首。
感想
 作品は、氷見市を歩き回って手帳に書きつけた短歌だが、決して観光案内的なものではない。
 字余りの歌もあるが、時期の傾向で、推敲が足りない訳ではないだろう。
 この歌集の生前に未刊だった事が、続々と歌集を刊行した歌人が23年間潜んでいた、その理由の1つであったなら痛ましい。
 このあと全歌集の歌集編として、6冊の合同歌集よりの、抄出を残すのみである。

引用
 以下に7首を引く。
こほろぎのこゑこそひびけ昼ながらこの山中のひとつ石のした
石に割りしたたる雲丹(うに)を分ち食ふ蔭ひろき亜熱帯植物の中
山茶花のしたを来(き)しかば落ち布(し)けるその花びらに風は明るし
芽ぶかむとする銀杏の樹のしたに或いは田螺の煮ゆる火を瞻(も)
能登ちかきこの峡に住む九十八戸なべて竹を編む昼を灯して
砂の上(へ)を吾がゆきしかば培(やしな)ひて冬美しき葉牡丹の列
樺いろのおのれさびしき蛾がひとつ羽を開きて扁(ひら)たくをりぬ

0-44
写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。



大西久美子 イーハトーブの数式
 大西久美子・歌集「イーハトーブの数式」kindle unlimited版を読み了える。
 先の8月10日の記事、
「入手した4冊」で報せた内、4冊目の本である。
概要
 ダウンロード時期、出版社、各版の出版時期・価格については、上のリンクに述べたので、ご参照ください。
 295首、加藤治郎・解説「北からの風と言葉」、著者・あとがきを収める。
 著者は、岩手県・生、2014年「未来短歌会」入会、加藤治郎に師事。
感想
 3月11日の東北大震災の時、彼女は鎌倉市にいて、郷里で入院中の父と連絡が取れなかった。その父が亡くなり、すでに母は亡く、兄弟姉妹もいないようだ。
 数学科の理系女子(リケジョ)として、淡い恋もありながら大学を卒業し、就職した。
 新しい歌人として、旧かな遣い、古典文法が珍しい。掉尾の歌(引用のしまい)のように、歌による救いを信じて(やや強引か)、生きてほしい。
引用

 以下に7首を引く。
0番線プラットホームに雪を踏む「しばれるなはん」のこゑを聞きつつ
海沿ひの瓦礫の上を飛ぶかもめ さくら色した足を揃へて
夕闇の深まりてくる病室で時々午後のかなしみを言ふ
透明なケースに残る新品の父の名のなきタオルやパジャマ
午前二時しまふくろふの鳴き声を呼び出してゐる電子辞書から
卓上に資料五枚が置かるるにまづ釈明を聞かされてゐる
ねむたくてねむれぬ指で打つキーの音の先には詩が待つてゐる



大西久美子さんが、ツイートをくださいました。

IMG_20180826_0001
 結社歌誌「覇王樹」2018年9月号を、作品中心に読み了える。
 
同誌の到着は、先の8月28日の記事にアップした。
 上のリンクから、8月号の感想、覇王樹社のホームページ、9月号の僕の歌へ至り得る。

 「覇王樹」の通常欄は、ランクの別なく1人6首掲載である。同人でない会員、準同人は、8首出詠して6首の選を受ける。
 他に1段組みのページとして、巻頭「八首抄」、「文月10首詠」(4名)、「力詠15首」(2名を予定の所、都合により1名)がある。
 散文の連載3本も、長く続いて、たのもしい。
 毎月ごとの題詠・脳トレ短歌は楽しい。

 「他誌拝見 七月号」は7誌を取り上げ、「受贈歌集歌書紹介」は4冊を取り上げ、懇切である。
 「歌会だより」では、同誌の各地の歌会が報告されている。
 僕の評論「啄木『一握の砂』の「道・路」」(2ページ)を、ネットで公開する策はないものか。

 「東聲集」のS・叡子さん「梅雨に入りて」6首より、1首を引用する。
権力の座にうそぶける男ゐて香り無くせる白百合かさぬる
 反権力を訴え続けている文壇は、歌壇のみのようにさえ思われる。




↑このページのトップヘ