風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

その他

 11月12日(月曜日)の、ネット・読書以外の用事、4つを挙げる。
 ブログのネタが乏しい(無くはない)からだ。
 雑記日誌のホームページ「新サスケ’s Ownd」に書くべき記事かもしれない。
 このブログとアメブロ「新サスケと短歌と詩」が真夜中0時頃に公開するので、0時より記事公開に伴う諸々をして、2時に就寝。9時に起きる。
 メール、ネット、他を午前中に済ませて、午後に出掛ける。
1・本の発送
 11月11日に、メルカリより1冊の注文があったので、ぷちぷちで包装して、大封筒に封入してあった。ファミリーマート某店で、スマホのQRコードを店内機にかざして、伝票を受け取り、レジで処理する。
 新書だったので、文庫本の300円ではないが、ファミリーマートが近くになく、車で往復30分くらいかかるので、ガソリン代を考えると、あまり儲けにならない。メルカリの本の売買は、遊戯のようなものだから。
2・歌誌代の振込み
 綜合月刊歌誌には、角川「短歌」、「短歌研究」、「短歌往来」などもあるが、僕は本阿弥書店の「歌壇」のみを取っている。
 Amazonで「歌壇」(800円)が、総額2千円以上の抱き合わせ販売になってしまった。Amazonで1ヶ月1,200円の買い物をしない事もないが、タイミングなどが合わず、非常に困る。
 それで「歌壇」誌の巻末にある無料振替伝票で、S郵便局より、6ヶ月分を本阿弥書店に振り込んだのである。家の斜め前に簡易郵便局があるが、無料伝票を扱わないので、遠くへ行く。

・F病院へ
 いったん帰宅したが、足の痣状のものが気になり、F病院皮膚科へ行く。
 診察の結果、タムシではなく、湿疹らしいので、その塗り薬を処方するから、1週間後にまた来なさい、とのこと。薬局でもらった塗り薬は、スチブロン軟膏2本。ステロイド剤、とはっきり薬品名に出ている。
4・発送の用意
 手帳のスケジュールにあった、本の発送準備をする。
 僕のこれまでの紙本詩集3冊と、かつて編集役をしていた同人詩誌「群青」第2号~第34号を、日本現代詩歌文学館に所蔵して貰うためである。3冊の詩集は、本棚と段ボール箱より、すぐ取り出せた。
 「群青」の創刊号はすでになく(合本にある)、第34号で終刊した。発行のたび、残った詩誌を大封筒に入れ、号数を表書きしていたので、比較的楽に済んだ。30号がなかったが、バラで積んである30冊ほどの中より見つけ、ホッとした。
 古い「現代詩年鑑」(思潮社)より、住所を見つけた。市名から始まっているので、岩手県の筈だと、郵便番号を番号簿と照合して確認した。11月13日、発送の予定である。
0-13
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



 

CIMG1172
 今日2回目の記事更新です。
 今日の昼食を公開します(10)です。
 9月26日の記事、
同(9)に次ぎます。

 トレーの上は、手前側左より、肉じゃがもどき(肉の代わりに、厚切りハム)、餃子(妻が冷凍物を朝に焼き、僕が昼にレンジで温めた)、ご飯(0・7合ほど)です。
 向こう側左より、茹で卵(3つより1つ、僕が摘まんだ)、味噌汁(ペースト状のインスタントもの、シジミ)、カップの爽健美茶です。今日はデザートに葡萄、シャインマスカットがあります。1房を冷蔵庫に入れて、食事の時に数粒、捥いで食べます。種なし、皮ごと食べられます。
 葡萄があっての、ブログ記事アップです。



a・神社の晴の日
 10月21日(第3日曜日)の朝より、町内の北野神社の秋祭が催された。
 神社の1年1度の、晴れの日である。
 早朝に七五三、厄払いの神事のあと、太鼓打ちを乗せた軽トラック(飾り立てた)を先導に、お神輿が出発した。
 上の写真は、そのあとの景で、秋の好天に恵まれた。

b・巡行をおえたお神輿c・おかめひょっとこ・ダブル太鼓

 初めの写真は、申し込みのあった家の前で予祝をした、お神輿の帰還した姿である。4人手持ちの型。
 午後は境内で、アトラクションがあった。
 特設ステージで6名の大正琴合奏のあと、竜神太鼓の披露があった。壮幼男女、色々パターンがあったが、肖像権の関係で、「おかめひょっとこ・ダブル太鼓」の1場面を、あとの写真に挙げる。
 境内では、焼き鳥、酒饅頭、ヤキソバ、綿飴、他のバザーがあり、子供を含め皆が楽しんでいた。
 アトラクションはこのあと、サックス演奏、よさこいイッチョライ、抽選会などが予定されていたが、体力の持たない僕は帰宅した。



CIMG1095
 今日2回目の記事更新です。
 僕のお八つを公開します(4)です。
 
同(3)は、先の8月20日の記事にアップしました。

 写真は、トレーの向こう側左より、かっぱえびせん、コッペパン、フレンチトースト。
 手前側左より、ココナツサブレ(オレンジ・ママレード、蜂蜜を載せて食べる)、スイートポテトパイ(食べさし)、そして葡萄ピオーネです。
 2、3日前、妻が立派な葡萄を買って来た(貰って来た?)のですが、手を付けませんでした。午後にこぼれ粒を食べてみると、皮は剝きやすく、種なしで、美味しいです。さっそく、冷蔵庫に入れて冷やしました。

 他に、キシリトールガムを大量に噛んでいます。煙草に比べれば、安価で、健康的です。


CIMG1074
 今日2回目の記事更新です。
 今月20日の
「今日の昼食を公開します(8)」に続いて、9回目の公開です。
 トレー上は、向こう側左より、茹で卵(1個摘まみました)、胡瓜の漬け物、練り状のインスタント味噌汁、カップの爽健美茶です。
 手前側は左より、煮物(厚揚げ、蒟蒻)、魚の焼きもの(種類不明)、ご飯(品種は「華越前」、0・7合ほど)、デザートにメロンの切り身です。
 食事ごとに、味噌汁か梅干しを摂るようにしています。
 メロンの切り身があったから、記事アップしたような事です(まだ残っています)。
 質素な食事ですが、僕はおふくろの味派なので、美味しく食べています。
 毎朝、妻が昼夕食の準備をして、出勤します。飲み物、お八つも揃えてあります。


かき氷a (2)CIMG9575 
 9月16日(第3日曜日)はS町T地区の秋祭が催された。
 8時からの準備作業を欠席していると、地区会長より電話があったが、腰弱を説明して、了解を受けた。
 11時から開始なので、その前に会場の第2集会所前の広場へ行く。
 上の先の(左の)写真は、かき氷。用具はレンタル。蜜は、レモン、ブドウ、イチゴ、コーラと揃えた。僕はレモンを1杯もらって食べた。
 後の(右の)写真は、生ビール。何缶も取り換えていた。ビニールコップに、サインペンで名前を書いて、僕も1杯半ほど。

CIMG9579CIMG9582
 上の先の(左の)写真は、フランクフルトソーセージと焼き鳥を焼く若い衆。後では、焼きそばも焼いた。僕はそれぞれ、1皿ずつ頂いた。
 後の(右の)写真は、テントの下で賑わう区民たち。
 途中で通り雨が過ぎたが、すぐ上がった。スマホを見て、予想できる人がいた。
 途中、S町自治会会長さんが見えて、挨拶して行った。

 班長の僕の担当は、スーパーボール掬いとヨーヨー釣りだが、知らなかった射的もあって、子供たち相手に忙しかった。子供たちは欲を抑えないから、幾回もしようとする。僕たちは、景品が余っても困るので、何回もさせる始末だった。

 広場では、ビールの早飲み競争(男性)、サイダーの早飲み競争(女性、子供)、ビンゴゲーム(1位はロボット掃除器)、ボール入れ競争(バケツにボールを入れると、入っている景品がもらえる)などで、盛り上がった。
 この祭に帰省した人もいたようだ。

 お握りも食べ1時前、僕は腰が痛くなったのでギブアップ、地区会長さんにことわって帰宅した。
 午後3時までの祭の後、後始末をし、打ち上げ会が行われる予定だった。


CIMG1001CIMG0999
 今日2回目の記事更新です。
 9月2日(日曜日)の夜8時より、恒例の手花火を妻と、軒下で遊びました。
 昨年は8月27日の記事
「131歳の手花火」にアップしてあります。

 初めの写真は、火炎状のもの、次は火花状のものです。
 今年の夏に、息子夫婦が帰省した時、手花火をしたいということで、妻が買ったものですが、機会を逃がして残っていました。比較的高価なものらしく、燃えている時間は長いのですが、カメラが自動モードだったため、うまく写っていません。

 30分で、夏を送る老夫婦の儀式はおしまいです。
 ぐずったりしていた妻が、僕よりたくさん燃やしたようです。

 新学期となり、残暑のあるものの、明日は台風上陸だそうです。季節感を掴めないこの頃です。



↑このページのトップヘ