風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

「詩集 日々のソネット」

 僕が刊行したkindle本、「詩集 日々のソネット」より、3回目、しまいの紹介をします。第2章「日々のソネット」の、第1節「妻と」より、作品「シチュー」です。かなりのヘタレです。

  シチュー
     柴田哲夫

僕が起き出す頃には
妻は出勤している
食卓を見ると お菜が少ない
毎朝 昼夜の分を作ってくれるのだ

昨日は年金を全額渡した
お小遣いはもらっていない
それでお菜が少なくなったのか
ところが昼食のあと


ガスレンジを見ると
鍋が置いてある
シチューをいっぱい作ってあった

妻は今日も優しかった
気づかぬ僕がうかつなのか
疑ぐってわるいことをした

 (暁龍さんがブログ「あんこと麦と」の11月15日の記事で、僕の2つのブログと詩集を、紹介して下さっています。)

0-57
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



  

 僕が10月17日に刊行したkindle本、「詩集 日々のソネット」より、第1章「再任用職」のトップの作品、「ジュースの自販機」を、紹介します。


  ジュースの自販機
     柴田哲夫

職場の昼食のあと
近くの郵便局へ行くときがある
郵便物の投函 発送
本代や会費の振込み

ATMでわずかな額の出し入れ
車を民家の空き地に駐めるので
(迷惑料は郵便局から
貰っていると思いながら)


敷地の自販機で
愛想をかねて缶コーヒーを買う
自販機が「釣り銭、忘れんといてや

ひるからも、頑張ってや」と大きな声
おじさんの声に
慰められる自分がわびしい

0-53
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 これまで紹介して来た僕のkindle本、柴田哲夫「詩集 日々のソネット」より、2、3編を紹介したいと思います。
 まず第2章「日々のソネット」の第2節「日々」より、標題作「日々」です。

  日々
     柴田哲夫

遠い日の
春だったか
秋だったか
小さな駅の

プラットホームから見た
街にそそぐ光
暮しの先の
あてどなさ

家はある
帰る途(みち)はある
仕事もある


しかし 光の
降りそそぐ地上で
心のあてどなさ
0-55
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


柴田哲夫 日々のソネット
 Amazonのkindle本には様々な特性があります。
 まず著作権切れの本は、非常に安いです。無料の本もあります。「若山牧水大全」、「与謝野晶子大全」などが、200円で販売されています。
 また1度買うと、PC、スマホ、タブレットなどの幾つもの端末で読めます。
「詩集 日々のソネット」の特性
 これは他のkindle本の多くと同じですが、そうではない本もあります。
(1)目次より、作品に飛べます。
 初めの目次の作品名をタップすると(タブレットを例に採っています)、その作品のページに飛べます。どのページかで画面をタップして、左上の横三本マークをタップしても、目次欄が現われ、そのタップから作品へ飛べます。作品途中より移動する際、便利です。
(2)探す言葉のある作品を、検索できます。画面をタップして、右上に顕れる幾つかのマークの内、虫眼鏡の図をタップして、検索する言葉を入力してください。

(3)同じくAaマークより、輝度、サイズ、余白、行間、他を調節できます。
(4)ペンマークが引けます。本の行にペンマーカーを引くように、言葉の初めを強く押し終りまでドラッグすると、4種類の色の丸が現われ、色を選んでマークできます。もちろん、消す事もできます。マークした所を強く押し、丸の4種類より、元の色の丸に☓印しが入っていますので、それを押してOKです。
 ペンマークを引いた個所はまとめて、「ノートブック」で見られます(同じ右上のマークより)。
(5)SNSへ投稿できます。自分のツイッターやフェイスブックへ、即・投稿できます。追加の文章も入れられます。
(6)著者のサイトへ飛べます。巻末に、2つのブログのアドレスを挙げました(あるいはツイッターでも)ので、タップするだけで、サイトへ飛べます。
 その他、僕の知らない機能も多くあるようなので、kindle本の読者は、お試しください。
 なお日本とアメリカでしか買えないように書いて来ましたが、著作料の税率の違いのみで、世界中で買えるようです。

10月25日 kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」を発行しました
10月27日 柴田哲夫「詩集 日々のソネット」をPCで読むには
10月29日 詩集ご購読者の声
10月31日 kindle本・詩集の発行経緯と費用




 今月25日の記事で、新サスケがペンネームで、柴田哲夫「詩集 日々のソネット」kindle版を発行した事を報せた。
 また27日の記事で、パソコンでの購読法を案内した。29日には、詩集ご購読者の声を紹介した。
 詩集出版に至るまでの経緯と、費用を明らかにする。
申し込むまで
 2011年にソネット詩集「光る波」(紙本、遊撃舎・刊、第3詩集)を刊行したあと、ソネット詩編が溜まり、今春の詩の会合で先輩から「次の詩集は、どうですか」と言われるまでになった。
 しかし肝心の資金が足りない。電子書籍が廉価で出版できるらしいと知り、ネットで「電子書籍出版 代行」と検索すると、「電子書籍出版 パブフル」という事業者が安価で親切らしい。
 そこで今年5月頃からWord版の原稿作りを始めたが、2ヶ月くらいで様式の間違いに気づいた。初めより打ち直し、9月下旬に原稿が出来た。
申し込みから出版まで

 「パブフル」のホームページから問い合わせのメールを送り、9月28日に返信が届いた。3つあるプラン(後述)より、「パブフルサポートプラン」を選び、原稿を送った。そのあと10月8日の、出版原稿と表紙の案内を含め、10月18日の出版案内を過ぎても、10月30日に至るまで、45通のメールを遣り取りした。
 本の価格はkindle本で540円(税込み)、追加金無料のkindle unlimited版も設けた。
 詩集の出来には、わずかに不満な個所があるが、ほぼ満足である。
費用
 「パブフル」の出版には、3プランがある。
(1)電子書籍出版プラン(19,800円)。
(2)セルフパブリッシングプラン(24、800円)。
(3)パブフルサポートプラン(29,800円)。
 僕は「電子書籍出版に至るまでの全ての作業をパブフルが受け持ちます」という、(3)パブフルサポートプランを選んだ。他に表紙代5,000円、文章校正代10,000円を足して、計44,800円(税込み)を支払った。
宣伝について
 自力での宣伝として、PC用、スマホ用、それぞれにメッセージボードをブログタイトル近く下に設置した。またブログ「あんこと麦と」の、あかつきさんよりご教示と励ましを頂き、双方用にAmazonストアへのリンクバナーを設置した。
 毎月1日に、販売成績のレポートがあるという。少し不安である。

0-45
写真ACの「童話キャラクター」の「桃太郎」より、犬のイラスト1枚。


↑このページのトップヘ