風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

お食事会

 9月19日(第3木曜日)の午前10時半、喫茶店にメンバー3人が集まって、短歌研究会A第60回を持った。同・第59回は、先の8月19日の記事にアップした。僕が店の席に着いてすぐ、TさんとMさんが現れた。僕がアイスコーヒー(暑がりなので)、Tさんがアメリカン・コーヒー、Mさんがブレンド・コーヒーを頼んだ。歌誌の貸し借り、返却をする。

 短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討である。
 Mさんの10首、Tさんの8首、僕の10首をめぐって検討したが、今回はその内容を書かないでおく。かなり踏み込んだ検討をしたけれども。

 検討会のあと、僕の今期1ヶ月間の99首を2人に読んでもらった。11時半、店を出て、Mさんの車をTさんの運転で、浜町の料理屋「一之松」へ向かう。短歌研究会A第60回(5周年)を記念して、お食事会である。4人用の椅子席の部屋で、僕の軽い音頭で乾杯(僕はウーロン茶、2人はノンアルコールビールで)し、運ばれた料理を食べる。4段の重箱と、1つの大きなトレー、ご飯とお味噌汁とお茶。
 料理は美味しく、適量で、多種を食べた。現実的な話を交わしながら。
 予約は2時までとの事だったが、3人とも食べおえ、次回の日程を決め、1時半近く、店を出てまた喫茶店の駐車場まで送ってもらい、散会した。
0-66
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 メンバー3人の短歌研究会(実は僕が「みどりの会」と命名したが、ほとんど使われていない)のB第28回を兼ねて、お食事会を持った。50回目近い同Aの予祝である。ハロウィンは、誰も意識していなかった。
 9月28日の記事、
同B・第27回に次ぐ。
 場所は市内の、豆腐料理を主とした和食料理店、「梅の花」。日時は10月31日午前11時より。
 メンバー3人が、6客室に案内されて、料理を決める。湯豆腐を中心としたコースに、松茸土瓶蒸しを加えたセットとする。3人とも、車で来ているので、アルコールはなし。時間が1時間半という事で、11時半まで研究会、それより食事とする。
 歌誌の貸し借り返却、アンソロジー詩集の贈呈などの後、短歌研究会B、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みに入る。歌集「多く夜の歌」より、昭和33年、「年始に」「春の雪きて」の章(140、141ページ)のみとなる。
 料理は美味しく、僕が懸念した湯葉料理も美味しく食べられた。土瓶蒸しの贅沢も味わった。
 料理を待つ間など、ゆったり話を交した。
 デザートをおえて、大男の僕も、腹一杯だった。3人で、来年もこのような食事会を持ちたい、と話し合った。
 12時半を少し越えていたので、退室し(僕はジャンパーを忘れそうになり、Tさんに注意された)、会計へ。Tさんがいったんまとめて払い、あとで3人で完全割り勘とした。次回の日程を決め、散会した。
 来る時には、僕は2度、道を間違えたが、帰途はまっすぐ帰った。
0-04
写真ACより、「乗り物イラスト」の1枚。



↑このページのトップヘ