風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

コスモス

CIMG0424
 秋のお彼岸の中日(9月23日、秋分の日)も近く、彼岸花とコスモスの花をアップする。
 昨年9月23日、記事
「彼岸花、コスモスとウメモドキ」をアップしている。
 今年の写真は、9月20日に撮ったものである。
 近所の不耕作田の、彼岸花の群生は、ここ1つになってしまった。
 他に5、6本の株が2か所あるだけとなった。路肩の管理が厳しくなったせいだろう。

CIMG0427
 同じ不耕作田とその続きの田の、畦道を挟んでコスモスが咲いている。
 草丈は高いとはいえ、はかなげな花である。
 以前はあった、赤花が失せた。
 ウメモドキの写真は、待ってください。


 結社歌誌「コスモス」2017年5月号より、「COSMOS集」を読み了える。
 先行する
同・「その一集」特選欄・読了は、先の4月28日の記事にアップした。
 「COSMOS集」は、入門の「その二集」と、それに次ぐ「あすなろ集」の、特選欄である。
 「あすなろ集」より30名、「その二集」より12名が、各5首(稀に6首)に選者の付した題を付けられて、掲載される。
 初心の純粋さが、羨ましい。励んで昇級し、活躍してほしい。
 僕が付箋を貼ったのは、「あすなろ集」特選より、次の1首。S・佳乃さんの「曼陀羅カルタ」5首より。
一瞬に炎となれり 人界を離れる父は吉日選ぶ
 特選の5首とも、父への挽歌である。挽歌は、逝いた人を崇めるのに、佳い詩型である。
 取り残されて頼りを失った身は、暦日の運勢にさえ頼ろうとする。短歌に拠って、立ち直るだろう。
 今後、「コスモス」誌の批評を、このブログに載せる事はないだろう。
 24年余を助けてくれて、さようなら、「コスモス」。
031
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。





 昨日の「月集シリウス」に続き、結社歌誌「コスモス」5月号より、「その一集」特選欄・読了を報せる。
 「その一集」特選欄は、9選者×各5名×各5首の、225首より成る。
 人生の感慨、重大事を、それぞれ詠んでいる。日常詠も選ばれているが、数が少ないようだ。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。N・好美さんの「ゼントルマン」5首より。
「悪いね」と夫は微笑み吾を見つむ集中治療棟の患者となりて
 集中治療棟に入るのに、「悪いね」と言い、微笑み、妻を見つめる夫の、ゼントルマン(看護士の声)ぶりを、よく表わしている。それもほぼ定型を守って。
 他の歌に拠ると、幸い夫は数日で退院したようで、恃む人のない夫婦の絆が、鮮やかである。
016

写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


 昨日に続き、結社歌誌「コスモス」2017年5月号より、「月集シリウス」を読み了える。
 まず「月集シリウス 特別作品」の12名5首が、ページ1段で載る。続き「シリウス集」通常欄(4首or5首・掲載)がある。
 特別作品欄には、ブログ仲間でカナダ在住のS・紀子さんや、同人歌誌「棧橋」の宿泊批評会でお世話になった、O・淳子さん、K・絢さんの名前も見える。
 僕が付箋を貼ったのは、同じく「特別作品」より、次の1首。A・千里さんの「レモン畑」5首より。
大寒波襲来予報 八十三の母も色めきレモン収穫す
 2句の体言止め、1字あき、3句の字余りなどが、色めく様を浮かばせる。
 「月集シリウス」を改めて読むと、親近感を持って読み継いだ歌人の、これまでが偲ばれる。
012

写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


 結社歌誌「コスモス」2017年5月号より、作品欄の初めの「月集スバル」を読み了える。
 5月号の到着は、今月20日の記事
「歌誌2冊が届く」に報せた。
 「月集スバル」は、選者及び選者経験者の欄であり、無選歌で各5首が載る。特選欄めいた「今月の四人」欄がある。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。K・紀子さんの5首より。
十代をかたみに知るは二人のみ生きてゐることに先づ杯を上ぐ
 少女時代よりの友人は、掛け替えのない人間関係だろう。このように歪んでしまった世界では、心の憩まる少ない場の1つだろう。
 同時には「旧友に会ふや健康談義にて大腸カメラの経験談聞く」と隠し立てなく、また「取つ手とれし抽出しのなかにねむりをり数枚残す十代の写真」と少女時代への郷愁もかきたてられたようだ。
010
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



↑このページのトップヘ