風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

その他

デジタル読書の技法a

 今年5月5日に記事アップしたkindle本、大山賢太郎「デジタル読書の技法」を、タブレットで読み直している。
 その記事の発見項目で未確認とした、5・AmazonKindleというSNSサイトヘつながる、という技法が重大な事に思えたからである。
 そこではハイライトやメモの公開、管理が出来るだけでなく、著者の薦める「デジタル読書ノート」の作成に繋がるらしい。しかし「AmazonKindle」でも、記載のURLでも、サイトへ繋がらない。「上のリンクからサイトへアクセスし、ログインする…」と書かれている事に気づき、リンクにタッチすると、英語サイトが現われ、「read.amazon.co.jp/notebook」をタッチして、Amazonアカウントでログインすると、僕の読書記ページ「kindle メモとハイライト」が現われた。

立原道造詩集 kindle メモとハイライト (2)
 上はその中の、「立原道造詩集」に付けたハイライトとメモの1部である。パソコンの画面を記録する、スクリーン・ショットについては後で述べる。
kindleamazonとnote (2)
 そのハイライトとメモを、クラウドのフォルダーに収め、読書ノートにするよう(加筆・削除が出来る)に奨めているようだ。noteのテキストに収めようとしたが、Chromeからダウンロードするよりない。多少の危険を感じながら、デスクトップ・パソコンにChromeをダウンロードし、noteをダウンロードし、2つの画面を並べてコピペした。上の写真がそのスクリーン・ショットである。
 しかしnoteでは、1回ずつ公開しないと保存出来ないので、手続き的にも、また文章のアイデアをまとめない内に公開するのも、僕は困る。

立原道造詩集 ハイライトとメモ Evernote スクリーンショット (2)

 それで短歌のメモに使っているEvernoteに、新しいノートブックを作成し、それにコピペする事が出来た。上がその2サイトのスクリーン・ショットである。

 「kindle メモとハイライト」の自分のサイトを見つけられた事、Evernoteに読書ノートを作れた事は、ネットに疎い僕の、レベル・アップではないかと思う。
 枠組みが出来ただけで、内容の充実はこれからである。
 スクリーン・ショットの方法(検索すると、たくさん出てくる)と、Chrome、noteのダウンロードは、ポイント・アップだとしても。
 ただしステージ・アップとは言わない。

 本書の「読書ナレッジベースを作る」以降は、今後の課題である。




CIMG9572
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ、「あんこと麦と」の8月31日記事、「9月のカレンダー(マンガの話17)」より、今回も9月のカレンダーをダウンロードし、A4判にプリントしました。
 再配布、販売は禁止なので、プリントをパソコン机の脇に貼って、台形補正カメラで撮影し、写真をここにアップしたものです。写真は、補正ソフトで、原画に近づけるべく、かなり補正しました。
 8月カレンダーは、先の8月2日の記事
「あかつきさんの8月カレンダー」にアップしています。
 カレンダーは曜日の確認などに、しばしば利用しています。
 なおイラストは、あんこさんと麦くんが、月面で餅つきをしている場面です。
 カレンダー写真の掲載の許可を、あかつきさんに申請中ですが、まだ諾否は確認していません。フライング掲載ですみません。(注:その後、掲載許可を得ました)。


CIMG9568CIMG9569
 今日2回目の記事更新をする。
 パソコンのキーボードの横に、100枚大学ノートを置いて、日誌と称してメモ用に使っている。
 先の写真は、明日9月1日以降の用のもの。
 字は、先のブログ「サスケの本棚」に拠ると、2014年4月19日に購入しているテーププリンター、CASIOの「NAME LAND BiZ」でテープに打って、貼り付けている。
 あとの写真は、今月26日の誌面である。ほとんど、自分でも読み取れない。その時1時の覚えのメモである。
 1日1ページとしているが、まれに2ページに及ぶ日がある。また最後のページより、通期用のメモなどを書いているので、200ページあるから6ヶ月は持つ所、5ヶ月でノートを更新している



 今日(8月3日、金曜日)午後4時頃、医院へ行って、月曜日の診察日に、薬を誤って少なくもらった分を、もらって来た。
 5時過ぎ、結社歌誌「覇王樹」に載った自分の歌を、Word文書に残して置く予定なので、以前の今年1月分までを開いた。
 手帳の予定にある事で、僕は計画実行症的なところがあり、時間的に少し無理でも済ませてしまう。
 将来的に歌集を出版できる事になった際、先輩歌人に選歌してもらう資料となるのだ。
 今年8月号分までの歌を、A4判で打ち込み、プリントアウトし、保存の所で引っ掛かった。何度も警告が出るのだが、上書き保存できるものだと思っているから、スルーしてしまった。
 さて文書を専用USBメモリに収める時、念のため開いて見ると、追加打ち込みをした分が残っていない。昨年6月号~今年1月号までの既存の分は残っているが、そのあと今年8月号分までの打ち込んだ歌が消えた。
 手引書などを参考に、消した文書の復元を図るが、どうしても上手くいかない。
 7時半近くになってしまったので、いったん夕食とした。
 夕食後、文書を打ち直す事にした。A4判2枚強だが、文章ではなく短歌で、7ヶ月分、42首と月タイトルだけである。
 プリントを横に大わらわで、手間抜きで打ち込んで、30分で済んだ。今度は、上書き保存でなくて、名前をつけて保存した。予備のため、USBメモリにもコピーしておいた。
 そこで今日のブログ記事だが、小説1編の感想を予定していたが、準備も時間も不足となった。そこで今日の、ミステイクの1件を記事として、読者にはご寛恕を乞う。
0-06
写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。




CIMG9556
 今日2回目の記事更新です。
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の、8月1日の記事
「8月のカレンダー(マンガの話15)」より、2018年8月のカレンダーを借り、ブログにアップします。
 
7月カレンダーの記事は、このブログの7月1日にアップしてあります。
 誰でもあかつきさんのブログ記事から、この記事写真より鮮明なカレンダーを入手できます。ただし再配布と販売は禁止です。
 この写真は、ダウンロードしたカレンダーをA4判にプリントし、パソコン机の脇に貼ったものです。
 台形補正カメラを使って撮影し、ソフトで補正し、パソコンに取り込みました。
 イラストは、マンボウに寝そべるあんこさんと、イルカに乗る麦君です。
 今回も掲載許可を得ないフライングで、ただいまメッセージで許可を申請中です。(後注:その後、あかつきさんの許可を得ました)。
 これまで、カレンダーの写真の掲載を許可くださった、あかつきさんに、ご苦労を思い感謝しております。



CIMG9544
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の、6月30日の記事、「7月のカレンダー(マンガの話14)」より、7月カレンダーをダウンロードし、プリントをパソコン机の脇に貼りました。
 タイトル画面は、天の川を背景に、あんこさんと麦くんが、笹飾りに願い事の短冊を下げて、一服している所です。

 6月のカレンダーは、このブログの6月1日の記事、
「あかつきさんの6月カレンダー」にアップしてあります。

 このカレンダーをブログにアップするのも、楽ではありません。
 あかつきさんのブログより、ダウンロードする事より始まります。プリンタの用紙をA4判に入替えてプリントし、パソコン机の脇にセロハンテープで貼ります。
 カメラの台形補正機能で4枚ほど撮り、パソコンのピクチュア・フォルダに入れます。そして良さそうな1枚を選び、他を削除します。
 Windows LiveフォトギャラリーでA4判にトリミングし、明るさ、鮮度を思いきり上げます。
 そしてブログの管理画面に取り込むのです。
 皆さんが、いつも行っているような操作でしょうが、幾段階も経ています。

 あかつきさんのブログより、誰でもカレンダーをダウンロード出来ます。
 あかつきさんのご苦労を思い、カレンダーを貸してくださる事に、感謝しております。


CIMG0866
 10日近く前になるが、パソコンに作成したデータを、簡易バックアップした。
 5月27日(第4日曜日)に行った。
 写真は、下が今回収納した、32GB・USBメモリである。
 上は前回、2017年12月16日のバックアップを収納した、32GB・USBメモリである。
 今回のメモリは、前々回のバックアップ(2017年5月5日だったらしい)のメモリを、再使用した。ミスっても前回の記録は残るよう、2つのメモリで使い回す予定である。
 半年ごとくらいにバックアップしているが、パソコンのOSがWindows7、ワードもエクセルも2010なので、Windows10にアップした場合、どうなるのか分からない。
 内容は、使用可領域28・8GBの内、3・5GB使用で、まだ余裕がある。
 「オープンオフィス」(これを使ったファイルがある)や、前のブログを出力した「「サスケの本棚」エクスポート」の他は、変化の激しいものである。
 文章と写真のフォルダはドラッグ&ドロップでコピーし、メールアドレス帳と「お気に入り」は、朝日新聞出版「パソコンで困った時に開く本2012」の手順に従った。
 「写真」が803MB、「マイピクチュア」が1・32GB、マイドキュメントより7フォルダを収めた。
 今は契約すれば、変更ごとにクラウドでバックアップしてくれる方法があるが、バックアップにあまり費用を掛けたくない。



↑このページのトップヘ