風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

その他

CIMG1132
 今月16日に「Wi‐Fi化を待つ」の記事をアップし、タブレットとスマホのWi‐Fi化の予定を伝えた。
 10月18日、予告通りに確認の電話が入った。
 予定通り、10月20日午前9時に、ネットトータルサポートの指定業者らしい40歳くらいの男性が訪れた。確認のあと、用意したルーターと、スマホ2台、タブレット2台を渡し、Wi‐Fi化してもらった。作業は30分くらいで済んでしまった。
 設定情報シートをルーターの脇に貼り、説明を受けて、了いである。
 写真は、左が旧来のモデムで、今回も接続して使えた。中がI‐O DATAのルーターである。右端は関係なく、ガス漏れ検知器の通報機である。

CIMG1138

 上の写真の左が、契約の切れていたタブレット旧・機である。Wi‐Fi化で生き返った。
 中がこれまでも使っているタブレットである。右端が僕のスマホである。2階の部屋でも使えるようだ。
 これに妻のスマホを合わせて、4台をWi‐Fi化してもらった。家うちのルーターから電波が届かなくなると、自然に電波塔からの電波受信に切り替わるとの事で、安心である。

 午後、町内秋祭りの準備を1時間で抜け出し、ドコモ某店へ向かった。スマホと旧いタブレットに、軽い異常があったので、それを直してもらい、ついでに新タブレットの契約を切る(Wi‐Fi化の最大目的)事をしようと思ったのである。
 店内は混んでいるようだったが、ベテラン店員さんが丁寧に説明し確認を取りながら、対応してくれた。
 これからもお世話になるだろう。
 写真に、光が映り込んで、みっともないのは、ご容赦を乞う。



CIMG1124
 今日2回目の記事更新です。
 NTTドコモの会社を、電話の指示であちこち回って、ネットトータルサポートという所に行き着き、家うちのタブレットなどのWiーFi化の、出張での設定を、今月20日(土曜日)の午前中にしてもらう事になった。準備はしてある。

 上の写真の左は、IーO DATAのルーター、WNーAX2033GR2と、下にはみ出しているのは台座である。
 右は、LANケーブルの1mである。50センチで良かったか。
 いずれもAmazonで購入した。

CIMG1125CIMG1130
 上の写真の先(左)は、旧来のモデムである。型番を確認の結果、使えるらしい。
 あと(右)の写真は、主な目的の、タブレット2つである。
 上は契約の切れている旧・機、下が使用中のタブレットである。
 (写真がいずれもフラッシュを使用したため、光っているのは、ご容赦を乞う)。
 この他、妻の分と2台のスマホもWiーFiが使えるよう、設定してもらう予定である。
 ネット音痴のため、残念ながら自分で設定できない。


CIMG1088
 今日2回目の記事更新です。
 先の9月30日(日曜日)に、パソコン内のデータの簡易バックアップをした。
 今年6月5日の記事
「データの簡易バックアップ」に次ぐ。
 使用したUSBメモリは、上のリンクの写真にある、前々回の2017年12月16日付けの、TOSHIBA製32GB・メモリの、使いまわしである。
 データを収めたあと、日付けタイトルを替え、セロハンテープで留めておいた。剥がれる事なく、内容を間違わない。

バックアップ スクリーンショット (2)
 内容のスクリーン・ショットである。
 不要の項目もある。マイピクチュアの3,410枚が大きい。写真ACより、毎朝送られて来る写真・イラストより、ブログ・HPに添付するためダウンロードしたイラストが多い。
 あとマイドキュメントより少しを保存する。
 ホームページのお気に入り(bookmark)、メールのメールアドレスを、マニュアル書を参考に(いつまでも覚えられない)バックアップする。
 このところ、少し不調気味のデスクトップ・パソコンだが、少し安心である。


CIMG9594
 今日2回目の記事更新です。
 プロ・マンガ家、ブロガーとしてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の9月30・記事
「10月のカレンダー(マンガの話18)」より、今月も2018年10月のカレンダーを頂きました。
 このブログの
9月カレンダーの記事は、9月1日にアップしました。
 誰でもブログ「あんこと麦と」の記事より、鮮明なカレンダーをダウンロード、プリントできます。ただし再配布と販売は禁止です。
 僕はダウンロードしたカレンダーをA4判にプリントし、パソコン机の脇に貼りました。台形補正カメラで撮影し、パソコンに取り込み、補整しました。明るさ、シャドウ、ハイライト、彩度を上げてあります。
 しかしイラストの絵が掠れ、横平行も少し斜めになったようです。
 イラストは、ハロウィンの夜空を、あんこさんと麦くんが飛ぶ景です。
 ブログに写真を掲載の件は、あかつきさんに前以って了解を得てあります。ありがとうございます。
 曜日の確認などに、しばしば使っています。


 今月23日の記事「レベル・アップ?」で、「kindle メモとハイライト」を見つけられた事、Evernoteに読書ノートを作れた事を、僕のレベル・アップだろうと書いた。
 そのついでに書いた、スクリーンショットの方法をポイント・アップ(1)、Chromeとnoteのダウンロードをポイント・アップ(2)だとすると、今月26日にポイント・アップ(3)と呼びたい事があった。

 kindle本「デジタル読書の技法」のその個所では、「kindle ハイライトとメモ」よりWord等のテキストに写し(僕は直接Evernoteに写したが)、それをクラウドストレージサービスに写すよう、勧めていた。WordよりEvernoteに写せるなら、EvernoteよりWordに写せるかも知れない。

 僕はこれまで、スマホのEvernote(パソコンと共有)に詠んだ短歌(横書き)を入れ、そのスマホの画面を見ながら、パソコンのWordにキーボード打ち込みで縦書きに入力していた。

 始めからEvernoteの横書きを、Wordの縦書きにするのは無理だろう。Wordの縦書きの短歌白紙稿を、いったん横書きにして待つ。スマホと共有しているパソコンのEvernoteの短歌稿と、Wordの白紙稿を画面に並べ、EvernoteよりWordにコピペして、成功した。これでキーボードを経ての入力を免れる。

 Wordの横書き歌稿を縦書きに直し、少々手直しをすればOKである。ただし初めは、「短歌白紙稿(横書き)」のファイル、「短歌横書き稿」のフォルダを、「マイ・ドキュメント」の「覇王樹 歌稿」フォルダに作らなければいけない。これからはマウス操作で、短歌の転写がほぼ出来そうである。
0-93
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



デジタル読書の技法a

 今年5月5日に記事アップしたkindle本、大山賢太郎「デジタル読書の技法」を、タブレットで読み直している。
 その記事の発見項目で未確認とした、5・AmazonKindleというSNSサイトヘつながる、という技法が重大な事に思えたからである。
 そこではハイライトやメモの公開、管理が出来るだけでなく、著者の薦める「デジタル読書ノート」の作成に繋がるらしい。しかし「AmazonKindle」でも、記載のURLでも、サイトへ繋がらない。「上のリンクからサイトへアクセスし、ログインする…」と書かれている事に気づき、リンクにタッチすると、英語サイトが現われ、「read.amazon.co.jp/notebook」をタッチして、Amazonアカウントでログインすると、僕の読書記ページ「kindle メモとハイライト」が現われた。

立原道造詩集 kindle メモとハイライト (2)
 上はその中の、「立原道造詩集」に付けたハイライトとメモの1部である。パソコンの画面を記録する、スクリーン・ショットについては後で述べる。
kindleamazonとnote (2)
 そのハイライトとメモを、クラウドのフォルダーに収め、読書ノートにするよう(加筆・削除が出来る)に奨めているようだ。noteのテキストに収めようとしたが、Chromeからダウンロードするよりない。多少の危険を感じながら、デスクトップ・パソコンにChromeをダウンロードし、noteをダウンロードし、2つの画面を並べてコピペした。上の写真がそのスクリーン・ショットである。
 しかしnoteでは、1回ずつ公開しないと保存出来ないので、手続き的にも、また文章のアイデアをまとめない内に公開するのも、僕は困る。

立原道造詩集 ハイライトとメモ Evernote スクリーンショット (2)

 それで短歌のメモに使っているEvernoteに、新しいノートブックを作成し、それにコピペする事が出来た。上がその2サイトのスクリーン・ショットである。

 「kindle メモとハイライト」の自分のサイトを見つけられた事、Evernoteに読書ノートを作れた事は、ネットに疎い僕の、レベル・アップではないかと思う。
 枠組みが出来ただけで、内容の充実はこれからである。
 スクリーン・ショットの方法(検索すると、たくさん出てくる)と、Chrome、noteのダウンロードは、ポイント・アップだとしても。
 ただしステージ・アップとは言わない。

 本書の「読書ナレッジベースを作る」以降は、今後の課題である。




CIMG9572
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ、「あんこと麦と」の8月31日記事、「9月のカレンダー(マンガの話17)」より、今回も9月のカレンダーをダウンロードし、A4判にプリントしました。
 再配布、販売は禁止なので、プリントをパソコン机の脇に貼って、台形補正カメラで撮影し、写真をここにアップしたものです。写真は、補正ソフトで、原画に近づけるべく、かなり補正しました。
 8月カレンダーは、先の8月2日の記事
「あかつきさんの8月カレンダー」にアップしています。
 カレンダーは曜日の確認などに、しばしば利用しています。
 なおイラストは、あんこさんと麦くんが、月面で餅つきをしている場面です。
 カレンダー写真の掲載の許可を、あかつきさんに申請中ですが、まだ諾否は確認していません。フライング掲載ですみません。(注:その後、掲載許可を得ました)。


↑このページのトップヘ