風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

かん吉

 タブレットにダウンロードしたkindle本、かん吉「人気ブロガー養成講座」より、3回目、終いの紹介をする。
 
同・(2)は、今月5日の記事にアップした。
Part6 ブログのユーザビリティを高める
 最初に、スマホ読者の重視を挙げている。記事を書いたらスマホで確認、と書くけれども、僕のような予約公開投稿者では、時間のズレが出る。
 文字の大きさは、16~18pxを薦めており、僕の18pxで合っている。行と文字の間隔、フォント、文字の色などの薦めがあるが、WordPressでの説明であり、プロバイダ会社のテンプレートより使っている者には、当てはまらない。1段落の行数と、段落間の薦めもある。
 ブログの表示速度を上げる方法、早さを調べる方法も挙げる。
Part7 ブログを飛躍させる
 まず「魅力的なプロフィールの書き方」から入る。①書けることは何でも書く。②人はV字型回復のストーリーがお好き。③実績は公開しよう。の、3つのコツを挙げている。これから考えの参考にしよう。
 プロフィールアイコンについても、詳しく述べている。
 第3sectionは、「ターゲットの心に刺さる記事を書く」である。炎上についてまで述べている。
 第4sectionでは、繰り返し発信することがブログの個性になる、と主張する。
 ブログがうまく回らない場合は、コンセプトの見直し等、最後には初めからやりなおす場合も「構いません」と述べる。
 他ブログの記事の紹介、イベントへの参加を、薦めている。
Part8 ブログマネタイズ
 マネタイズは望んでいなく、走り読みしたので、ここでは書かない。
  巻末の「参考書籍」は貴重である。
 これで、かん吉「人気ブロガー養成講座」の、紹介の終いとする。
0-76
写真ACの「童話キャラクター」より、「ピノキオ」のイラスト1枚。




 

 かん吉「人気ブロガー養成講座」kindle版の、2回目の紹介をする。
 
同・(1)は、先の8月23日の記事で紹介した。
 本題は「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ」であるが長いので、ここでは副題で呼ぶ。
 今回は、Part4(同・(1)では」第〇章」と書いたけれども、原本の表記に戻す)と、Part5を読んだ。
Part4「ブログへの集客」
 「本書では、SEOよりも、繰り返し読みにきてくれるリピーターを増やすことを重視します。」と述べて、手法としては、SNS、お気に入り・ブックマーク、RSSリーダーからのアクセスを挙げている。
 僕も記事公開の度に、Twitter、Facebookページに挙げているが、流入数は多くない。Twitterの即時性、Facebookの内密性、などを楽しんだ方が良さそうだ。
 はてブの自己投票も奨めているが、僕はアメブロで試してみて不評のようなので、止しにした。
 バズが起こったならバズを畳み掛け、バズりそうな記事をポストし続けるよう、奨めている。バズとは呼べないが、アクセス数の上がった時でも、僕の読書日記ブログでは畳み掛けにくい。
Part5「ブログの状態をチェックする」
 Google Analyticsを導入し、マニュアル本も買ったが、諸事にかまけて、まだ詳しい解析方法を知らない。
 ブログ付属のアクセス解析でもよいから、毎日確認しましょう、と書いてあるけれども、それさえ怠って来た僕だった。これからは確認したい。
 Googleサーチコンソールを設定し、連携するよう奨めているが、方法が今の僕には難しく過ぎる。
 いろいろ否定論を多く書いているようだが、有用な部分も多い。細かく説明している。どこかで「コピペを集めた本だ。」と書かれていたが、とてもそうではない。
0-16
写真ACの「童話キャラクター」より、「シンデレラ姫」のイラスト1枚。




 8月14日の記事で、ダウンロード購入を報せた、かん吉「人気ブロガー養成講座」(本題の「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ」が長いので、副題で書く事にする。)の、第1章~第3章を読み了える。全8章。
 第1章「ブログが成功すると人生が変わる」は、ブログ運営の勧めである。これは前著「人気ブログの作り方」でも書かれていた。
 ブログを書く時間と、続ける決意(ただ書いていれば良いわけではないが)があれば、ブログは続けられる。人気ブログになる為には、彼の書くようなコツが要る。
 第2章「ブログコンセプトを考える」。「マーケティング的ブログ差別化戦略」では、コンセプトの差別化を説く。
 僕もささやかながら、ブログの副題に「純文学系読書・中心です。」と付け加えた(純文学系読書・記事からしばらく離れていて申し訳ないが)。パソコン版のタイトル・ロゴ画像も替えた。
 第3章「成果を出す記事ライティング」。全23Sectionと詳しい。
 「読者が喜ぶ記事を書く」のSectionがあるが、読書日記といえど、自己表現の1つなので、読者が喜ぶようにばかりも書いていられない。
 彼が繰り返し書く「記事タイトルの重要性」も、ある程度は理解する。
 この本を読んでいて、見付けた手段に、「ハイライトを引く」がある。文に付箋を貼るようなものだ。引いた所だけ、「ノートブック」よりまとめて見られる。簡単な技法だが(気になる文章の頭を長押しして、指でなぞる)、これまでわからなくて難儀していた。
 この本や前著、livedoorblogの解説本に拠りながら、少しずつこのブログを変えている。
0-81
写真ACより、「童話キャラクター」のイラスト1枚。近づく秋の風情に合わせて。


人気ブロガー養成講座
 8月12日の夜に、トップブロガー、かん吉さんのブログ「わかったブログ」を読んでいると、前から購入を考えていた彼の本、「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ」のkindle版が、70%OFFの583円でセール中だった(8月27日まで)。
 同じく彼のkindle本「人気ブログの作り方」を3読した際にも書いたが、この本の紙版を読みたかった。ただし少し高価だった。それでこれ程のセールだと、8月13日につい買ってしまった。題名は長いので、副題を記事名に挙げた。
 「はじめに」と全8セクション(マネタイズはしまいの1セクションのみ)で、懇切にアドバイスしているようだ。
 まだ「はじめに」を読んだのみだが、ソフトな書きぶりのようだ。自分の説く方法も絶対ではない、と述べている。これらを参考にしながら、自分のこれまでの経験を活かして行くしかないのだろう。


 2015年4月28日発行、2016年9月19日購入のkindle本、かん吉「人気ブログの作り方」を3読する。
 今年1月7日に、
再読の記事をアップしている。
 3読もしたのは、ヒントがよくわからなく(付箋を貼る訳にもいかない)、解説本の電子本は頭に入りにくい。
 巻末近く、「ブログ運営論」の芯の部分として、6ヶ条を挙げている。それに従ったと見られるブログも散見するが、大きなブレイクは収めていないようだ。
 nanapiや増田の扱いなど、信用を置けない部分もあり、どこまで信用して良いかわからない。
 彼には次のブログ運営論「ブログ運営×集客×マネタイズ」もあるが、お金儲けの本のようで、これまで買わなかった。しかしこの本の書評に「お金儲けについては、わずかしか書いていない」という1文があった。
 ブログ運営×集客、に焦点を当てた本なら、買ってみたい。紙本が、kindle本より、それ程高価でなく出ている。
 こうしてハマルのか、重要なヒントを見つけられるのか、わからない。今月は本など、買い物をし過ぎているので、来月に購入を考えてみたい。
0-32
写真ACより、「お花屋さん」のイラストの1枚。


CIMG9396
 Amazonを通し、マーケティング論入門書として、大山秀一「マーケティングの基本と常識 改訂版」(フォレスト出版)を、マケプレの古本で買った。
 なぜかと言えば、今年1月7日の記事で紹介した、
かん吉「人気ブログの作り方」をタブレットで3読中なのだが、そこで「マーケティング論を読んでいる」と紹介されているからだ。マーケティング論は、ブロガーの間の流行りなのか、ビー〇さんも誕生日祝いにかマーケテイング論の本をプレゼントされた、とコメントした。
 ただし、かん吉さんは、どの本を読んだかは書いていないし、応用法も詳しくは書いていない。
 僕が今広めたいものは2つあり、1つはこのブログのアクセス数であり、もう1つは今まとめている第4詩集である。
 ブログのアクセス数アップは、ブログ記事は商品ではなく、お金儲けが目的でもないので、直接的にはマーケティング論を応用しにくい。応用できる面もあるようだけれど。
 詩集は、無料贈呈ではなく、廉価でも購入してもらうつもりなので、この論は大いに役立ちそうだ。
 まだ初めの部分を読んだのみなので、読み了えて手応えがあったなら、ここで紹介したい。
 なお7月5日の記事に書いた、アメブロの記事アップの不調は、回復したようです。ご心配をかけました。


 

人気ブログの作り方
 kindle本の、かん吉・著「人気ブログの作り方」を、タブレットで再読した。
 記録によると、2016年9月19日に、Amazonより480円で買っている。
 昨年12月8日の記事の「世界一やさしいブログの教科書1年生」(1)で、(この本については後日に書きたい)と触れた本である。
 再読したのは、1回では内容がよくわからなかったからだ。
 多くの提案があり、僕も幾つか実行してみた。
 ブログの題名に、商品名ではなく、その未来の効果を付けよう(意訳)というのがあるが、僕の場合は純文学の紹介なので、商品の売れ行きには関わりなく、(他の所で説かれている)誠実さにもそぐわないようなので、取り入れていない。
 ただしもう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」では、カテゴリに順番の題名に、内容の1節を足すと、少し効果が(アクセス数とランキングで)あったようだ。まだ数回なので、はっきりした効果はわからない。
 「NAVERまとめ」というサイトで、2つのページを作った。「『茨木のり子全詩集』より」というのと、「詩歌を読もう」というページである。双方、240pvくらいと460pvくらいあるが、ブログへのアクセスはわからない。他の関連ある有名ページで、投稿招待をしている所も見つけられない。それがうまく行けば、数万pvが得られると説くが。
 nanapiや増田は、見てみた所、僕には不向きのようだ。
 以前よりのツイッターと、直前に始めたFBにもリンクしたが、目立った効果はなさそうだ。僕自身が、他の人の転載を見ても、惹かれない。それぞれ独自の楽しみ方をした方が、良さそうだ。
 アクセス解析を見ると、お気に入り或はブックマークからのアクセスを除けば、2つのブログランキングからのアクセスが多いようだ。
 アクセスではなく、ランキング・アップに効果的な方法は、他にある。



↑このページのトップヘ