風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

花実

CIMG0360
 庭で夏の花、ムクゲが咲き始めた。
 上の写真は、1重の白花である。
 底紅がない、純白で、清楚な印象がある。

CIMG0363
 同じくムクゲの八重・赤紫の花である。
 花笠咲きとも呼び、豪華である。
 この花笠咲きのピンク花が、大樹になっていたが、数年前に伐られて、残念だ。
 庭には、外にもムクゲの木があるので、咲いたなら紹介したい。




CIMG0344
 庭のキョウチクトウ4種、すべてを紹介する。
 上の写真は、普通種のピンク花。他を含め、不鮮明で申し訳ない。
CIMG0345
 赤花のキョウチクトウ。
CIMG0354
 黄花のキョウチクトウ。木が弱ったのか、わずかしか咲かない。
CIMG0347
 6月10日の記事で紹介した、白花キョウチクトウの再紹介である。
 勢いがあって、たくさん咲いている。花の盛りから散りがたへ。


CIMG0339
 当地・北陸も梅雨入りした。庭には、2種のアジサイが咲いている。
 上の写真は、ガクアジサイ(額紫陽花)。清楚な花で、斑入りの葉が取り柄である。
CIMG0340
 普通種のアジサイである。青とも赤ともつかない、薄い赤紫色の花。
 大株になったので、昨秋に剪定した所、小ぶりな花になった。



CIMG0309
 前以って「ゆりの里公園」管理事務所へ電話し、花が盛りという昨日(6月15日)に、坂井市春江町にある「ゆりの里公園」へ車で訪れた。午前10時に出発。年1度の訪問だけれど、なんとか公園に辿り着いた。
 花は、莟の残るもの、満開、散りがたと、品種によって様々だった。
 上の写真は、黄弁赤縁(?)の花。

CIMG0312
 上の写真は、黄花の橙色がかった品種。
CIMG0321 - コピー
 白色の花。清楚である。
CIMG0318 - コピー
 黄花。この写真より、ブログタイトルの画像を作ったが、狙っていたものの、これまでの画像に比べて、優れているかどうか、わからない。
 黄色の地に黒色のタイトル字は、目立つけれども。ピントが中程以外は合っていず、ぼやけている。
 なお同園の公園の1部、建物の1部が、工事中のため、立ち入れない区画があり、狙っていたパノラマ写真のための写真は撮れなかった。
 僕は、露店の人形焼と自販機の缶コーヒーとで1服とし、帰路に就いた。途中にJAの店に寄り、正午前に帰宅した.
CIMG0307
 オマケの1枚をどうぞ。軒下の鉢物より、アマリリスが3輪咲いた。



CIMG0301CIMG0298



 庭で夏の花、キョウチクトウの白花が咲き始めた。
 左上の写真が、群れて咲いているところ。右上は近い花を接写した。
 庭には他に、黄花、赤花、ピンク花のキョウチクトウの株があり、計4株である。
CIMG0299
 庭のサツキの残り花である。
 5月30日の記事、
「サツキと花ザクロ」にアップした花と、同種類かも知れないが、花弁がやや細いようで違う種類かも知れない。
 季節外れの花として、紹介する。



CIMG0291
 廊下を通ると、裏庭のサツキの花が見えたので、コンデジを持って、外へ出る。
 サツキといっても、園芸種ではなく、庭木用の普通種である。それでも花は嬉しい。
 この家を父が建てた時に植えたもので(他にも2、3ヶ所ある)、40年近くを経ている。
CIMG0294
CIMG0293
 その外へ出た時、花ザクロの花に気づいた。
 八重咲きで、基本的に実は生らない。稀に小さい、食用にならない実を付ける。
 上はズームアップ、下は花木のほぼ全体である。元気に咲いている。




CIMG0251
 庭の黄木蓮が咲いた。現在では、もっと鮮やかな黄色花の品種がある。
 白、ピンク、赤、紫と紹介して来て、最後の5種めの木蓮である。同類の赤花姫辛夷の花は過ぎた。

CIMG0254
 桜草の花だと思う。庭に自然生えした株より、ガレージ脇に移植した4株の内の1つである。
 スギナがはびこっていたのだが、妻がきれいに除いてくれて、写真を撮れるさまになった。


↑このページのトップヘ