風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

ダウンロード

CIMG9572
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ、「あんこと麦と」の8月31日記事、「9月のカレンダー(マンガの話17)」より、今回も9月のカレンダーをダウンロードし、A4判にプリントしました。
 再配布、販売は禁止なので、プリントをパソコン机の脇に貼って、台形補正カメラで撮影し、写真をここにアップしたものです。写真は、補正ソフトで、原画に近づけるべく、かなり補正しました。
 8月カレンダーは、先の8月2日の記事
「あかつきさんの8月カレンダー」にアップしています。
 カレンダーは曜日の確認などに、しばしば利用しています。
 なおイラストは、あんこさんと麦くんが、月面で餅つきをしている場面です。
 カレンダー写真の掲載の許可を、あかつきさんに申請中ですが、まだ諾否は確認していません。フライング掲載ですみません。(注:その後、掲載許可を得ました)。


獅子座同盟 6
 今月16日、千原こはぎ・歌集「ちるとしふと」kindle unlimited版を紹介した所、連携ツイートに当人よりリツイートを頂いた。辿った所、フォロワーとツイートの数が抜群に多いので、僕のフォローは遠慮した。
 ただし彼女のブログ
「こはぎうた」は、僕のお気に入りに入れた。
短歌集の入手まで
 ちょうど短歌集「獅子座同盟 6」のネットプリントを配信していて、ブログにはコンビニでの手順が詳しく書かれてある。ただしそれは費用と手間も掛かるので、僕は「web閲覧版・PDFダウンロード(印刷用)はこちらから」の指すアドレスから、PDF版をダウンロードしプリントした。web閲覧では、少し読みにくい気がしたからである。
 A4判1ページに2面が印刷できるようだったが、僕は1ページ1面しかプリントできなかった。短歌や小文が読みやすくて良い。
 なお表紙写真は、ブログサイトよりお借りした。
概要
 7月23日~8月22日の獅子座生まれの、25名の歌人が7首ずつを寄せ、175首の短歌集である。
 表紙、内表紙、裏表紙を含めて、表裏印刷14枚。紙とインクは惜しくないが、印刷時間が少し惜しかった。
 カラーにすると、費用がぐんと上がるかも知れないが、好感度もぐんと上がるのだが。
感想
 商業ベースに乗らない、ネット時代のこのような作品の発表は、大歓迎である。認知度がやや低いだけで、それが上がれば、文学フリマのように爆発的に広まりそうな気がする。
 テーマを「星・宇宙・星座・獅子」に設定した事、若い歌人の多いことから、ロマンある恋歌が多いようだ。
 千原こはぎさんの「星曇り」7首が、デザイナーであり様々なプロデュースをしている人らしく、ネット時代の男女を描いて新しい。
 多賀盛剛さんの「星をみるひと」7首が、自称・丘ラッパーらしく、素直で機微を捉えて、声調も良い。


多賀盛剛さんがツイートをくださいました。

千原こはぎさんが、ツイートをくださいました。

千原こはぎ ちるとしふと
 今月10日の記事、「入手した4冊」で紹介した内、2番目の千原こはぎ・歌集「ちるとしふと」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
概要
 ダウンロード時期、各版の出版時期・価格は、そのリンクで述べたのでご参照ください。
 千原こはぎ(ちはら・こはぎ、以下・敬称略)は、イラストレーター、デザイナー。
 「ちるとしふと」はカメラの交換レンズの1種で、実際の街の写真をまるでミニチュアのおもちゃのような写真に変身させる、と著者「あとがき」で明らかにする。
感想
 1つの別れに至る(男の身勝手―不毛の性を経て)男女関係と、新しく1つのおずおずと始まりお互いに好ましく想う恋が、ストーリー的には描かれる(仕事の厳しさを描くリアルな歌は別として)。
 繊細な恋が描かれる。しかし「現実じゃないところの感情を掬い取りたくて」と述べるように、フィクションを多分に含んでいるだろう。現実では、線の太い健康的な恋をしているかも知れない。
 平安朝の女流文学以来の、立場の弱い女性の思いを、受け継いでいるのだろうか。
引用

 ハイライト、メモの機能がないので、15首をノートに写したが、例に倣って7首を引く。
桃を抱く手つきで崩されてしまう かんたんだから好きなんですか
息白く見知らぬ駅で待っている わたしだいじにされてなかった
この夜をずっと覚えてますように一番きれいな声で、さよなら
「あいたい」の代わりに今日も「おやすみ」をちいさく夜に貼りつけておく
泣きながらたこ焼きを焼くきみからの言葉をひとつひとつ丸めて
所有され所有している厳かに素足にキスをされてしまえば
おしまいはいつも「じゃあね」と言うきみに「またね」と返す祈りのように




CIMG9556
 今日2回目の記事更新です。
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の、8月1日の記事
「8月のカレンダー(マンガの話15)」より、2018年8月のカレンダーを借り、ブログにアップします。
 
7月カレンダーの記事は、このブログの7月1日にアップしてあります。
 誰でもあかつきさんのブログ記事から、この記事写真より鮮明なカレンダーを入手できます。ただし再配布と販売は禁止です。
 この写真は、ダウンロードしたカレンダーをA4判にプリントし、パソコン机の脇に貼ったものです。
 台形補正カメラを使って撮影し、ソフトで補正し、パソコンに取り込みました。
 イラストは、マンボウに寝そべるあんこさんと、イルカに乗る麦君です。
 今回も掲載許可を得ないフライングで、ただいまメッセージで許可を申請中です。(後注:その後、あかつきさんの許可を得ました)。
 これまで、カレンダーの写真の掲載を許可くださった、あかつきさんに、ご苦労を思い感謝しております。



今橋愛 O脚の膝
 僕がタブレットにDL(ダウンロード)したまま、未公開のkindle unlimited本、2冊を紹介する。
 1冊目は、今橋愛・歌集「O脚の膝」。今月22日にDLしている。
 紙本版:2003年12月、北溟社・刊。
 kindle版:213年7月16日・刊。540円。

海河童 さるでも売れた
 もう1冊は、海河童「さるでも売れたKindle電子出版2018」。
 2018年3月5日、第2版・刊。
 kindle版:250円。
 この本は、「改訂版 ソネット詩集 光る波」刊行の前、今年3月21日にDLし、ほぼ読み了えた。ただし連続的なKindle出版を利用して、収益を上げようと僕は思わないから、方法に従えない。
 今は電子出版でも、大山賢太郎氏の「本の棚」というグループに、僕はいちおう参加している。このグループの理解には、上記の本が役立った。


鈴を産むひばり
 Amazonでkindle unlimited版の歌集、5冊をダウンロードした。
 ダウンロード購入した歌集は、4月23日の記事「入手した6冊」の内の2冊以来である。
 上は光森裕樹「鈴を産むひばり」。
 紙本版:2010年8月11日・刊、2200円。
 kindle版:2014年2月1日・刊、499円。

うづまき管だより
 光森裕樹「うづまき管だより」。
 kindle版のみ。2012年11月7日・刊。369円。

林和清 去年マリエンバートで
 林和清「去年マリエンバートで」。
 紙本版:2017年10月23日・刊。2052円。書肆侃侃房・刊。
 kindle版:2018年1月31日・刊。1000円。

原田彩加 黄色いボート
 原田彩加「黄色いボート」。
 紙本版:2016年12月11日・刊。1836円。
 kindle版:2017年1月30日・刊。800円。

堀合昇平 提案前夜
 堀合昇平「提案前夜」。
 紙本版:2013年5月25日・刊。1836円。
 kindle版:2015年1月20日・刊。800円。
 上記2冊は、書肆侃侃房の新鋭短歌シリーズに含まれる。
 kindle unlimited版は、追加金無料とはいえ、少し買い込み過ぎである。


CIMG0840
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍のあかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の、5月1日の記事「5月のカレンダー(マンガの話12)」より、2018年5月のカレンダーをダウンロードし、A4判にプリントしました。
 イラストは、菖蒲湯の大きなお風呂で、あんこさんと麦君が遊んでいるシーンです。
 今回はもっとしばしば見られるよう、パソコン机の脇に貼りました。初め画鋲止めでしたが、今は思い直してセロテープで留めてあります。
 狭い所での撮影だったので、写真の枠が歪んでいますが、あかつきさんのブログを訪えば誰でもきれいなカレンダーを入手できます。
 このブログでの4月カレンダーの記事は、4月1日にアップしました。

↑このページのトップヘ