風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

ダウンロード

 先日、Amazonより歌集3冊と詩集1冊(いずれもkindle unlimited版)を、タブレットにダウンロードしたので、以下に紹介する。
小野田光 蝶は地下鉄を抜けて
 Amazonの本を「新鋭短歌シリーズ」で検索すると、多くの未読歌集があったので、3冊を3月10日にダウンロードした。
 まず、小野田光・歌集「蝶は地下鉄をぬけて」。
 紙本版:2018年12月10日・刊。1,836円。
 kindle版:2018年12月27日・刊。800円。

西村曜 コンビニに生まれかわってしまっても
 次に、西村曜・歌集「コンビニに生まれかわってしまっても」。
 紙本版:2018年8月7日・刊。1,836円。
 kindle版:2018年12月26日・刊。800円。

九螺ささら ゆめのほとり鳥
 3番目に、九螺ささら・歌集「ゆめのほとり鳥」。
 紙本版:2018年8月7日・刊。1,836円。
 kindle版:2018年12月26日・刊。800円。

D・H・ロレンス 愛と死の詩集
 上記3歌集(書肆侃侃房・刊)に、ハイライト、メモ等の機能がないので、外出した時にタブレットで読むため、D・H・ロレンス・詩集「愛と死の詩集」を、3月12日にAmazonよりダウンロードした。安藤一郎・訳。
 小説「息子と恋人」、「チャタレイ夫人の恋人」(旧訳)は、僕にあまり合わなかった。
 しかし詩集は、初めを読んだところ、合いそうである。
 kindle版:2014年7月4日・刊。432円。
 上記4冊は、kindle unlimited会員には、(毎月980円の会費の他)追加金・無料でダウンロードできた。
 これまでに買った本は多く、読みかけの本も幾冊かあるが、これらもいつか読み了えるだろう。



杉村奈緒子 片恋未満
 昨年12月13日に、タブレットにダウンロードしたままだった、村杉奈緒子の中編小説「片恋未満」kindle unlimited版を読み了える。(注記:杉村奈緒子と誤記していました。ご迷惑をかけました)。
 インディーズ作家のkindle unlimited版・小説として、昨年9月4日の記事、幸田玲「月曜日の夜に」以来である。
概要
 2017年9月4日・刊。73ページ。
 kindle版:480円。kindle unlimited版:追加金無料。
 彼女には今の所、他のkindle版・小説はないようでる。
感想

 主婦の弓子がフラメンコ教室に通い出し、フラメンコ・ギタリストの喬木と親しくなり、彼の部屋を訪ねるまでになるが、恋は成就せずに別れる。喬木の以前の、若栄、礼子との恋のいきさつが、フラッシュバック的に挟まれる。
 主婦とギタリストが真剣に想い合うが、それ故に成らない恋を描く。
 最近の若い人の、セックス・レスな関係が、取り込まれているようだ。村上春樹のように、しつこく描く世代ではない。
 スペインの地名と、フラメンコの技法の名が頻出して、フラメンコを格好良いとは思うが熱中はしない僕には、少し煩わしかった。
 小説の第1作は、誰にも書ける(僕も昔、短編小説を書いた)が、長く続ける事が大事だと思う。


CIMG1378
 今日2回目の記事更新です。
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍のあかつきりゅうさん(暁龍さん)作成のカレンダー、3月分の2種を紹介します。
 上の写真は、卓上型カレンダー(プリンタの上に置いてある)です。昨年末のあかつきさんの募集(全10本、ブログ枠3本)のブログ枠に応募して、当選したものです。
 イラストは、あんこさんと麦くんの内裏雛です。
 
2月カレンダーは、2月1日の記事にアップしてあります。
CIMG1380
 あかつきさんのブログ「あんこと麦と」の、3月1日の記事「2019年3月のカレンダー」より、スマホにダウンロードしたものです。よく見ると、麦くん側の菱餅が少し、齧られています。
 webデータ用で、印刷には不向きとのことです。
 誰でも当記事より、ダウンロードできます。
 いずれも写真は拙いですが、実物はずっと鮮明です。
 この記事のアップは、あかつきさんに前以ってご承認を得てあります。


CIMG1316
 今日2回目の記事更新です。
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきりゅうさん(暁龍さん)作成の2019年2月カレンダー、2種を紹介します。
 上は昨年末の抽選募集に応募して当選(ブログ枠3点)した、卓上型カレンダーの2月分です。
 カーテンを背にしたプリンターの上に置いてあります。
 前以ってイラストを確認していないので、めくる時にはワクワクします。
 
同カレンダー・1月分は、1月4日の記事にアップしてあります。
CIMG1320
 あかつきさんのブログ「あんこと麦と」の1月31日の記事、「2019年2月のカレンダー」より、スマホにダウンロードしたカレンダーです。持ち運びに簡単で、曜日確認などに便利です。
 スクリーンショットはアップできません。また禁止されている転載、販売に繋がっても困ります。
 イラストは、雪の降る中、愛猫あんこさんと麦君が、スケーティングを楽しんでいる場面です。
 写真は下手ですが、実物はもっと鮮やかできれいです。
 なお、あかつきさんに前以って、記事アップのご承認は得てあります。


ReRe短歌
 千原こはぎさんの編集した短歌集、「Re:Re:歌集」を読み了える。
概要
 元々はツイッターの発信で知ったが、コンビニでのネットプリント版の他に、彼女のブログ
「こはぎうた」へ行けば、閲覧用版・PDF(印刷用)版がある事を知った。
 コンビニへ行き、費用を払うのも面倒なので、12月31日更新のページより、PDF版をダウンロードし、指示に従って、プリント、製本した。
 A4判2つ折り両面(4面)7枚で28面(表紙、目次、カット、奥付け、裏表紙を含む)、1ページ2段組みの構成である。44組(1組8首)88名による、返歌をテーマとした短歌集、352首である。
感想
 352首といえば、少な目の歌集1冊にあたる。皆さん、バーチャルに慣れているのか、仮想恋愛歌に秀で(とくに冒頭の「星歴20××年 異星間交友のススメ」8首)、また古えの宮廷和歌の贈答を想わせる1連(とくに「2LDK」)がある。
 なかなか二人の息があわなくて、しまいまで行く連もあり、正直だとこれも感心した。
 連のしまいに「人知れず君に最後のくちづけをショコラの雨が止まないうちに」のシュールとか、また別連の2首目の下句「貘も悪夢を食べ飽きた頃」の暗喩など、優れている。返歌を受けて咄嗟にできるのか、前以ってアイデアを温めていたのかと思う程である。
 同じく千原こはぎさんの編集した
短歌集「獅子座同盟 6」は、昨年8月22日の記事にアップした。


 

にほんブログ村テーマ 100冊会へ
100冊会

CIMG1293
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきりゅうさん(暁龍さん)が昨年に、自筆2019年・卓上カレンダーセットの抽選を募集したので、ブログ枠で応募した所、幸いにも当選した。
 送られたカレンダーの表紙(2018年12月カレンダー部)は、先の12月20日の記事
「1誌、1紙、1部を入手」で1部として紹介した。
 上の写真は1月分で、日の出の富士山を背景に、愛猫あんこさんと麦君が、正月の挨拶を述べているところである。プリンタ上に置いてある。

CIMG1298
 上の写真は、彼女のブログ「あんこと麦と」の、先の12月31日の記事より、スマホにダウンロードした1月カレンダー。
 今年は、ハガキまでの大きさなら、プリントできるという事だ。
 共に写真が上手くなく申し訳ないけれども、実物は鮮やかできれいである。
 掲載許可は、ただいま申請中である。(追記:その後、ご承認を得ました)。



CIMG9605
 今日2回目の記事更新です。
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきりゅうさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の、11月30日記事
「12月のカレンダー(マンガの話20)」より、今回も12月のカレンダーをダウンロードできました。
 僕はA4判にプリントし、台形補正カメラで撮影し、ソフトで修整して、上にアップしました。
 プリントは、パソコン机の脇に貼ってあります。曜日を確認する時などに、便利です。
 誰でも上記のブログ記事より、鮮明なカレンダーをダウンロードし、プリントして使用が可能です。ただし再配布、販売は禁止です。
 イラストは、あんこさんと麦君が、防寒着を着てクリスマスツリーを見上げている場面です。
 このブログでの先月の分は、11月1日の記事
「あかつきさんの11月のカレンダー」にアップしてあります。その記事から、以前の月の分へ遡ってゆけます。
 なおこのカレンダーの写真を、ブログにアップする事は、あかつきさんに前以って了承を得てあります。ありがとうございます。




↑このページのトップヘ