風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

アドレス

 高校文芸部の年刊部誌「白房」1968年版より、初期小説「底流」の(2-4)をHP「新サスケの散文サイト」に転載しました。
 今月14日の記事、同(2-3)に次ぎます。
 HPのアドレスは、以下の通りです。

masakyf-diary.amebaownd.com/posts/6789169

 なお上のアドレスは、2、3日後にリンクがきれますので、その場合は、初期小説「底流」の(2-4)に貼ったリンクよりお越しください。
010
写真ACより、「恐竜」のCG1枚。


 今日2回めの記事更新です。
 僕が関わった同人詩誌「群青」の第5号(2006年2月20日・刊)より、エッセイ「ビブリオマニア」を、僕のホームページ「新サスケ’s Ownd」の、5月16日付けの記事に転載しました。
 古いエッセイですが、よろしければお読みください。

masakyf-diary.amebaownd.com/posts/6245134

 上のアドレスからも、記事へ飛べます。フィッシング防止等のため、2、3日でリンクが切れますので、その場合は、上のエッセイ「ビブリオマニア」に貼ったリンクよりお越しください。
04
写真ACより、「恐竜」CGの1枚です。ホームページ記事と共通です。





 今日2回目の記事更新です。

 同人詩誌「群青」(2015年11月、第34号で終刊)に交代で載せたエッセイの内、自分の書いたものを、散文中心のホームページ「新サスケ’s Ownd」に逆年順に転載してゆこうと思います。

 まず「群青」第33号(2015年6月25日・刊)に載せたエッセイ、「図書カード」を今日(1月19日、土曜日)に書き込みました。妻より譲られた図書カード1枚の顛末です。

 以下にアドレスを貼りますので、是非ご訪問ください。

https://masakyf-diary.amebaownd.com/posts/5586778

0-34
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ