風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

その他

CIMG0881
 今日2回目の記事更新です。
 昨日(6月9日)の夕食が、僕たち夫婦には少し贅沢だったので、公開します。
 今月5日の記事
「僕の飲みものを公開します」より、この「公開」シリーズを辿れます。

 向こう側左より、卵豆腐、茄子の漬け物、カップの爽健美茶。
 手前左より、焼き赤鰈(初めはカシラもあったのだが、温めるため皿に乗せる関係で除いた)、煮物(ハンペン、絹揚げ豆腐、グリーンピース、じゃが芋)、豆ご飯(薄揚げ入り、0、7合ほど)。
 鰈まる1匹と、豆ご飯が、珍しい。減塩中なので、魚に醤油を掛けません。

 例によって、このトレーで運んで、別室で食べました。煮物は余しました。



CIMG0869
 今日2回目の更新です。
 今月2日の記事
「僕のお八つを公開します」に続いて、僕の飲みものを公開します。
 写真の手前左から、パック牛乳(1L)、ボトルコーヒー(900ml)、グレープジュース(350ml)。
 後方左より、ボトル紅茶(1・5L)、爽健美茶(2L)である。
 グレープジュースはたまたま冷蔵庫にあったが、他は常備して冷蔵庫の扉にある。
 なおお茶は、妻も別種のボトル茶を飲んでおり、急須でお茶を淹れることはない。
 写真に撮り忘れたが、「一本義」の梅酒「梅の宴」(500ml)が、わずかに残っている。わが家唯一のアルコールである(妻は全くお酒が飲めない)。

CIMG0871
 保存の利くものは、ストックしてある。
 右上がボトル紅茶4本、その下がボトルコーヒー1箱(12本入り)、他は爽健美茶3箱(1箱6本入り)である。
 妻が、「飲みものにお金がかって困る」と、嘆いている。


CIMG0861
 今日2回目の記事更新をします。
 先の5月22日の記事、
「昨日の夕食を公開」に続いて、6月1日での僕のお八つを紹介します。
 僕のお八つを、食卓のトレーに集めてみました。
 下段左から、羊かん巻き(開封済み)、素焼きアーモンド(僕がリクエストした)、コッペパン、フレンチトースト、カリフォルニアプルーン。
 上段左から、ハーベスト、キシリトールガム、焼きプリンである。
 これにバナナ、ミニ饅頭、ミニ餅(餡入り)、焼き芋などが加わる時があります。
 僕の甘いもの好きを知っていて、妻が買って来て、食卓に置きます。
 67歳の男に、多いでしょうか。
 なおキシリトールガムは、禁煙したので、その代わりにしています。
 お酒も飲んでいません。




CIMG0851

 今日2回目の記事更新をします。
 いつもの高尚路線をはなれて、昨日(5月21日)の夕食を紹介する。家庭の事を書くのは、今月13日の「母の日のカーネーション」以来である。
 写真の左上から、茹で卵(昼食の余り)、ポテトサラダ(昼食の余り)、茄子の辛漬け、カップの爽健美茶(家ではお茶を淹れず、ボトル茶を飲んでいる)。
 左下から、煮物(揚げ、茄子、椎茸、大根)、白身のフライ、ご飯(0・7合ほど)。
 慎ましくささやかな食事(妻の用意して行ったもの)だが、変に高級なものは口に合わないので、満足している。
 写真は食卓の上だが、僕はこのトレーを運んで、例によって別室で食べた。

 5月18日の午前中は、深夜のブログ更新の後片付けをして、午後は内科医院へ行った。成人病の薬、5週間分をもらう。
 午後は、昨夜の睡眠時間が短かった(ランキングでトラブルに遭っているため)ので、読書記事を更新できそうになかった。
 日本将棋連盟の第31期竜王戦5組、船江恒平6段vs藤井聡太6段の対局を、ニコニコ動画で実況中継(2人による解説付き)を放送していたので、それを終局まで観ていた。ニコニコ動画で、視聴者は27万8千人。
 短めの手数で藤井聡太6段が勝利し、史上最年少の7段となる。
 プレッシャーに負けない、ヒーローの快進撃である。
 プロ囲碁の世界(僕はアマ6段)も、将棋のこのアピールに学んで、人気を高めてほしい。
0-32
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



CIMG9517
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)の最終回、66枚目のCD、「ソプラノとアルトのためのカンタータ Ⅱ」を聴き了える。写真は、紙ジャケットの表である。
 先の
11回目の紹介は、先の3月12日の記事にアップした。
 ヴィヴァルディ(1678年~1741年)は、イタリア、バロック期の作曲家である。没後、忘れられたが、19世紀末にバッハが再評価されると共に、彼の作品も復興した。
 CD66は、RV666「憧れの瞳よ」、RV671「懐かしい森、友なる牧場」など、全6曲、総58分余を収める。ソプラノとアルトの、美しい歌声だった。
 現在では、オペラ、歌曲より、協奏曲が高く評価されるようだ。
 彼は多産な作曲家で、RV番号は819番まである。
 これで「ヴィヴァルディ作品集」を1通り聴き了えたが、重ねて聴くかどうかはわからない。


CIMG9496
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)より、11回目、63枚目の紹介をする。写真は、紙ジャケットの表である。
 先の
10回目は、昨年9月11日、51枚目だった。
 前回より12枚目かというと、そうではなくて、オペラ3題6枚を飛ばした。CDなので、場面がわからない、言葉がわからない、でタモリではないがオペラは苦手である。
 今回の「ソプラノのためのカンタータⅡ」は、ソプラノの甘い声が、時にファルセット(?)になって、美しい6曲である。総54分余。
 カンタータは宗教楽かと思っていた。広辞苑に拠ると、「器楽伴奏による声楽曲」で、教会カンタータと世俗カンタータがある、との事。
 今回の邦題「哀れなわが心」、「お前の心はよくわかる」、「夜も更けて」などに拠ると、世俗カンタータらしい。
 ソプラノ歌手は2人で、区別がつかなかったが、共に美声である。
 次の紹介は、最後、66枚目にしたい。


↑このページのトップヘ