風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

俳句

CIMG9330
 福井県俳句作家協会の事務局より送って頂いた、年刊句集「福井県 第55集」を読み始める。
 同書の入手は、今月4日の記事
「届いた2冊」にアップした。本書の写真のアップは、今回きりとする。
 今回に僕が読んだのは、顧問・会長を初めとする役員35名と、名誉会員・参与20名の各10句、計550句である。
 これから30ページずつくらいに分けて、ここで紹介したい。
 さすが新しさを求め、情に分け入り、ときにユーモアを醸す。
 以下に3句を引く。
 I・秀雄さんの「終戦忌」10句より。
前をゆく櫓の音を追ふ舟遊
 M・和枝さんの「城淑気」10句より。
直線の十里街道夏つばめ
 K・逸子さんの「俳句の種」10句より。
大根蒔く俳句の種も蒔いておく



 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、12番目の句集、星野立子「実生」を読み了える。
 先行する
岸田稚魚「負け犬」は、今月8日の記事にアップした。
 原著は、1957年、玉藻社・刊。虚子の序、548句、虚子の跋、自跋を収める。
 星野立子(ほしの・たつこ、1903年~1984年)は、虚子の次女であり、父から期待されたようだ。
 素直、平明、軽やかな句風とされる。父の保護も厚かったが、父の面子を汚してはならない、という思いも強かっただろう。
 さりげない句材を選んだのは、生い立ちと共に、それが1因かも知れない。
 以下に5句を引く。
静かなる日向ぼこりをさまたげじ
わが庭の紅梅よしとききて病む
藤椅子に女こしかけ踵たて
朝寝して吾には吾のはかりごと
時雨るるや話し残せしこと文に

0-50
写真ACより、ケーキ・イラストの1枚。




 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、11番目の句集、岸田稚魚「負け犬」を読み了える。
 先行する、
富安風生「古稀春風」は、先の3月15日の記事にアップした。
 原著は、1957年、近藤書店・刊。石田波郷・序、568句、著者・後記を収める。
 岸田稚魚(きしだ・ちぎょ、1918年~1988年)は、石田波郷の「鶴」に投句、1968年「塔の会」結成、1977年・俳誌「琅玕」創刊・主宰。
 若くして結核に苦しみ、結婚、子を成した。旅行吟が賞賛されたけれども、僕は賛同しない。
 句境は句集のたびに深化したが、一貫して感覚的な「細み」の作風とされる。
 以下に5句を引く。
かげろふは焦土ばかりや西行忌
雨風や瓦礫に生(あ)るる蝸牛
隙間風驚き合ひて棲みつかな(娶り滝野川に移る)
春愁や身籠りの腹美しき
入学の日の雀らよ妻と謝す
チューリップ4
Pixabayより、チューリップの1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、10番目の句集、富安風生「古稀春風」を読み了える。
 先行する
能村登四郎「合掌部落」は、今月9日の記事にアップした。
 原著は、1957年、龍星閣・刊。1954年~1956年の作品、638句を収める。
 富安風生(とみやす・ふうせい、1885年~1979年)は、「ホトトギス」へ投句、のち同人。俳誌「若葉」主宰。1974年、日本芸術院会員。
 三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)の「戦争責任論争」の欄には、高浜虚子、山口青邨、小野蕪子、水原秋桜子、加藤楸邨の名前と共に、富安風生の名前も挙がっている。
 ただしこの句集では、「ただ恃む若人等あり初茜」「一生の重き罪負ふ蝸牛」(注:「三ヶ日蝸牛爐をつひに出でざりき」の句あり)の心境だった。僕に親しみのもてる句が多かった。
 戦後のみでも「古稀春風」までに4句集があり、どのような俳風だったか、僕にはわからない。
 「古稀春風」には、旅行吟が多く、自負もあったようだが、遊興、句会出席等の旅が多かった。
 以下に5句を引く。
年寄の忘れぞめよと初笑
沈丁の香はきりきしの高きより
箸つけて裏谷の芹庭の蕗
麦痩せて渋民村の名もほろぶ
水堰きて泳ぐはいくさ知らぬ子等
クロッカス5
Pixabayより、クロッカスの1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、9番目の句集、能村登四郎「合掌部落」を読み了える。
 先行する
石川桂郎「含羞」は、先の2月11日の記事にアップした。
 能村登四郎(のむら・としろう、1911年~2001年)は、1945年に応召・除隊・教職に復職した。1946年「馬酔木」復刊と共に投句を再開、1970年に「沖」創刊・主宰した。
 原著は、1957年、近藤書店・刊。
 教師としての哀歓を吟じて歓迎されたという第1句集「咀嚼音」に次ぐ、第2句集「合掌部落」は、1954年~1956年、合掌造りで名のある白川村(当時、ダム建設反対の運動があった)や内灘等を訪れ、政治活動ではない社会性俳句を開いたと言える。
 受賞等は後年が多く、「同世代の俳人に比べてデビューが遅れた分、作家生命のピークが老境と重なった」とする論がある(三省堂「現代俳句大事典」2005年・刊、に拠る)。
 以下に5句を引く。
昼顔の他攀づるなし有刺柵(内灘)
日本海青田千枚の裾あらふ(輪島より千枚田へ)
大家族の椀箸あらふ露の井に(合掌部落)
わが諾のことば待つ子が炭火吹く(緊木)
登呂村も馬鈴薯の花も覚めしばかり(登呂麦秋)
椿5
Pixabayより、椿の1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、8番めの句集、石川桂郎「含羞」を読みおえる。
 先行する
百合山羽公「故園」は、先の1月28日の記事にアップした。
 石川桂郎(いしかわ・けいろう、1909年~1975年)は、石田波郷「鶴」創刊号(1937年)より投句、1948年の波郷「馬酔木」復帰に伴って「馬酔木」同人。「俳句研究」「俳句」の編集長を経て、1964年より俳誌「風土」主宰。
 散文では横光利一に師事し、短編集「剃刀日記」他、俳人評伝「俳人風狂列伝」他がある。
 「含羞」は、1956年、琅玕洞・刊。1938年~1956年の、453句を収める。石田波郷・序、中村草田男・跋。
 貧困の中の家族を描いて、温かみのある秀作が多い、と思われる。
 以下にすべて戦後の作より、5句を引く。
栗飯を子が食ひ散らす散らさせよ
あまり寒く笑へば妻もわらふなり(一片の炭無し)
毛虫這ふごとき寡き銭(ぜに)渡す
芹摘む母もの濯ぐ妻晴れわたり
葛野萩薬餌提げ来て通ひ妻
040
写真ACより、チョコレートの1枚。多くの男性の意を表して。




 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、7番めの句集、百合山羽公「故園」を読みおえる。
 先行する
相馬遷子「山国」は、今月21日の記事にアップした。
 原著は、1956年、故園刊行世話人会・刊。487句、後記を収める。
 百合山羽公(ゆりやま・うこう、1904年~1991年)は、初め「ホトトギス」に入るが、水原秋桜子と共に去り、「馬酔木」第1期同人となる。
 第1句集「春園」(1935年・刊)に次ぐ「故園」では、1931年~1949年の「帰雁抄」、1950年~1952年の「鬼灯抄」、1953年~1956年の「海鳴抄」の、3章を立てる。
 敗戦の1945年は、第1章に紛れ込んでいる。衝撃と苦しみは、後に来たのか。
 すべて「鬼灯抄」「海鳴抄」より、5句を引く。
鬼灯よ父はとしどし弱き父
水を汲み火を焚く母に春眠す
髪高く結はれて嫁ぐ巣燕に
燕きて家人の声にさゝやけり
綿虫をつれて夕餉にかへりくる

白鳥7
「Pixabay」より、白鳥の1枚。



↑このページのトップヘ