風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

その他

CIMG0514
 畳替えのため、机の上の物を移動した時、改めてガラス(?)の動物の置き物を見直した。
 ガラスのように見えるが、硬質プラスチック製だと思う。
 左から、熱帯魚(3体)、鹿の類、イルカ、象、ペンギン、野牛、亀、アシカ、鳩の11体である。
 昭和末期頃、100円ショップに寄るたび、1体ずつ買い集めた物である。今はもう、売っていないようだ。
 縁起的にも僕に合うようで、ずっと机の本棚に置いてある。
 今夜(11月8日)は、歌舞伎の講座と舞台とを、妻と鑑賞に行く予定で、込み入った記事を書けない。
 11月10日には、歌舞伎の話題を取り上げる予定で、お待ちくださいますように。



 10月15日(第3日曜日)に、町内の北野神社の秋祭りが催された。
 昨年の秋祭りは、昨年10月17日、「北野天神祭り」と題して、記事アップした。
 午前中の、神官・お神輿・お太鼓の巡行を、僕は見逃した。
 午後12時35分より、神社境内でアトラクションがあり、僕はカメラとスマホを持って出掛けた。小雨が降ったり止んだりの天気模様で、大きなブルーシートのテントのもと、特設舞台を設え、観客席にはブルーシートを敷き詰めて、町内の人たち、帰省したらしい人たちが、大勢集まった。

CIMG0481
 自治会長の開会挨拶のあと、「ささゆり会」6名による大正琴演奏があった。
 曲目は、昭和歌謡曲、数曲だったと記憶している。

CIMG0487
 続いて、「北野竜神太鼓」による、和太鼓の演奏。
 少年少女、成人男女のメンバーである。
 このあと、「おかめ、ひょっとこ」によるこっけいな演奏も行われたが、ここでは端折る。

CIMG0493
 和太鼓の演奏より、女性のみの演奏。
 左端で横笛を吹いている男性が、指導者のTさんである。
 そのあと、歌謡ショーがあり、楽しかったが省略。

CIMG0502
 アトラクションのしまいは、「咲恋う組」による、「よさこいイッチョライ」である。
 「イッチョライ」は方言で、「一張羅、1番良いもの」の意味である。
 揃った演舞を観ていると、涙ぐましくなる。
 自治会副会長の挨拶で祭りをしまい、3時半頃よりクジ抽選会があったが、参加していない僕は帰宅した。




CIMG0462
 妻が職場で、2個のアケビ(木通)を貰って来たので、紹介する。
 呉れた同僚は、「庭に自然に生えた蔓に生る」と言ったそうだ。
 写真撮影のあと、さっそく僕が食べた。(妻は甘いもの制限中)。
 小さい種が多く、口中で味わって、種を吐き出すしかない。
 しかし珍しく、実り具合も良く、甘さは強く、色も良い。
 それで急遽、ブログにアップする。


CIMG0460
 急遽、仲秋の名月のアップです。
 薄い雲がかかっていたのか、光の暈を持ち、兎の姿も見えません。
 コンデジのハンドグリップで望遠撮影ですが、カメラのせいではないでしょう。
 肉眼(遠近両用眼鏡をかけて)でも、暈がありましたから。
 明瞭な満月を撮れた人の、サイトを覗いてみたいです。

IMG
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)より、10回目、51枚目の紹介をする。写真は、紙ジャケットの表。
 前回、
同(9)回目、44枚目の紹介は、先の7月20日の記事にアップした。
 この51枚目は、オペラ「テウッツォーネ」(全3CD)の1枚目である。
 僕などは、ヴィヴァルディの奇想風の器楽曲に親しみを感じるが、生存中はオペラ作家として有名だったらしい。しかしウィキペディアに当たってみると、多くのオペラ曲が「紛失」となっている。
 詩人・アポストロ・ゼーノの台本は、中国を舞台とする、恋模様と王位継承をめぐる問題を主軸にした、ドラマティックなストーリーである。
 ストーリーは聴き取れないが、オペラ(クラシック音楽)の美声と、歌謡曲・ポップスの美声は違う、という事を感じる。声を響かせるため、喉より発声し、深い響きを持つ。
 またオペラの歌は、多く会話であり、相手への思い遣りがこもっている。
 クラシックをよく知らない、オペラが苦手な、僕の感想である。

 

CIMG9452
 僕は自力で、福井市とその近辺の、方言集を作っている。
 パソコンのExcellに打ち込んで、毎年少しずつ増やして来た。
 初版は、2004年11月23日だが、その後書には、10年くらい掛けて、方言を集めて来たとある。
 上の表紙の右下に、僕の名前と作成年月日が入っている。

CIMG9450
 上は、A4判で表紙を入れて9ページの、「決定版 Ⅴ-Ⅰ」の3枚目の1部である。
 初版、第2版、と続けてきたが、第5版くらいで「決定版」と称した。その後も増えるので、「決定版 Ⅱ」、「同 Ⅲ」と続いたが、「決定版 Ⅴ」の後は作りがたく、「Ⅴ-Ⅰ」と称して、先の9月2日に作り上げた。「あっこら(あちら、あの辺り)」、「ぐねる(くねる、曲がる)」、「ぬかってると(気を抜いていると)」、「だまくらかいて(騙して)」、「だまさって(騙されて)」などを、手帳より足した。
 語数は、初版は記録がないが、2006年頃の第Ⅱ版で、きっちり400語だった。現在は411語である。11語しか増えていないのかというと、そうではない。初めのリストより、標準語、関西方言として一般的な語、俗語だが全国的なもの、など数十語を削ったからである。年に数語は増えている。
 福井県の方言集として、大作もある。しかしこの、A4判プリント用紙、ホッチキス止めの冊子は、僕が実際に聴いた事のある語ばかりを集めた方言集として、価値あるものと思っている。
 方言詩で活躍した、かつての盟友、こぐま星座さんに1部を送ろう。


CIMG9441
 8月26日(土曜日)の夜方、妻と二人で、玄関近い軒下に寄って、手花火をした。
 毎年8月のしまい辺りの休日に、二人で手花火を楽しむようになって、3年目である。
 なお題の「131歳」は、僕が67歳、妻が64歳、合わせて131歳の洒落である。
 妻は「24時間テレビを観たい」など言いながら、30分ほどを付き合ってくれた。
 ホームセンターで買い求めた、安めの手花火で、ロケット型はなく、火花が弾けるタイプと、火花が放射するタイプがあった。
 上の写真は、火花が弾けるタイプである。

CIMG9444
 上の写真は、火花が放射するタイプである。
 コンデジの「花火仕様」で撮ったが、打ち上げ花火とは違うらしく、また手花火の写真は初めてなので、ずいぶん下手な写真になった。
 131歳の手花火であって、火遊びではないので、言い添えて置く。
 最後は、弾けるタイプの大きな手花火を妻が持って、喜んで褒めていた(写真はない)。
 こうして老夫婦の、夏を送る儀式は終る



↑このページのトップヘ