風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

短歌

 砂子屋書房・現代短歌文庫(104)「続 藤原龍一郎歌集」より、未刊歌集「『ノイズ』抄」を読み了える。
 今月5日の記事、
同より「切断」を読む、に次ぐ。
概要
 この短歌文庫・当時、未刊歌集だったが、後に歌集に収められたか、はっきりしない。
 「切断」の後の刊行歌集は「東京式」(1999年、北冬舎・刊)である。検索すると、半年の日録と短歌を収めた本らしいので、違う気もする。ただし「抄」とあるので、日録だけを除いた歌集かとも思ったが、引用歌などからは、違うようだ。
感想
 新刊2冊本を買った楽しみ、ITシステムの全容を誰も知らずに使っている危うさ(今に続く)、下町の実景などを詠む。
 今の天候異変を予見したような歌、当時のセルフサービス食堂(僕は夜勤の頃に利用した)なども詠まれる。
 実景が幻想へ直に繋がるような作風である。
 現代短歌文庫(正)(続)に、初めより連続の6歌集を完本で収録した、彼の優しさに感謝する。また口語調・新仮名の短歌の先駆者として尊敬する。
引用

 以下に7首を引く。
ミステリの新刊上下二巻本購いあゆむ躁の梅雨闇
システムの詳細を知る誰もなくモバイルのその認識の欝
満員のバス通り過ぎそのあとを街宣車ゆくダウンタウンよ
熱波吹き寒波覆うを言祝ぐべし、そう、この街は兇暴につき
秋に咲く花の名前を憶えんと図鑑ひらけば紙魚死にいたり
寒風は突き刺さるとも真夜中の日比谷公園群れなすテント
歩み来てセルフサービス食堂にヌードルを食む救世主のごとく
0-08
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。






 砂子屋書房・現代短歌文庫(104)「続 藤原龍一郎歌集」より、「切断」を読み了える。
 先の10月30日の記事、
同より「19☓☓」を読む、に次ぐ。
概要
 原著は、1997年、フーコー・刊。
 1997年の1年の内に、「嘆きの花園」、「19☓☓」、「切断」の3歌集が刊行された。「切断」は1998年1月・刊とする説もある。
感想
 「疲弊して」とあるように、ようやく歌に疲労が見られるようだ。年齢的、時代的な事のみでなく、「19☓☓」に示された、転回の故もあるだろう。
 藤原龍一郎は1952年、福岡県・生、大阪府の高校を卒業し、上京して大学入学した。卒業後も東京に生活し、「都会詠」と謳うけれども、今の僕には東京都への憧れはない。文化行事の多い事が羨ましいだけである。
 東京にサクセスが集中していたが、今のネットの時代、東京でなくともサクセスの機会はあるだろうと、僕は思う。
 短歌的抒情で東京を詠うのも良いが、かつての歌謡曲「東京砂漠」に、心揺さぶられた者である。
 都会の時代を、都会人の心情を詠んで、短歌的抒情を極限まで追い詰めた、優れた歌集ではある。
引用

 以下に7首を引く。
微量なるゆえ詩の毒は全身の神経系をめぐりて甘美
曖昧な日夜と言われ異論なき靴下を履く時脱ぐ時も
マンションの非常階段駆けおりる複数の足音の乱れが
「ひきしほ」と表記する時様式の美に溺れたき身を笞打てば
神経も肉体もかく疲弊して予後不良なる日没ぞ、これ
地下街をぬけてそのままオフィスへと入ってしまう予定調和の
なかんずく銀座通りの黄昏の甃路(ペーブメント)をモナミ、バッカス
0-05
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。


覇王樹11月号

 結社歌誌「覇王樹」2018年11月号を、ほぼ読み了える。
 到着は、先の10月28日の記事、
「覇王樹社より2冊が届く」の初めにアップした。
 そのリンクより、10月号の感想など、過去号へ遡り得る。
概要
 11月1日付け・刊。36ページ。
 10月号の40ページに比べると、やや少ないが、内容は充実している。
 ホームページ
「短歌の会 覇王樹」も、既に11月号仕様となった。
感想
 1名欠ける事のあった「力詠15首」も2名が揃い、「霜月10首詠」4名揃いと共に、晴れ舞台を務めている。9月1日が詠草の締め切りなので、気候が凌ぎやすくなったのだろうか。
 5クラス毎の「9月号作品評」、「私の選んだ9月号10首選」3名も、それぞれ力になる欄である。
 「他誌拝見」が半ページ、3誌のみなのは、誌面の都合だろう。「受贈歌集歌書紹介」は2ページ、6冊に渉っている。
 同人の会外での短歌活動、各地の歌会報告も載せる。
引用
 T・照子さんの力詠15首「あつおすなぁ」より。
アリのごとく働いたはずなのに何故キリギリスなどになったのだろう
 句跨り、字余りをも用いて、箴言のようにゆかない人生を訝しがる。
 「紅玉集」特選のW・富紀子さんの「二人芝居」6首より。
薄暗い小劇場の非常口女がひとり煙草銜える
 今もアングラ劇団のような活動は、あるのだろうか。明日の見えない娘さんの、暗い倦怠が読み取れる。





 砂子屋書房・現代短歌文庫(104)「続 藤原龍一郎歌集」より「19☓☓」を読み了える。
 今月26日の記事、
同「嘆きの花園」を読む、に次ぐ。
概要
 原著は、1997年、ながらみ書房・刊。
 1970年代以降を輪切りにするような標題の、6つのテーマ詠に、間奏曲を挟んで構成している。
感想
 大きなテーマ詠は、ある転回点(転向と呼んでも良いかも知れない)を示す場合が殆んどだ。宮柊二も、高野公彦もそうだった。しかし藤原龍一郎は、6つのテーマ詠を成し(それだけ内のエネルギーが大きかったのだろう)、その後、保守にも生活にも走っていないようで、偉容である。
 福島泰樹の「短歌絶叫コンサート」を1度聴いたことがあるが、あの叫びにも似るようだ。
 知らない固有名詞が多く、検索すればわかるのだろうが、いまはその意義は小さいと思う。
 人の繋がりが基で生まれた連作である。あとがきで彼は、「速度の充実も虚無も、たぶん、ここにある。」と自負している。
引用

 以下に7首を引く。
内乱の予兆ごとく雪やみて後の沈黙、さらば同志よ
村上団地寒夜せつなく咲き残るどうしようもなき山茶花の白
われは見たり!才気あふれる誰かれのみずから挫折してゆくさまを
否応なく永き昭和を生かされて麻痺するごとき月光の首都
東京の倦怠を胃の底までとマック・シェイクを吸い吸い吸いて
東京に雨ふる午後を朽ちてゆくココロザシある冥きヨロコビ
同時代的俗論と俗塵に知を身をさらし 御免蒙ル
0-03
写真ACより、「乗り物イラスト」1枚。






いつも空をみて
 浅羽佐和子・歌集「いつも空をみて」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
 ダウンロードは今月16日の記事、
「入手した3冊(3)」にアップした。
概要
 シリーズ名、各版の出版時期、価格は、上記のリンクに書いたので、ご参照ください。
 浅羽佐和子(あさば・さわこ)は、1972年・生。2001年・未来短歌会入会。2009年・未来年間賞受賞。
 「いつも空をみて」には歌集編に、加藤治郎・解説「空を見上げる」、後記「短歌とわたし」を収める。
感想
 Ⅲ章に別れ、第Ⅰ章ではありがちな、危うげな恋が描かれる。若い女性の短歌は、悲恋ものが多い、と思ってしまう。
 第Ⅱ章では、いきなり長女出産後の子育てが描かれる。優しい母親だけでは、いられないようだ。
 仕事はSEのそれもマネジメント役として、キャリアを積んでいる。
 生活の違和感を、字余りの多い歌で訴えている。
 「男は気づかない振りをしている」か「ほんとうに気づかない」と断罪される。気づいて子育てに参加しても、男は仕事が100%うまく行かなかったり、昇進に響いては、1家で困ると思うのだろうか。
 第Ⅲ章では、次女誕生の出産場面から、2人の子育てとなる。女性に不利な社会の仕組みだと思うけれども、僕には提言の言葉がない。
 彼女が短歌を続けて、良い家族関係となり、仕事で奮励する、日が来る事を願うのみである。
引用

 以下に7首を引く。
返事せぬままのメールがそれぞれの表情をして私を見てる
恋人が雨の匂いを消してゆく 花の図鑑はもう開かない
眠いのに眠れない子にいなりずしみたいな足でほっぺを蹴られ
暗闇の全件削除した指に煙のようなにおいが残る
予定日がこわい、私の愛情がなにものかにまた試されるようで
真夜中に何度も私の手をさがす見つけてなでてそしてまた寝る
この鍵をグルッとまわして母親に戻らなきゃいけないんだ、さあ



IMG_20180908_0002

 先の9月9日の記事
「届いた2冊」で、到着を報せた砂子屋書房・現代短歌文庫「藤原龍一郎歌集」(正)(続)より、(続)に入る。
 内容的には(正)編の
「エッセイ・解説」に次ぐ。
  「続 藤原龍一郎歌集」には、3冊の歌集(各・完本)と、1冊の未刊歌集「ノイズ」を収める。
 まず初めの「嘆きの花園」を読み了える。
概要
 原著は、1997年、ジャテック出版・刊。
 首数不明、「あとがき」を収める。
感想
 たいていの語彙はわかるけれども、中に「セバスチャン・ジャプリゾ」「紅夜叉」などの僕には不明な語が混じる。(後に2つ(2名)共、Wikipediaで概要が判明した)。
 AMラジオ・ディレクターとして、ヒット番組を育てたとされる。
 バブル景気の波も被り、生活に、短歌に、相対的安定は至ったようだ。その中で、作歌への情念を昂ぶらせようと、当時先端だったらしい「コンビニ」に「文学の素」を求めようとしたりする。
 都市詠の歌集としては、僕がほとんど田舎住まいなので、あまり反応しなかった。
引用

 以下に7首を引用する。
アナログの思考回路がデジタルに蝕まれつつ軋む月夜だ
夜を灯すコンビニエンス・ストアーに文学の素あらば買わんよ
マンションに帰り着きたる肉体はさぶしえ『大辞林』に躓く
散文のまさに散文的あわれイベント実施マニュアル読めば
もてあそぶ言葉、肉体異ならず何を断念せし来し方か
ジュリアナ東京今宵テクノに綺羅めきて「諧調は偽り」なればこそ
二十世紀後半を生きわれにさえ白熱と呼ぶ日月はあり



タルト・タタンと炭酸水
 竹内亮・歌集「タルト・タタンと炭酸水」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
 入手は、10月16日の記事、
入手した3冊(3)の初めにアップした。
概要
 各版の発刊日と価格は、上のリンクに記載したので、ご覧ください。
 竹内亮(たけうち・りょう)は1973年・生。東大法科大学院・修了。弁護士。
 223首、東直子・解説「命の色彩」、著者「あとがき」を収める。
感想
 静謐で透明な歌境は、今に珍しく、優れた特色である。
 明らかにフィクションとわかる歌がある。嘘を書くなら、嘘を現実っぽく思わせるか、現実を嘘っぽく思わせるかだが、この歌集では中途半端である。
 特色は翻って、生活と創作への反発・嫌悪が足りない感じがする。どのグループ(結社、同人誌)にも属さないからだろうか。
 今も健全に生活し、健詠している事を願う。
引用

 以下に7首を引く。
カーディガンの少女の横で少年は片足立ちで靴はき直す
雲が白い夏の初めの風の朝きみ柔かな瞼を開く
キッチンで知らない歌を口ずさみ君は螺旋のパスタを茹でる
長考の将棋のような間があって「それ、私も聞いたことある」
ひまわりの種を千粒買いました近所の道にそっとまきます
玄関のインターホンを押した後はにかみながら視線を下げる
絵の裏の最初のページ箴言は雲の小さい空に溶けゆく




↑このページのトップヘ