風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

その他

CIMG9424
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)より、9回目、44枚目の紹介をする。写真は、紙ジャケットの表。
 前回、
同・8回目、37枚目の紹介は、6月12日の記事にアップした。
 この44枚目と次の45枚目で「完全版 チェロソナタ集」と称するらしい。
 しかしWikipediaに当たってみると、RV38~RV47の全10曲のチェロソナタの内、RV38を除く9曲を収録するのみである。作曲年代はほとんど不明である。なおRVは、ヴィヴァルディの作品の頭に付ける記号である。
 RV47変ロ長調は、重々しい曲であり、第4章でわずかに軽やかになる、
 RV43イ短調は、それほど悲しげではない。
 RV40ヘ長調は、叙情的である。CD収録順に拠る。
 クラシック音楽に詳しくない僕なので、読者は何かの方法で、ヴィヴァルディの曲を聴くことをお奨めする。





 妻に直腸癌が見つかって、S病院で手術を受ける事になり、入院前の5月26日~手術日の5月31日まで、アメブロで「妻の直腸がん闘病記」と題して、記事をアップしました。
 4時間半の手術後、妻はICUに入りましたが、経過は良く、翌日には元の病室(安い個室)に戻りました。
 その日を含め、2日に1回ずつ見舞いに行き、知人・親戚の見舞いも受けました。
 妻の癌は、ステージ1、患部の直径2センチ弱で、根治率も高い、との医師の言葉でした。
 僕は家で一人暮しとなり、毎朝の炊飯準備、2日に1回の洗濯、3日に1回の食料買い出しをしました。
 妻とは、スマホでも連絡を取り合っていました。
 6月9日(金曜日)に電話があり、12日(月曜日)に退院、との連絡でした。曜日の都合もあったのでしょうが、15日間の入院でした。
 入院中には、アメブロの読者の方、人気ブログランキングのブログサークルの方より、お励ましのコメントを頂き、大きな力になりました。ありがとうございます。
 今日の夕食に、僕が買ってあった鯛の刺身を分け合って(妻は制限中なので少し)食べ、お祝いとしました。
 妻は午後から、買い物等のため、さっそく車で出掛けました。
 妻は明日1日、職場の都合で(妻に確認してほしい案件があり)出勤のあと、今週一杯は家で休養の予定です。
CIMG0304
 妻の買い物に苺をリクエストした所、本当の旬の苺は店になく、桜桃(サクランボ、山形県・産)を買って来てくれました。


CIMG9379
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)より、8回目、37枚目の紹介をする。
 
同・7回目、33枚目の紹介は、今年3月14日の記事にアップした。
 ヴィヴァルディ(1678年~1741年)は、イタリア出身、バロック期の作曲家である。
 作品集37枚目(写真は紙ジャケットの表)は、弦楽のための協奏曲と題され、6曲が収められている。
 Wikipediaに拠ると、2曲が弦楽のための協奏曲、2曲がヴァイオリン協奏曲、それに2つのヴァイオリンのための協奏曲、2つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲、となっている。
 日本人のせいか、短調の曲が力強くももの悲しくもあり、しみじみとする。
 いきなり躍り出る曲想の曲もある。華麗に、静かに、曲調が移りもする。
 演奏、録音に、至極は求めがたいだろう事は、クラシック初心者の僕にやむを得ない。
 AmazonのPrime MusicをBGMに聴く事が多いが、パソコンのWindows Media Playerの調子が直ったので、このCD作品集も聴いてみよう、と思う。


CIMG0237
 今日の午後すぐ、隣りの隣りの市、越前市にある、紫式部公園を訪ねました。妻の車、妻の運転で。
 1年のみですが、紫式部が父親に従って、住んだそうです。
 まずはシンボル、金色の紫式部像です。1度、金色が剥げましたが、落ちにくい塗料で塗り直されたようです。

CIMG0234
 広大な池には、鯉が数匹、泳いでいました。
CIMG0229
 これも公園の名物、藤回廊です。年を経たのか、花房が短くなったようです。
 この回廊の囲む芝生では、今日は何もありませんでした。催しのある日もあるそうです。
 3000坪の、池と緑、巨大像の公園です。

桜トンネル
 あちこちで予告した通り、4月10日(月曜日)の午後、人出を避けて一人花見をした。
 上の写真は、足羽川堤防の道に、両側から桜が咲いた、花トンネル。
 マニアらしいカメラマンや、ポーズを取る女性がいた。

桜・遠景
 橋の上から、遠見の桜。女子高生の連れやカップルが、ベンチで休んでいた。
 当日は晴れ、翌日は雨で、僕は盛りの桜を見られて佳かった。

ズワイ蟹・こちら向き
 話は変わって、日曜日に妻がどこからか(怪しい所ではない)季節外れのズワイ蟹を1パイ(蟹は、1パイ、2ハイと数える)、買って来て、僕に食べるよう言った。
 これも月曜日の午後に食べた。旬のもの程ではないが、肉の剝き方にも慣れ、美味しかった。
 甲羅を剥いでのミソは、僕は酒飲みではないので、特別な美味しさではなかった。


CIMG9301
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)より、7回目、33枚目の紹介をする。
 同・6回目、27枚目の紹介は、昨年10月25日の記事にアップした。
 ヴィヴァルディ(1678年~1741年)は、イタリア出身、バロック期の作曲家。
 作品集の(33)は、「弦楽のための協奏曲とシンフォニア」(全3枚)の2枚目である。
 全10曲を収め、9曲が弦楽協奏曲、1曲が他の協奏曲である。全50分余。
 写真は、紙ジャケットの表。
 音楽にはうとい僕だが、曲にはきらびやかで力強い旋律、また抑えた旋律もある。
 嫋々とした部分もあり、大きな飛躍が多く、マンネリはない。
 作曲は非常に速く、晩年には財を成したと伝えられる。


 昨日、NHK短歌(3月5日・放送分)の再放送を、午後3時~3時25分まで観た。
 司会・剣幸、選者・坂井修一、アシスタント・カン.ハンナ、ゲスト・中田喜子

 坂井氏が投稿歌(題は「父」)の秀作を挙げ、ベスト3を決める。父に関わる投稿手記より、坂井氏が1首を作り、また投稿歌の添削もする。
 坂井氏からファンのゲスト・中田喜子さんに 1首が献げられる。これまでの最長、12音の折句だそうで、ファンの熱烈ぶりがうかがわれる。
 坂井氏の選者は、今年度今回が最後だそうで、表情がやや淋しそうだった。
椿3
Pixabayより、椿の1枚。


 

↑このページのトップヘ