風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

その他

CIMG9496
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)より、11回目、63枚目の紹介をする。写真は、紙ジャケットの表である。
 先の
10回目は、昨年9月11日、51枚目だった。
 前回より12枚目かというと、そうではなくて、オペラ3題6枚を飛ばした。CDなので、場面がわからない、言葉がわからない、でタモリではないがオペラは苦手である。
 今回の「ソプラノのためのカンタータⅡ」は、ソプラノの甘い声が、時にファルセット(?)になって、美しい6曲である。総54分余。
 カンタータは宗教楽かと思っていた。広辞苑に拠ると、「器楽伴奏による声楽曲」で、教会カンタータと世俗カンタータがある、との事。
 今回の邦題「哀れなわが心」、「お前の心はよくわかる」、「夜も更けて」などに拠ると、世俗カンタータらしい。
 ソプラノ歌手は2人で、区別がつかなかったが、共に美声である。
 次の紹介は、最後、66枚目にしたい。


 今日午後は、ファミリーマートでの発送が1通あり、そのあと〇〇表彰を受けた実兄へ、お祝いのコチョウランを花屋で買って届け、兄嫁を含めてしばし歓談。
 その後はランキングの作業などをして、夕食となりました。
 勤めより帰宅した妻の無言の圧力があり、所得税確定申告の下書きを始めて、先ほど仕上がりました。火災保険の満期がありましたので、4万余円の納付の予定です。
 ただいま23時ですが、明日公開の記事を書く気力がありません。
 それで、
昨年12月27日に続いて(途中でドタキャン的に休んでいますが)、正式な記事更新はお休みと致します。
0-25
写真ACの「ゲームキャラクター」より、王子様のイラスト1枚。


 2月26日(月曜日)が、メンバー3人の短歌研究会Bの予定日だった。25日にMさんよりメールがあり、家族の病気で、Tさんと相談の結果、中止したいとの事だった。
 僕はブログ題材の件と、今月25日の記事
「新しい電子辞書を買う」で余った、これまでの電子辞書をTさんに譲る(Mさんは広辞苑第6版入りの電子辞書を使っている)予定があったので、その旨をTさんに話して、2人だけの研究会を持つようお願いした所、O.Kをもらえた。
 喫茶店でタブレットなどを操作していると、定例の朝9時半にTさんが現われた。歌誌の貸し借りのあと、彼女は17日に届いたばかりの結社歌誌を貸すと申し出たけれども、僕は「勉強してください」と押し戻した。
 さっそく電子辞書(カバー付き)を譲り、取り扱い方の簡単な説明をした。器種はCASIOのXD-A6800で、2010年・発売、8年が経っている。主力の広辞苑は第7版の1つ前の第6版で、漢和辞典、英和・和英辞典等もほぼ変わっていないと思われる。文学作品が400作品も収まっている事に彼女は喜んだようだ。
 僕が持っていたタブレットで、お互いの結社のホームページ、それに僕のブログの「お気に入り」より、「竹の子日記」(同人歌誌「灯船」編集長)、「できるところから一つずつ」(カナダ在住の歌人)、「福岡短歌日乗」の、各ブログを説明した。
 研究会(岩波文庫「宮柊二歌集」の読み込み)は、しない事にして、話を続けた。
 僕が属していたF支部の話、お互いの結社歌誌の長い目で見た行方、などを話し合った。
 次回の短歌研究会Aを、3月半ば頃に、Mさんとも相談して日を決めると約束して、10時45分頃に散会した。
0-06
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


 

CIMG0725
 貴重な原稿を発見、と言っても、有名作家の未発表原稿などではありません。
 約20年前の僕の歌稿、「子の進学」30首です。ふとした拍子に、大封筒に入っているのを発見しました。
 B4判にきっちり30首。結社歌誌「コスモス」の「O先生賞」に応募の原稿もありますので、その下書きだったでしょう。「O先生賞」には、応募しなかったようです。
 内容は、一人息子が県外の大学に合格し、出立までとそれからを描いた、わが家の絶頂期の作です。
 清書してある事は、当時にワープロを用いていたのだろう(パソコンはまだ用いていませんでした)。
 この「子の進学」は、30首選の前の形でか、小説を主にしていた同人誌「日本海作家」(数年前に終刊)に投稿して、編集長が数首除いた形で載りました。しかし僕の所蔵する「日本海作家」は100冊くらいあり、目次で捜すのも大変です。
 それで、僕の全詩歌集になると豪語する、もう1つのブログ
「新サスケと短歌と詩」にも未収録です。おりを見て、そのブログにこの30首をアップしたいと思います。



 2月6日の記事「3度目の大雪」の末尾で、「このまま寒波が収まるとも思えません」と書いた通り、6日~8日朝にかけても、降雪がありました。
 ただしこの冬3度目の大雪は、8日の朝で1服のようです。
 気象庁のホームページに拠ると、福井市は2月8日18時半頃で、積雪133センチ、それまでの24時間降雪は5センチでした。
 2月6日に妻は早退(事務所全員)、7日と8日は公休となり、除雪と油補給(灯油とガソリン)等を、僕と2人で行いました。

CIMG0711
 おなじみの、玄関から県道へのアプローチの細道です。雪なりに道が曲がって、先は見えません。
 雪は多くないとはいえ、両側の雪山が高くなり、180センチを越える所もあるらしく、雪除けスコップ(横に長いプラスチック製)で雪を放り上げるのに苦労しました。

CIMG0715
 車庫(2台入る)の前です。県道の車が圧して行った雪も、メザラを捲ってU字溝に放り込みました。
 県道の雪は、融雪装置の散水、除雪車の除け方が、良かったのか、これまでに比べて残雪がありませんでした。

CIMG0713
  車庫横の、妻の車の仮駐車場です。これまでママさんダンプ(またはスノーダンプ)と呼ばれる道具で雪を除けていましたが、県道のサイドへ捨てる(押し付けて)訳にも行かなくなり、雪除けスコップで、アプローチの反対側へ放り上げました。
 上の写真3枚は、除雪後の雨や日照によって、わずか残った雪も消え、舗装面が現われています。

CIMG0716
 北側1階の屋根より垂れる氷柱(つらら、垂氷)です。長いもので1メートルありそうでした。
 寒さが緩み、氷柱の先から雫が垂れていました。
 屋根雪の写真を撮っていませんが、1メートルを越えています。田舎の家は頑丈なので(小屋などを除き)大丈夫です。
 ただし予報では、2月11日~13日にかけて寒波があり、大雪の恐れもあるとされています。
 屋根の雪下ろしは避けたい。11日くらいまでに、どれだけ雪が融けるかが問題です。




 2月4日~5日に、今年(この冬)3度目の大雪になっています。
 1月12日~14日の積雪81センチ、1月23日~24日の積雪23センチに続き、2月5日19時までの24時間降雪38センチです。
 以下に写真を4枚、アップしますが、除雪は5日の午後2時頃、撮影は午後5時頃で、その間に数センチの積雪がありました。

CIMG0702
 玄関から県道までのアプローチです。両側は、植木、これまでの除雪を加え、雪の山になっています。
 枝がかぶさっていましたが、細くしか空けられません。

CIMG0707
 車庫前です。この前(県道の端)には、U字溝が走っており、鉄合金のメザラを捲って、雪の1部を放り込みました。
CIMG0704
 車庫横です。妻が車の出し入れに方向転換するため、仮駐車場を空けておいてほしい、と言っていた所です。
 面積があり、体力を使いました。
 隣の家の人がこの冬から使っている、除雪機が羨ましくなります。

CIMG0709
 玄関から勝手口までも、細く空けました。ふだんは勝手口から出入りしている為です。
 2月7日にかけての大雪が予想されていますが、5日午後9時半現在、雪は降っていません。このまま寒波が収まるとも思えませんけれども。






CIMG0675
 食生活には最近、恵まれています。
 ご飯は最近、福井産新種のお米「いちほまれ」(正式にはまだ市場に出回っていません)5キロ袋(2回目か3回目)を食べていました。
 それがなくなった今は、頂き物の山形県産「つや姫」、宮城県産「ひとめぼれ」、300グラム(2合)パックの各4袋(各1袋ずつ食べてあります)を食べています(上の写真)。
 1日に2合を焚いて、妻はご飯を食べませんので、少し余りますが、冷凍保存して後日に温めて食べるようにしています。農家の次男には、ご飯を捨てられません。

CIMG0676
 妻がスーパーで、焼き鰈2匹セットを買って来ました。「地物」のラベルがあります。
CIMG0680
 これも頂き物の、「東京築地玉子焼 松露」です。1部、食べてあります。
 妻の大好物だそうです。僕は知りませんでした。

CIMG0678
 お八つには、朝に妻がストーブの上で焼いてくれる、焼き芋があります。
 他にお八つには、菓子パン、和菓子などがあって、充分です。
 今日の夕食には、妻の作り置きの鱈ちりを食べました(写真なし)。
 鱈に、白菜、しめじ(?)、葱を合わせてあります。あと1食分を食べたあと、汁を少しにしてご飯を入れ、おじやにすると、とびきり美味しいです。


↑このページのトップヘ