風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

俳句

 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、9番目の句集、成瀬桜桃子「風色」を読み了える。
 今月4日の記事、
桜井博道・句集「海上」に次ぐ。
概要
 原著は、1973年、牧羊社・刊。安住敦・序、466句、著者・あとがき、火村卓造・解説を収める。
 成瀬桜桃子(なるせ・おうとうし、1925年~2004年)は、1946年、久保田万太郎「春燈」創刊に参加、万太郎・没後、安住敦・主宰に師事した。1988年、敦・没後、推されて主宰となる。2003年、病を得て辞した。
感想
 母、祖母との三人暮らしの成長、結婚して子がダウン氏症であったなど、不幸が重なったけれども、俳句と信仰(クリスチャンらしい)の力に拠って、生活して来たようだ。
 この子を「神の子」として慈しみ、多くの句を成している。
 母の死、縁薄かった父の死、に際しても哀悼の句を吟じている。旅の句もある。
 社会性、前衛性は薄いけれども、定型に収まった句が、読者の気持ちを落ち着かせる。
引用
 以下に5句を引く。
ででむしは葉裏に月日たち易し
五月闇蓬髪にはかに櫛折れて(万太郎先生急逝)
悴みて跼むにあらず禱るなり
不孝者ハンケチ忘れきて泣けり(母逝く)
秋のプール雲の離合をうつしけり
0-09
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、8番目の句集、桜井博道「海上」を読み了える。
 先の10月29日の記事、
川崎展宏・句集「葛の葉」に次ぐ。
概要
 原著は、1973年、牧羊社・刊。加藤楸邨・跋、431句、著者・後記、火村卓造「海上解説」を収める。
 句は1950年以前~1971年を、ほぼ年毎に年代順にまとめてある。
 桜井博道(さくらい・はくどう、1931年~1991年)は、1949年、加藤楸邨「寒雷」に入会。1970年、森澄雄の「杉」創刊に参加。大学商学部大学院修士課程・卒。家業の「桜井家具店」専務取締役(当時)。
感想
 字余りの句が多く、定型の句を探そうとすると苦労するくらいである。
 徒らに字余りが多く、工夫すれば定型に収まりそうである。助詞の省略も多い。
 師・加藤楸邨や周囲にそのような俳人が多かったのかも知れないが、「それで良い」という態度が嫌である。定型詩の意義を成さない。前衛俳句でもない。
 しかし後に長く病臥したとあるから、俳風の変化があったかも知れない。後に句集「文鎮」、「椅子」がある。
引用

 以下に定型句を主に5句を引く。
最上川乗りて夏帽小さく座す
頬白の空降りてくる草に臥て
花火終へ押しもどりくるもののあり
ひと夜経てなほ雨のなか信濃柿
まぶしめり蛇口をあるく天道虫
0-06
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。





 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、7番目の句集、川崎展宏「葛の葉」を読み了える。
 今月25日の記事、
広瀬直人・句集「帰路」に次ぐ。
概要
 原著は、1973年、杉発行所・刊。自序句1句、301句(1955年~1972年)、自跋、あとがきを収める。
 川崎展宏(かわさき・てんこう、1927年~2009年)は、加藤楸邨「寒雷」に参加。1970年、森澄雄「杉」創刊に参加。1980年、同人誌「貂」創刊、代表となる。
感想
 自跋で「俳句は遊びだと思っている」と述べて、人間探求派の「寒雷」と決別した。
 高浜虚子の花鳥諷詠を再評価し、拠り所とする。
 戦前育ちながら、嫌味がない。デリカシーに満ちていると評された。
 戦後昭和の生活を、微細に捉えている。
引用
 以下に5句を引く。
暑し暑し昼餉の瓜と醤油差し
松の花瀬戸物市を開かんと
西瓜食うて声変りをり中学生
海鼠食ひし男まぎれぬ街の燈に
ゴルファーらヘアピンのごと枯芝に
0-92
写真ACより、「フード&ドリンク」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、6番目の句集、広瀬直人「帰路」を読み了える。
 今月14日の記事、
皆吉爽雨・句集「泉声」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、雲母社・刊。飯田龍太・序「真竹のいろ」、445句、著者・後記を収める。
 広瀬直人(ひろせ・なおと、1929年~2018年)は、1948年「雲母」入会、(1992年「雲母」終刊のあと)1993年、俳誌「白露」を創刊・主宰した。
引用と感想
 付箋にメモを残したので、それに従って書いてみる。句集は、昭和35年以前と~昭和46年まで、ほぼ年別に載せられている。
岩を離れて青々と微風の田
 大胆な句跨りの1句。1963年の作。60年安保には全く触れていないが、政治的平和の時代に、新しい手法を取り入れている。「芸術的前衛は政治的後衛である」と語った人もいるから、少数者を除いて正鵠を得ているのは、致し方ないか。
麦を蒔くひとりひとりに茜の田

 2毛作に麦を育てるのだろう。生活の基盤を描く。作者は農家の子で、高校の教師だった。
 季語に凡な所があり、「盆」「秋深む」「晩夏」「秋の山」と、続いたりする。
田を越えて鳥の隠るる枯葎
 1968年の作。句調が整っている。盛んだった学生運動から、目を背けるかの如くである。
白樺の幼き枝に驟雨来る
 同じ1968年の句。季語に深みが出るようだ。
風走らせる眼前の白つつじ
 1970年の句。学生運動が終末に向かう頃、再び句割れ、句跨りの作が見られる。心理の深部に鬱屈があって、句集名等に現れたか。
0-91
写真ACより、「フード&ドリンク」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、5番目の句集、皆吉爽雨「泉声」を読み了える。
 今月8日の記事、
西本一都・句集「景色」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、牧羊社・刊。420句、後記を収める。第9句集。
 皆吉爽雨(みなよし・そうう、1902年~1983年)は、初め「ホトトギス」に投句、1922年・同系の「山茶花」創刊に参加、1946年に俳誌「雪解(ゆきげ)」を創刊・主宰した。
 福井県出身であり、県ふるさと文学館で、郷土文学者の展示などに入るが、その点ではあまり評価されていないようだ。
感想
 「雪解」の言葉に「自然諷詠に彼岸の浄土を追求する。」があり、宗教的感覚が入ったようだ。
 社会性俳句、前衛俳句ではなく、伝統俳句の人として、例えば60年安保、70年安保にも恬然として、己の句境の深まりだけを願ったのだろうか。
 今の僕は、その平穏な境地が1種、羨ましい。過去は帰らないけれども。
 また多くの者に背を向け、見殺しにして、文学、特に俳歌に何の意義があるだろう、という思いもする。
引用
 以下に5句を引く。
もろ肩に錣(しころ)重畳武具かざる
堆書裡に古扇風機吾としづむ
買ひさげし棒のごときも苗木市
ねはん図の嘆きのかぎりなくて辞す
しぐるるやよべ祝(ほぎ)うけし花は壺に
0-89

写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、4番目の句集、西本一都「景色(けいしょく)」を読み了える。
 先の9月14日の記事、
安住敦・句集「午前午後」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、東京美術・刊。834句、あとがきを収める。
 西本一都(にしもと・いっと、1905年~1991年)は、「若葉」、「ホトトギス」に投句、後に「若葉」編集長、「白魚火」主宰。
 不思議な事に、西本一都の名前が、三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)にもWikipediaにも載っていない。美しい俳句を作ったのに、何か事情があるのかと、疑う程だ。
感想
 美を吟じた句に、稀に心境を吟じた句が混じる。余りに美に執着するので、美だけが俳句であるまい、美だけが芸術であるまい、と胸中に思ってしまう。経歴によって、俳句に執着した故もあるだろう。
 これだけの俳人が、歴史に埋もれるならば惜しい。
引用
 以下に5句を引く。
焼印の抜けんばかりに福杓子
佐渡びとの牛をあそばせ韮を摘む
紫陽花や任地変りしこと八たび(定年退職)
柿むくや徒食の爪ののびやすし
ああかくて胸に空洞蟻地獄
0-90

写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、3番目の句集、安住敦「午前午後」を読み了える。
 今月7日の記事、
原裕・句集「葦牙」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、角川書店・刊。416句、著者・後記を収める。第4句集。
 安住敦(あずみ・あつし、1907年~1988年)は、戦前より俳誌を転々としたが、敗戦直後の1946年、久保田万太郎を主宰に俳誌「春燈」を創刊した。1963年、万太郎・急逝により主宰・継承した。
 1972年、「午前午後」等の業績により、第6回蛇笏賞。1982年~1987年、俳人協会会長。朝日新聞俳壇選者(1986年まで)等。
感想
 1965年~1971年の句を編年体で収める。木下夕爾、久保田万太郎らを悼む句、娘を想う句、牡丹に執着する句(大連作が幾つもある)等、市井の生を吟じている。
 1968年頃より、勢いが増し、人を驚かす作がある。
引用
 以下に5句を引く。
冷房や理をもつて情封殺し
露けき戸そとより敲き子を起す
雛流し松籟これを悼みけり
妻は町にわれは牡丹と家に在り
墓の辺ややがて木の実の降る日来む(木下夕爾・7回忌)
0-95
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ