風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

オリエンタル・ハイブリッド系

 今月8日の記事、百合4種の莟が太るの内、初めに紹介した品種が咲きました。
CIMG2166
 莟が太った頃、花茎が折れました。重みで折れたのか、イタズラされたのか、わかりません。
 茎を切って、花瓶に挿しておいたところ、1輪が咲きました。
 品種は、添付されていたガイドに拠りますと、オリエンタル・ハイブリッド系の黄花「テラソル」です。まだ1輪ですが、他の莟が咲く保証はなく、ここにアップします。
 撮影場所は光線の関係で玄関先ですが、ふだんは窓際に置いています。



 先の6月28日の記事、百合球根の植え付けで紹介した百合5種が、共に芽立ちをした。
CIMG2106CIMG2104
 初め(左)の写真が7号or8号鉢に植え付けた2種、後(右)の写真が10号鉢(直径30センチ)に植え付けた3種である。
 芽立ちの位置が想定と違い、大きさに大小がある。先日、芽立ちがしっかりしたので、草花用の化成固形肥料を少し撒いた。
 後の写真の左上の葉が、少し疲れている。肥料が良くなかった(暑い時期、量の過多)のか、暑さのせいか、水遣りのせいか。萎れる程ではない。
5球・品種名
 品種は今わからないが、上の花の写真・品種名付きのプリントをスクラップブックに貼ったので、花が咲けばわかるだろう。写真と実物が違い過ぎでなければ。
 ともかく5種のオリエンタル・ハイブリッド系の百合の花を、順調に育てば、1度は観られそうである。



↑このページのトップヘ