風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

その他

CIMG0003
 昨日(11月6日、第1日曜日)の午前11時より、ある料理屋の1室で、「コスモス短歌会」F支部の忘年歌会が持たれた。
 事前1首出詠9名、当日参加者8名。
 まず歌会(上の写真)。今日は会員の批評はなく、U支部長の講評と、添削例提示で会は進んだ。
 僕の1首は、小さい手直しを何ヶ所かされたが、良くなったようだ。
 12時きっかりに歌会が済み、同室で忘年会となった。
CIMG0009 - コピー
 写真は、Tさんのご発声での乾杯の時、仲居さんさんに撮ってもらった。僕より上手い。
 プライバシーの点で、手前の女性の目は隠させてもらった。
 生ビール、ノンアルコール・ビール、ウーロン茶と共に、美味しい料理を頂いた。
 僕はジョッキ2杯(他の男性は1杯)で、すっかり酔ってしまい、少し乱れた所もあったようだ。


CIMG9172
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(写真はセット箱の上面。右端をトリミングしてある)全66CDより、27枚めをパソコンのiTuneで2度聴く。
 前ブログ「サスケの本棚」の今年8月9日の記事で、19枚めを紹介して以来である。
 ヴィヴァルディ(1678年~1741年)は、イタリアのバロック期の作曲家。
 27枚めは、室内協奏曲の1枚め(全3枚)である。
 リコーダーのゆるやかな、あるいは早いテンポの音色が、リードする場面が多い。
 奇想風の曲より、これら穏やかな6曲(全49分余)が好ましい。
 Amazon Prime Musicを聴く時が多く、この作品集よりしばし離れていた。もっと聴くようにしたい。
 なお僕は、音楽に不明なので、その事はご寛恕願いたい。

 

CIMG9128

 昨日(10月16日、第3日曜日)、秋晴れのもと、町内の北野神社の秋祭りが行われた。
 午前は、神社で神官により神事、厄払い、七五三祈願があった。
 そのあと正午まで、お神輿の巡行だった。
 上の写真は、軽トラに乗ったお太鼓巡行の、一休みの場。

CIMG9126
 お神輿はごく小さく、町内の家(前以って申し込んだ所のみ)の庭で、4~5人が取っ手を握って揉み、招運来福を祈願する。
 神官のお祓い、天狗役の破邪の槍突きも受ける。
CIMG9138
 午後は北野神社の境内に、特設ステージを設けアトラクションを、ブルーシートを敷いた観客席から楽しむ。
 自治会長の挨拶のあと、「ささゆり会」により、大正琴が演奏された(上の写真)。町内のお年寄りをおもに、帰省した娘息子孫を含め、客は多かった。
CIMG9140
 次に「北野竜神太鼓」(子どもを含む)の和太鼓が演奏された(上の写真)。横笛も吹く、町内のTさんが指導している。
 このあと、歌謡ショー、よさこいイッチョライ、閉会挨拶と抽選会で、午後3時半までの予定だった。僕は歌謡ショーの途中で、帰宅した。




CIMG9110

 昨日(10月9日、第2日曜日)に、コスモス短歌会F支部の10月歌会が持たれた。
 午後1時より、某館の1室にて。
 先の9月歌会の様子は、9月12日付けの
記事(←リンクしてあり)にアップした。
 事前1首出詠9名、当日参加者5名。
 事務方の用意した詠草とエッセイ等のプリント2枚と、U支部長の用意した添削例プリントを用いて、歌会は進んだ。
 支部長の司会のもと、9首の1つずつについて、2名が批評し、支部長が講評と添削例を示した。添削例を作者が納得すれば、その形でF新聞の歌会紹介欄に載る(句会、川柳句会の紹介も載る)。
 僕の1首は、大きく添削されたが、意は通った形になった。
 写真は、ピンボケの1枚。
 2時半頃に歌会は済んでしまい、歌話会となって、3時半頃に散会した。

CIMG9103
 昨日(10月8日、土曜日)の朝、妻に車で送ってもらって、F市の「第15回・大和田げんき祭り」を楽しんだ。
 開場の10時をやや過ぎて着き、降っていた雨も10分くらいで上がった。
 舞台では、「お太鼓座明神」の演奏が行われた。計4ステージくらいで、最大10人を越える奏者が登場した。
 太鼓の音は力強く、撥捌きも揃って、僕は練習の厳しさなどが偲ばれて、涙腺がゆるむのだった。
CIMG9107
 4会場のうち主会場の広場には、多くの食べ物屋、少しの雑貨屋の40ブース程が集まり、多くの家族連れなどがテント下と路上のテーブルで、食べ物を楽しんでいた。
 僕も振る舞いのブタ肉キムチ鍋の他、牛焼肉棒、焼き帆立て、フランクフルト・ソーセージ、焼肉を少しほぐしたもの、5種類のB級グルメを楽しんだ。
 写真は、しし鍋のブースに並ぶ人たち。
 他に全国の名物ラーメン店が7軒か並び、昼時の客を待っていた。
 持病に腰痛のある僕は、11時過ぎにスマホで妻に頼み、迎えに来てもらった。
 祭りは、この連休の3日間、催される。

CIMG9024
 昨日(9月11日、第2日曜日)に、某館の1室で、「コスモス短歌会」F支部の、9月歌会が持たれた。
 午後1時より。事前1首出詠9名、当日参加者7名。
 U支部長の司会で、プリントの9首を、1首2名が批評し、支部長の講評と添削例提示で会は進んだ。
 僕の1首の添削は、真意が伝わっていなかったが、永田和宏「作歌のヒント」の「1首の内容は読者が決める」という言を思い出し(もっとも同書で「私たちの会では、添削をしない」とも書かれていた)、異議を申し立てしなかった。
 11月の忘年歌会の場所をほぼ決め、3時半頃に散会した。

↑このページのトップヘ