風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

お気に入り

CIMG0866
 10日近く前になるが、パソコンに作成したデータを、簡易バックアップした。
 5月27日(第4日曜日)に行った。
 写真は、下が今回収納した、32GB・USBメモリである。
 上は前回、2017年12月16日のバックアップを収納した、32GB・USBメモリである。
 今回のメモリは、前々回のバックアップ(2017年5月5日だったらしい)のメモリを、再使用した。ミスっても前回の記録は残るよう、2つのメモリで使い回す予定である。
 半年ごとくらいにバックアップしているが、パソコンのOSがWindows7、ワードもエクセルも2010なので、Windows10にアップした場合、どうなるのか分からない。
 内容は、使用可領域28・8GBの内、3・5GB使用で、まだ余裕がある。
 「オープンオフィス」(これを使ったファイルがある)や、前のブログを出力した「「サスケの本棚」エクスポート」の他は、変化の激しいものである。
 文章と写真のフォルダはドラッグ&ドロップでコピーし、メールアドレス帳と「お気に入り」は、朝日新聞出版「パソコンで困った時に開く本2012」の手順に従った。
 「写真」が803MB、「マイピクチュア」が1・32GB、マイドキュメントより7フォルダを収めた。
 今は契約すれば、変更ごとにクラウドでバックアップしてくれる方法があるが、バックアップにあまり費用を掛けたくない。



 2月13日~14日にかけて、パソコンに2つのトラブルがありましたが、乗り越えられたので、報告します。
1・「お気に入り」より「風の庫」フォルダが消えました。
 2月13日の午前だったか、Yahooのホームページで、「お気に入り」より、このブログ関連のページを収めた「風の庫」と名付けたフォルダが消えました。何か操作にミスがあったようです。
 Yahoo検索で、ブログ「風の庫」と、その管理画面は見つけ、仮フォルダを作りました。しかし「グーグル アナリティクス」なども入っていたので、再取得は面倒だな、と思っていました。
 しかし尾籠な話ですが、トイレに座していた時に考えると、フォルダごと他のフォルダに入ってしまったに違いない、前にも他のフォルダで経験があった、と思いました。
 「お気に入り」の40フォルダくらいに、150以上くらいの「お気に入り」を収めており、またカラーのヘッドマーク等、見えやすくない。それで任意のページを「お気に入り」に入れるフリをすると、どのフォルダに入れるか訊いてくる時、フォルダだけを文字のみで示して来ます。
 それで見ると、パソコン初設定時の「お気に入り」をまとめていた、「既定」名のフォルダに、「風の庫」フォルダが入っている事が判りました。それでそのフォルダを抜き出して、「お気に入り」の初めの表示に入れ、先の仮の「風の庫」フォルダに上書きしました。1件落着です。
2・ネットが変調です。
 13日の夜、パソコンでメールを読もうとすると、変調です。1番下のメールよりのみ開きます。
 ホームページを見ると、「お気に入り」欄が激しくブレて、使えません。過熱なのか、故障なのか、ともかく接続を切って一夜を過ごしました。
 14日の朝になっても、症状は変わっていませんでした。パソコンも7年目に入っているので、故障のOUTかな、と思いました。しかし昨年暮れに買った多機能プリンタが、「接続オフ」と何回か表示したので、パソコンも接続不良かと、接続部分を押しこんでみました。

 結果オーライ、ネット表示は正常に戻っていました。
現在。
 古いデスクトップ・パソコン、スペックも高くないので、手順に注意しながら、普通に操作出来ています。先ほど、WindowsのUpdateも済ませています。
CIMG0721 
 今年初め頃か、妻が買って来た(貰った?)野水仙です。
 有名な越前岬の野水仙ではなく、畑栽培のもののようです。
 当時は莟がほとんどでしたが、春一番の吹いた今日は満開です。
 ただし栽培もののせいか、僕の鼻のせいか、あまり匂いません。
 清楚な姿を眺めておきます。













↑このページのトップヘ