風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

タブレット

CIMG1237
 今日2回目の記事更新です。
 「ブログサークル」のお仲間、ビー玉さんのブログ「大人の美術館」より、12月3日の記事
「無料で絵画を楽しみ尽くすアプリを紹介」から、5アプリの内、「e国宝」をタブレットにダウンロードしました。
 各地の国立博物館に収蔵の国宝を、ネット画面で観られます。
 上の写真は、タブレット上の「e国宝」アイコンと、これもビー玉さんのブログより以前に頂いた「ネガポ辞典」のアイコンです。

CIMG1240
 上の写真は、タブレット上の「平治物語絵巻」の1部分を拡大し、トリミングしたものです。
 このアプリでは、大量の資料を蔵するだけでなく、拡大、絵巻の自動スクロール等の、機能があります。簡単な解説が付きます。
 写真は拙く、1部に照明の映り込みがあります。
 数十巻の本に優ると思います。
 この他に、世界美術等のアプリも紹介されていますので、お気に入りをダウンロードしてみては如何でしょうか。
 なおリンクと記事の掲載は、前以ってビー玉さんのご了承を得てあります。ありがとうございます。


 今日2回目の記事更新です。
 今月21日の記事
「家うちのWi‐Fi化・完成」(本当は「完了」と書くべきところ)で、家うちのWi‐Fi化を報せた。
 なお21日に、スマホとタブレットに2つ、軽い障害があった(内容は既に忘れた)。ドコモ某店に行き、直してもらった。
 タブレットに「情報が取得できませんでした」と出るので、「お客様サポート」より個人情報を入力していると、そのせいか、スマホに異常が起きた。初期画面に画面ロックがかかり、パスワードを要求されるが、どこを探しても見当たらない。
 ドコモ某店へ行くと、「初期化するしかありません。今までの記録はすべて消えます」と脅されたが、やむなく初期化する。
1・電話帳、メールアドレス、Chromeのお気に入りは、回復する。
2・アルバムの写真は消える。息子夫婦より送られた写真は、Evernoteに収めてあり、無事。
3・SMS1覧のバナーを、店員に回復してもらう。
4・ツイッターに再ログインする。
5・メルカリにログインできないので、メルカリ事務局へ詳細を送り、依頼する。
 なお、生き返った旧・タブレットは、妻に譲った。僕のタブレットと共通する設定もあるが、見られて困ることはない。
0-86
写真ACより、「お花屋さん」のイラストのラスト1枚。


CIMG1132
 今月16日に「Wi‐Fi化を待つ」の記事をアップし、タブレットとスマホのWi‐Fi化の予定を伝えた。
 10月18日、予告通りに確認の電話が入った。
 予定通り、10月20日午前9時に、ネットトータルサポートの指定業者らしい40歳くらいの男性が訪れた。確認のあと、用意したルーターと、スマホ2台、タブレット2台を渡し、Wi‐Fi化してもらった。作業は30分くらいで済んでしまった。
 設定情報シートをルーターの脇に貼り、説明を受けて、了いである。
 写真は、左が旧来のモデムで、今回も接続して使えた。中がI‐O DATAのルーターである。右端は関係なく、ガス漏れ検知器の通報機である。

CIMG1138

 上の写真の左が、契約の切れていたタブレット旧・機である。Wi‐Fi化で生き返った。
 中がこれまでも使っているタブレットである。右端が僕のスマホである。2階の部屋でも使えるようだ。
 これに妻のスマホを合わせて、4台をWi‐Fi化してもらった。家うちのルーターから電波が届かなくなると、自然に電波塔からの電波受信に切り替わるとの事で、安心である。

 午後、町内秋祭りの準備を1時間で抜け出し、ドコモ某店へ向かった。スマホと旧いタブレットに、軽い異常があったので、それを直してもらい、ついでに新タブレットの契約を切る(Wi‐Fi化の最大目的)事をしようと思ったのである。
 店内は混んでいるようだったが、ベテラン店員さんが丁寧に説明し確認を取りながら、対応してくれた。
 これからもお世話になるだろう。
 写真に、光が映り込んで、みっともないのは、ご容赦を乞う。



CIMG1124
 今日2回目の記事更新です。
 NTTドコモの会社を、電話の指示であちこち回って、ネットトータルサポートという所に行き着き、家うちのタブレットなどのWiーFi化の、出張での設定を、今月20日(土曜日)の午前中にしてもらう事になった。準備はしてある。

 上の写真の左は、IーO DATAのルーター、WNーAX2033GR2と、下にはみ出しているのは台座である。
 右は、LANケーブルの1mである。50センチで良かったか。
 いずれもAmazonで購入した。

CIMG1125CIMG1130
 上の写真の先(左)は、旧来のモデムである。型番を確認の結果、使えるらしい。
 あと(右)の写真は、主な目的の、タブレット2つである。
 上は契約の切れている旧・機、下が使用中のタブレットである。
 (写真がいずれもフラッシュを使用したため、光っているのは、ご容赦を乞う)。
 この他、妻の分と2台のスマホもWiーFiが使えるよう、設定してもらう予定である。
 ネット音痴のため、残念ながら自分で設定できない。


角川「短歌」4月号
 3月24日の午後に、角川「短歌」2018年4月号・kindle版をダウンロードし、タブレットに収めた。
 同・3月号については、今月10日の記事にアップした。
 扉には、「創刊60周年を迎えました」の言葉と共に、「紙版・電子版 毎月25日発売」と記されているが、少なくともAmazon上では、紙版・電子版、共に1日フライングして、毎月24日に発売されているようだ。
 紙版:930円、kindle版:724円。kindle版だと、ひと通り読み了えて消去する、消耗品の感覚である。
 特集の「現代ならではのテーマをどう詠うか」に関心がある。両親の介護は兄夫婦に任せきりで過ぎたが、いずれ介護をするか、受ける身になるだろう。労働・仕事はリタイアしている。(ある1年を除いて、良い思い出がない)。
 あまり良い夫ではないけれども、ジェンダーには関心がある。時事は、関心がない訳ではないが、うまく詠えない。
 もう1つの「没後十年 前登志夫」も、没後の歌人の評価として、関心がある。
 既に巻頭作品を読み始めているが、さすがに内容は豊かだ。


↑このページのトップヘ