風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

ながらみ書房

 砂子屋書房・現代短歌文庫(104)「続 藤原龍一郎歌集」より「19☓☓」を読み了える。
 今月26日の記事、
同「嘆きの花園」を読む、に次ぐ。
概要
 原著は、1997年、ながらみ書房・刊。
 1970年代以降を輪切りにするような標題の、6つのテーマ詠に、間奏曲を挟んで構成している。
感想
 大きなテーマ詠は、ある転回点(転向と呼んでも良いかも知れない)を示す場合が殆んどだ。宮柊二も、高野公彦もそうだった。しかし藤原龍一郎は、6つのテーマ詠を成し(それだけ内のエネルギーが大きかったのだろう)、その後、保守にも生活にも走っていないようで、偉容である。
 福島泰樹の「短歌絶叫コンサート」を1度聴いたことがあるが、あの叫びにも似るようだ。
 知らない固有名詞が多く、検索すればわかるのだろうが、いまはその意義は小さいと思う。
 人の繋がりが基で生まれた連作である。あとがきで彼は、「速度の充実も虚無も、たぶん、ここにある。」と自負している。
引用

 以下に7首を引く。
内乱の予兆ごとく雪やみて後の沈黙、さらば同志よ
村上団地寒夜せつなく咲き残るどうしようもなき山茶花の白
われは見たり!才気あふれる誰かれのみずから挫折してゆくさまを
否応なく永き昭和を生かされて麻痺するごとき月光の首都
東京の倦怠を胃の底までとマック・シェイクを吸い吸い吸いて
東京に雨ふる午後を朽ちてゆくココロザシある冥きヨロコビ
同時代的俗論と俗塵に知を身をさらし 御免蒙ル
0-03
写真ACより、「乗り物イラスト」1枚。






歌集 朝涼
 今月6日の記事、「歌集と詩誌が届く」で報せた内、丹波真人・歌集「朝涼」を読み了える。
概要
 「朝涼(あさすず)」は、「コスモス」の歌人、丹波真人(たんば・まさんど、19944年~)の第4歌集である。
 2018年4月30日、ながらみ書房・刊。1ページ2首組み、319ページ。492首を収める。
 僕が結社「コスモス」、結社内・季刊同人歌誌「棧橋」で一緒だった時期があり、そのご縁で送ってくださったのだろう。
感想
 15年ぶり、60歳代から70歳にさしかかる作品を、まとめたとの事。
 感慨深い出来事の多かった時期のようだ。
 以下の引用には引かなかったけれども、孫の誕生、息子の結婚など、慶事がある。一方、義父・叔母・母・従妹・宮英子夫人らを見送り、挽歌の連作を成した。思い出のよすがとなり、慰めとなるだろう。
 独特の美意識を持った歌人で、決まれば美しい短歌となるが、やや線の細さがあると見受ける。
引用

 以下に7首を引用する。
眼の渇き覚えて夜ふけめざむなどかつて無かりき還暦迫る
那智の滝そびらにポーズとる妻の肩にかすかな虹架かりをり
想ひても見ざりきわれの歌ふたつ採り上げくれつ「折々のうた」に
もの思ひしつつ歩めば軒さきの防犯灯が不意打ちに点く
日本にて季節すぎたる藤の花ミラノの路地のそちこちに咲く(トスカーナ)
大ゆれに揺るる地震に部屋ぢゆうの本ことごとく落ちて山なす(東日本大震災)
ケータイの待ち受け画面の亡き猫と妻はまいにち情を交はせり





歌集 朝涼
 今月2日(土曜日)に、丹波真人さんの第4歌集、「朝涼」が届いた。
 丹波真人さんは、僕が短歌結社「コスモス」、結社内同人歌誌「棧橋」に属していた頃の、大先輩である。「棧橋」批評会後の宴会で、おおいに談じた思い出がある。
 第3歌集「花顔」の拙い寸評を、前のブログ「サスケの本棚」の、2008年12月9日の
記事にアップしている。
 歌集「朝涼」は、2018年4月30日、ながらみ書房・刊。1ページ2首組み、319ページ。
 丹波さんも、小さなご縁をよく覚えていてくださったものだ。

詩誌 青魚No.88
 鯖江市を中心とする同人詩誌、「青魚」No.88が、今月4日(月曜日)に届いた。
 2018年6月4日、鯖江詩の会・刊。B5判、32ページ。
 先号の感想は、昨年11月3日の記事
「同・No.87を読む」にアップした。
 僕が今号に寄せたソネット4編は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の6月5日の記事、
ソネット「消えたランボー」以降、4日にわたってアップするので、横書きながら是非ご覧ください。


↑このページのトップヘ