風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

花実

 先の6月28日の記事、百合球根の植え付けで紹介した百合5種が、共に芽立ちをした。
CIMG2106CIMG2104
 初め(左)の写真が7号or8号鉢に植え付けた2種、後(右)の写真が10号鉢(直径30センチ)に植え付けた3種である。
 芽立ちの位置が想定と違い、大きさに大小がある。先日、芽立ちがしっかりしたので、草花用の化成固形肥料を少し撒いた。
 後の写真の左上の葉が、少し疲れている。肥料が良くなかった(暑い時期、量の過多)のか、暑さのせいか、水遣りのせいか。萎れる程ではない。
5球・品種名
 品種は今わからないが、上の花の写真・品種名付きのプリントをスクラップブックに貼ったので、花が咲けばわかるだろう。写真と実物が違い過ぎでなければ。
 ともかく5種のオリエンタル・ハイブリッド系の百合の花を、順調に育てば、1度は観られそうである。



 6月17日に、坂井市春江町の「ゆりの里公園」に行き、6月21日付けで、ゆりの里公園2019として記事アップした。その記事の末尾に書いたけれども、オリエンタル・ハイブリッドの百合の球根5種セット1,300円(税込み)を買ったのだが、植え付けが延び延びになっていた。8日後の6月25日午後、粗相で雑ながら、5球をビニ鉢2個に植え付けた。プランターに植えた方が、良かったらしい。
1・百合5球2・5種名
 初めの写真は、百合5球である。冷暗所に置いたが、すでに芽がでている。後の写真は、5種の種名と花の写真である。小さいラベルである。どの球根がどの品種か、わからない。ラベルを保存したので、咲いてのお楽しみである。
3・用土4・鉢欠け
 初めの写真は、用土である。市販の園芸用土の残量で足りなさそうで、赤玉土を半分近く混ぜた。
 旧いビニ鉢の7号か8号に、2球を植え付ける。底に鉢欠けを敷く。用土流失を防ぐためである。

5・2球植え6・3球植え
 7号か8号の鉢に2球を、10号鉢(直径30センチ)に3球を置き、土を被せる。鉢は古い土を洗い落としていない。深さは20センチとガイドにあるが、そんなに深くしない。
7・植え付け後
 植え付け後、たっぷり水を掛け、軒下のスノコ板の上に並べる。コンクリートにじかに置くと、暑さに参るからである。
 季節外れの植え付けだが、1度なりと花を見られれば幸いである。




 6月17日に坂井市春江町の「ゆりの里公園」に行きました。広大な百合庭園を、無料で鑑賞できます。花の工芸品や、花苗も即売されています。
 1昨年のゆりの里公園2017は、2017年6月16日の記事にアップしました。
1・全景 (2)
 ゆりの里公園の前景です。まだ右側の百合庭園、水路、建物、芝生広場があります。
2・ボンソワール(?)3・白花・ホワイトサウンド
 ↑ボンソワール             ↑ホワイトサウンド
4・フレミントン(?)5・レッドアラート
 ↑フレミントン             ↑レッドアラート
6・セラダ7・ブリンティジ
 ↑セラダ                ↑ブリンティジ
8・イエローダイヤモンド9・バーボンストリート
 ↑イエローダイヤモンド         ↑バーボンストリート
10・エルディーボ
 ↑エルディーボ
 品種名は、ほぼ間違いないと思います。種類は他にもありました。
 写真への字入れは、次までに学びます。
 そのお店で、百合の球根5種セットを買いましたが、まだ植え付けていません。近日中に、鉢植えにします。
 インスタグラムXinsasukeにもアップしていますので、お越しください。





 今日2回目の記事更新です。
 3月21日の「椿2種の花」以来、庭の花の写真を、このブログにアップしませんでした。
 咲いた花は、Instagramにアップして来ました。
 今回は久々に、深まる春の花実を紹介します。

CIMG1511CIMG1514
 初め(左)の写真は、木瓜(ボケ)の花です。白と薄ピンクが交じります。
 あと(右)の写真は、木瓜(ボケ)の赤花です。
 1時期、椿と共に木瓜にも凝って、12種を庭に植えましたが、先祖返りしたもの、失せたものもあるようです。

CIMG1509
 庭に自然生えしたアオキの、実が赤熟しました。
 また鳥に運ばれて、各地で増えるでしょう。庭には他にも、アオキの苗が生えています。

 これまでの春の花実と、これらを含めて、Instagramにアップしているので、ご覧ください。
 Instagram xinsasukeに、リンクを張りました。よろしくお願いします。
 xinsasukeは、「新サスケ」と申請した所、英語名をこのように指定されました。







 4月5日(金曜日)の午後、天候も好く、計画通りに一人花見をした。
 昨年は花見をせず、1昨年(2017年)4月12日の一人花見の記事が残っている。
 ジュースなし(アルコールは車で来たのでだめ、ジュースはトイレが近いのでだめ)、菓子なし(羽二重餅とクッキーを用意したが、駐車場の車の中に忘れてきた)の、コンデジ、スマホでの写真撮影が中心の花見である。

a・幸橋より上流に向けて

 足羽川・右岸(上流に向かって)堤防の桜並木の内、幸橋より上流に向けての並木である。
 平日なので、学生、老夫婦の姿が見られた。

b・幸橋より下流に向けて

 幸橋より下流に向けての桜並木である。
 木田橋~新明里橋にかけての600本、2・2キロメートルは、「桜の名所100選」に選ばれている。

c・桜の花房
 盛りの花の房である。1昨年にも撮りたかったが、ためらってしまった。
 近くで見ると、固まって咲いている。

d・花トンネル
 この桜並木の名物、花トンネルである。
 あまり歩かなかったが、トンネルの下を歩くと、気持ちが華やぐ。

 初めて止める多階駐車場を入出でき、無事に帰宅した。
 5日夜の降水率が40%なので、盛りの桜の花見は、しまいの機会だったかも知れない。
 (6日朝・追記:5日の夜には雨が降らなかったので、6日(土曜日)は絶好の花見日和だろう。7日(日曜日)は、降水確率60%となっている)。


CIMG1412
 今日2回目の記事更新です。
 上の写真は、椿「西王母」です。
 今月15日の記事、クリスマスローズと椿「西王母」の花に次ぎ、再チャレンジです。
 でも雨降りなどがあり、高度にきれいな花ではありません。
 筒咲き、中輪。
CIMG1410
 椿「大隅直(おおすみのあたい)」です。
 別名「薩摩紅」。この名が態を表しているようです。
 濃紅色、八重~千重、、中大輪。
 全盛期には、2メートルほどの木の1杯に咲き、楽しませてくれます。

 インスタグラムにもパソコンよりアップしました。
 Instagram xinsasuke にリンクしました。


CIMG1394
 今日2回目の記事更新です。
 庭に咲いている、クリスマスローズと椿の花を紹介します。
 今月9日の記事の、ムスカリの花以来です。

 上の写真は、クリスマスローズの花です。
 10年以上前、ムクゲの株元に苗を4種4株、植えたのですが、今はこの株が残っているのみです。
 花芽が確認できなかったので、今年は咲かないかと思っていたのですが、先日、花を見つけました。

CIMG1396
 庭を回ってみると、椿「西王母」が咲いていました。
 一重、筒咲き、中輪。
 昨年は花を見られなかったように思います。

 写真は2枚とも、あまりきれいでなくて済みません。他の日を待てませんでした。



↑このページのトップヘ