風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。

 昨日(4月28日、金曜日)に、メンバー3人がある喫茶店に集まり、短歌研究会B第14回を持った。
 
同・第13回は、先の3月24日の記事にアップした。
 短歌研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 研究会の常は、朝9時半~11時だが、3人それぞれの都合があり、遅く始まり早く終わった。
 まず歌集「小紺珠」より、前回に続く「無援の思想」の章(73ページ)より入る。
 「積みあげし鋼(はがね)の青き断面に流らふ雨や無援の思想あり」の1首の、4句までと結句の繋がりが、僕たちにはもうわからない。
 「録音」の節の「ラヂオより流るる英語鋭くて…」「応答に抑揚低き日本語よ…」の2首は、戦犯を裁く東京裁判を描いた歌と推測した。
 「小現実集」の章では、「堅炭(かたずみ)を一俵買いて蔵(しま)ふとぞああ吾妻(あづま)はやその果無事(はかなごと)」では、現役サラリーマンと主婦(歌人でもある)の金銭感覚の違いが表われているようだ。
 「混沌と進む重大を覚えつつ…」は、日本と世界の世相を指すらしい。
 別の歌の「われには杳(とほ)しチロルの干草」の結句の由来が、3人ともわからないが、のどかな物語があるのだろう、と推測した。
 様々に語り、75ページに至った。
 誌、本の受け渡しのあと、次回の研究会の日を決め、10時半頃に散会した。
026
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


 昨日(3月23日、木曜日)午前9時半より、メンバー3人の短歌研究会B第13回が、ある喫茶店の1隅で持たれた。
 
同・第12回は、先の2月22日の記事にアップした。
 研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 前回に続き、戦後を詠んだ初の歌集「小紺珠」より、「入江の夏」の章(68ページ)より入る。
 冒頭の1首の「岸壁」と「入江(見おろす)」の位置関係が僕はわからなったが、「岸壁の横に入江が見おろせたのだろう」との推測に至った。
 生活詠の中に、戦場(中国大陸)の回想詠が混じり、ある時は静かに、ある時は激してか破調に詠まれる。
 わが子の事を、「争ひてさまざまにしも生きゆかむ」、「睡きまなぶたさすりやり何に悲しゑ」、「あな優々(やさやさ)し」と、愛しんでいる。
 「来耜(らいし)」は「鋤」の事とMさんが、「便衣」は「普段着」の事とTさんが、「我們」は「われ等」の意味と僕が、それぞれ調べたことを披歴して、歌を理解した。
 「硝子戸」の章には、着物を売る妻、庭畑の胡麻など、戦後すぐの困窮生活が描かれる。「英雄で吾ら無きゆゑ暗くとも苦しとも堪へて今日に従ふ」の1首に、現役時代のある頃の僕が支えられた事も、二人に話した。
 歌人と会って、歌人集会で、鋭く発言したらしく、僕が推測する歌がある(「汝も吾もたまたま遇ひて今日の日に言ひたきことを言へば鋭し」、「権威なき立場に立つとわれは言ひ騒然とせし中のこゑを待つ」)。
 また倒置法、結句の字足らずを、有効に用いている作品がある。
 他にも様々に語って、「七夕」の章を終り(73ページ)、次回の研究会Aの日程を決め、11時に散会した。
クロッカス7
Pixabayより、クロッカスの1枚。



 2月21日(火曜日)の朝9時半より、某喫茶店の一隅に、メンバー3人が集まり、短歌研究会B第12回を持った。
 
同・第11回は、先の1月27日の記事にアップした。
 研究会Bは、岩波文庫の「宮柊二歌集」の読み込みである。宮柊二は、戦前より、多く戦後に活躍した歌人で、結社歌誌「コスモス」の創刊者である。
 前回に続き、戦後を詠んだ初の歌集「小紺珠」より、64ページの「ぬかるみ」の章から入った。
 冒頭の1首の初句「たひらかに」を、僕は間違って思っていた。「平和に、平穏無事に」の意味だろうと、後に2人へメールした。結句「泥濘(ぬかるみ)のうへ」は、3句の「細道の」と4句の「今日終りなる」の、2つの句を受けている。
 65ページの「口細き秋刀魚を下げて」の歌は、生活感覚を取り戻したのだろう。
 66ページの2首めの、「をさな子がをりをり風に眼(まなこ)を瞑(つむ)る」は、微笑ましいと3人の感想が一致した。
 「工場南風」の節の、1首め、下の句「砂乾きゆく懐かしきまで」の「懐かしきまで」は、戦地・中国を思ってだろう、と推測した。
 「圧延の紅き鋼(はがね)のはしるときもつとも清き歎かひの場よ」の「歎かひ」とは何か。「破壊」の戦争のあと、「生産」の圧延鋼を見て、従軍の意義が歎かれると共に、「生産」への歎称でもあったのだろう。
 他の話もまじえ、67ページを終えて、11時に散会した。
梅2
Pixabayより、梅の1枚。



 1月26日(木曜日)の午前9時半より、メンバー3人の短歌研究会B第11回を、ある喫茶店の1隅で持った。
 
同・第10回は、昨年12月9日の記事にアップした。
 なお同A第31回は、今月19日の記事にアップした。
 同Aは、各自の詠草の検討であり、同Bは岩波文庫「宮柊二歌集」の読み込みである。
 当日は、戦後の初めの歌集「小紺珠」より、「不安」の章(同・文庫本60ページ)より始める。
 1首めの結句「ただよふ不安」は、生活の社会の、未来へ向けての不安だろう。
 2首めの「危ふげもなく」の意味する所は、3人の知恵でもはっきりとは判らなかった。
 4首めの下の句「なにか悲しみを湛へたり見ゆ」の、「なにか」の語に僕が反発する。文学は、曰く言いがたい事を言葉で表すものだから、「なにか」の語を使う事は文学の敗北に思える。
 「昼霜」の節では、戦死の報のあった米川稔を悼む。後年に宮柊二が、米川稔の歌集を出版したと記憶する。
 「周辺詠物」の章に入り、1首めの結句「滴声(したたり)といづれ」は「いずれが淋しいだろう」の意味に解した。
 「一年」の節の「くるしみて軍(いくさ)のさまを告げし文たたかひ済みて妻のなほ持てり」の書簡は、後に書籍「砲火と山鳩」として出版され、僕は読んだ事がある。
 「変らざるものこの一つのみ」は、人心と社会は変わっても、潮の満ち干は変わらない、とする嘆きであろう。
 他にも様々に検討して、64ページの「文学」の節の1首を読みおえ、当日の研究会のしまいとした。
 次の研究会A、Bの日程を決め、11時に散会した。
白鳥6
「Pixabay」より、白鳥の1枚。



 昨日(12月8日、木曜日)に、僕と女性二人のメンバー3人による、短歌研究会B第10回が、ある喫茶店の1隅で持たれた。
 同・第9回は、先の11月14日の
記事(←リンクしてあり)にアップした。
 時刻は9時半からの予定だったが、Mさんがお孫さんの手術で、30分遅れたのはやむをえない。
 前回に続いて、岩波文庫「宮柊二歌集」の「山西省」の、昭和18年分に入る。
 章立ての「塞下悲報」の「塞下」と、次の「冀西晋北」の、訓みも意味もわからない。後者は地名かと推測した。
 「塞下悲報」は戦地にあって、師・北原白秋の逝去を知り嘆く歌1連である。
 「おどろ」「青みどろ」「うつそみ」「からくして」「みそかには」と、慣れない言葉が多いが、例によって電子辞書版広辞苑第6版で調べて、ほぼ判った。
 1首に「河音」「風音」と重なる事、「青」が重なる事が、Mさんより指摘されたが、戦中詠の非常時の作品として、読むべきだろう。
 また字足らず、大幅な字余りの歌が多い事も、上記の事情を読書の考慮に入れねばならない。
 戦後の歌で始まる歌集「小紺珠」に入り、初めの「砂のしづまり」1章のみを読む。
 「遊ばせて」「遊びつつ」の句が出て来るが、「ありがてぬかも」(生きていられない)の句があり、「自死を考えていた」という回想があったと僕は記憶しており、のんびり遊んでいたのではなく、時代・思想の激変に苦しみながら、身をもてあましたのだろう。
 この章で今日の研究会Bを済ませ、次の研究会Aの日程を決め、11時頃に散会した。
暖炉1
フリー素材サイト「Pixabay」より、暖炉の1枚。




↑このページのトップヘ