風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

スクリーンショット

 2020年7月16日夜、藤井聡太7段が渡辺明9段を3勝1敗で破って、新棋聖となった。スクリーンショットは規制となったのか、撮れなかった。

 このブログを「藤井聡太」で検索すると、以下のようになる。余計な記事も絡むが、全ての記事である。



 妻もまた、藤井聡太のファンであり、老夫婦で盛り上がっている。

 以下にわが4首を示す。
宝もの藤井聡太に殺害の予告があった異変のあるな
夫婦して藤井聡太のファンなり快進撃に盛り上がりいる
勝ったよと藤井棋聖の誕生を妻は告げくる共にファンで
「凄いねえ」「やったねえ」とぞ新棋聖誕生を祝う藤井聡太を
将棋の駒
写真ACより、「将棋の駒」のイラスト1枚。


CIMG1267
 今月15日に、パソコンのバックアップを試みた。教科書は「はじめてのWindows7 基本編」(2010年7月・第1版第2刷、戸内順一・著、秀和システム・刊)の、「SECTION70 ハードディスクをバックアップする」である。以前に、うまくゆかなかったディスクが残っている。
 BD-RE(25GB)が残っていたので、それに収める事にする。手順書き通りに操作して、バックアップが始まったのだが、1時間くらいかかり、結果は「完全にはバックアップに成功しませんでした」というような表示が出た。
 使用容量は主なOWNER-PCで、5、42GBなので、BDの容量不足ではないようだ。メール文書のアドレス等、バックアップが出来ないものがあったかと、そのまま残す事にした。
 上の写真の左が、ケースに収まったBD-REである。貼り紙の下に、「PCバックアップ 2018.12.15」とあるのは、事前に自分が書いたメモである。上の「OWNER-PC 2018/12/15 13:42 ドライブ1」は、パソコン画面の指示に拠る。

 それに不安が残るので、今年10月3日の記事(実施は9月30日)の
「データの簡易バックアップ(2)」と同じ、簡易バックアップをした。今年5月27日の前々回の簡易バックアップに用いた、32GBのUSBメモリに、手順書に従ってbookmarkとメールアドレスをバックアップし、マイドキュメントの幾つかのフォルダを(上書きも含め)ドラッグ&ドロップした。重複した内容の古いフォルダは削除した。使用容量は3、52GBだった。
 あとで表の紙を剥ぎ、「2018.12.15」のメモをセロテープで貼り付けた。右の写真が朧で申し訳ない。(PCでは最大限に拡大すると、日付けを読み取れる)。USBメモリの古い方を交互に使うのは、もし失敗しても、前回のバックアップが残るよう用心しての事である。


 前回は、スクリーンショットをアップ出来た。しかし今回は、BD、USBメモリ共、「ハードディスクまたはネットワークを参照した可能性があり、保存できない」といような表示が出て、名前を付けてマイピクチュアに保存する事が出来なかった。前々回か、今回のバックアップに、そのような事があったようだ。


↑このページのトップヘ