風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

シリーズ

IMG_20180809_0001
 今月10日の記事「入手した4冊」の初めにアップした、青木祐子「これは経費で落ちません!」第4巻を読み了える。
 
同・第3巻の紹介は、今月15日の記事にアップした。
概要
 集英社オレンジ文庫。2018年6月・初刷。
 このシリーズで、公称・35万部(当時)。大ヒット作と称して良いだろう。また作者は、作家としての基盤を築いただろう。
感想
 経理部の新入社員・麻吹美華(あさぶき・みか)は、正義感が強すぎて、レベルダウン的な転職を重ねている。主人公の沙名子やその後輩の真夕が言えなかった事、やむなくしてきた事に、1言と行動を伴い、経理部で次第に和んでくるのは良い。
 しかし経理部の独身ベテラン・勇太郎と広報課の華・織子(年下の夫あり)との不倫、役員秘書のマリナのキャバクラ嬢・アルバイトの発見は、勇み足だろう。
 勢いが余ったのか、題材に苦しんだのか知らないが、幻滅するストーリーだった。
 沙名子と営業部の太陽の恋は少しずつ進んでいる。しかし続巻は難しいように、僕は思う。何かウルトラ的な進行があるかも知れない。



No・2No・3
 メルカリで注文した、青木祐子の小説、「これは経費で落ちません!」第2巻・第3巻が、同じ売り手から1度に届いた。価格:850円(税込み、送料込み)。
 
同・第1巻の感想は、昨年1月24日の記事にアップした。

 メルカリでたまたま、同・第2巻を見つけ、発注した。その後、この第2巻・第3巻の販売を見つけ、先の注文をキャンセルして、この2冊を注文した。
 実は先のキャンセル手続きが進んでいない。
 第3巻を、メルカリにはないので、マーケットプレイスかどこかで捜せば良かったのだが、キャンセルは容易にできると思ったし、勢いもあった。売り手には迷惑をかけた。

 このシリーズは、集英社オレンジ文庫に収められる。クールな女子経理部員を描いて、人気となったようだ。



角川「短歌」5月号
 4月25日の発売日に、角川「短歌」2018年5月号・kindle版を、タブレットにダウンロードした。
 定価:724円で、紙本版:950円の、ちょうど2割引きである。
 なお
同・4月号の感想は、今月2日の記事にアップした。

 今号の現代歌人特集シリーズは、馬場あき子(以下、敬称・略)である。
 角川「短歌」は、馬場あき子を持ち上げてきており、同・2月号の「追悼特集 岩田正」にも呼応している。
 錚々たる歌人が、インタビューし、書き、語り合っている。
 連載の酒井順子「平安の女友達」なども楽しみである。



 

↑このページのトップヘ