風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

コスモス短歌会

 結社「コスモス短歌会」の若手歌人による、季刊同人歌誌「COCOON」Issue15を読み了える。
 同誌の到着は、今月19日の記事、届いた3冊を紹介する(8)にアップした。リンクより、関連過去記事へ遡り得る。



IMG_20200318_0002
 2020年3月15日、COCOONの会・刊。83ページ。短歌掲載は、1ページ6首~8首と余裕がある。同人は、1965年以降生まれの26名。
 評論、エッセイ、歌入りイラスト、歌合わせ、など多彩な企画である。
 現実に立ち向かって、苦しむ歌が多い。現役世代に失礼かもしれないが、鳥瞰して俯瞰的な視線を持てないものか。

 初心者を過ぎて、壮年に入る前の中間らしい4人の歌を、以下に引く。
生きている限りは光る電球の疲れが照らす六畳の部屋(S・ちひろ)
収入が足りないことを言われおり確かにねなどと返答したが(M・竜也)
申命記に「悩みのパン」の言葉ありパンも悩める三月となる(K・なお)
たまさかの<ミニとんかつ>を刺すばかりつくんつくんと少女の箸は(M・陽子)




CIMG0102
 昨日(2月12日、第2日曜日)の午後1時より、某館の1室で、「コスモス短歌会」F支部の、2月歌会が持たれた。
 僕は3ヶ月ぶりの出席で、昨年11月7日の記事にアップした、
支部忘年歌会以来である。
 12月歌会当日は僕の体調が悪く、1月は町内地区の新年会と重なりそちらを優先した。
 事前1首出詠9名、当日参加者6名。
 U支部長の添削は、時に大掛かりで、元会員K・篤さん(故人)が「添削でなく改作だ」と嘆いた事もある。会員の新しい試みを否定しているようで、頷けない場面もあった。
 僕の1首は、倒置を直叙に直し、他の言葉も直された。元の歌より良くなっただろう。
 批評は午後2時半に済んでしまい、雑談に入って、3時頃に散会した。


CIMG0003
 昨日(11月6日、第1日曜日)の午前11時より、ある料理屋の1室で、「コスモス短歌会」F支部の忘年歌会が持たれた。
 事前1首出詠9名、当日参加者8名。
 まず歌会(上の写真)。今日は会員の批評はなく、U支部長の講評と、添削例提示で会は進んだ。
 僕の1首は、小さい手直しを何ヶ所かされたが、良くなったようだ。
 12時きっかりに歌会が済み、同室で忘年会となった。
CIMG0009 - コピー
 写真は、Tさんのご発声での乾杯の時、仲居さんさんに撮ってもらった。僕より上手い。
 プライバシーの点で、手前の女性の目は隠させてもらった。
 生ビール、ノンアルコール・ビール、ウーロン茶と共に、美味しい料理を頂いた。
 僕はジョッキ2杯(他の男性は1杯)で、すっかり酔ってしまい、少し乱れた所もあったようだ。


CIMG9110

 昨日(10月9日、第2日曜日)に、コスモス短歌会F支部の10月歌会が持たれた。
 午後1時より、某館の1室にて。
 先の9月歌会の様子は、9月12日付けの
記事(←リンクしてあり)にアップした。
 事前1首出詠9名、当日参加者5名。
 事務方の用意した詠草とエッセイ等のプリント2枚と、U支部長の用意した添削例プリントを用いて、歌会は進んだ。
 支部長の司会のもと、9首の1つずつについて、2名が批評し、支部長が講評と添削例を示した。添削例を作者が納得すれば、その形でF新聞の歌会紹介欄に載る(句会、川柳句会の紹介も載る)。
 僕の1首は、大きく添削されたが、意は通った形になった。
 写真は、ピンボケの1枚。
 2時半頃に歌会は済んでしまい、歌話会となって、3時半頃に散会した。

↑このページのトップヘ