風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

ツイッター

「COCOON」Issue11
 3月23日(第4土曜日)に郵便のスマートレターで、1冊が届いた。ツイッターで告知された、季刊同人歌誌「COCOON」Issue11(予約購読している)である。結社「コスモス短歌会」内の若手歌人(1965年以降・生まれ)を同人とする。
 2019年3月15日・刊。ほぼA5判、85ページ。
 誌面では賑やかに、内面は堅実に、歌を詠んでいるようだ。読み了えたなら、ここで紹介したい。
 同・Issue10の感想は、今年1月2日の記事にアップした。

CIMG9672
 ツイッターを「短歌 ネットプリント」で検索すると、このネットプリントの発行の告知に行き当たった。
 「ウマとヒマワリ 5」である。ツイートは、以下の通り。
 同じ日に、近所のローソンのプリンタより、引き出した。A4判1枚、20円。2019年3月20日・付け。ぼんやりした写真ですみません。
 平岡直子さんの短歌連作「法律」10首と、我妻俊樹さんの掌編小説「ミューズ」1編を載せる。
 「法律」では初めの1首の下句「箱根がおいでお湯こぼさずに」に躓く。「箱根がおいでおいでする」の略なのか、「箱根に」なのか、「箱根よ」の呼びかけなのか、「箱根が」の主語への術語が省略され、主語が結句で入れ替わっているようで、わかりにくい。他の歌は、写実的ではないが、理解し得る。
 8首目を以下に引く。
打楽器のうえを歩いているように野菜売り場をゆくわたしたち
 「ミューズ」は、ダダ的な物語である。政治家の(文学の)言葉・破壊に対抗しようとするのだろうか。同じ土俵に上がった時点で、負けているかも知れない。
 立原道造の「鮎の歌」以降の物語に似るようだが、簡単な理解を拒もうとする文体が異なる。もっと書き続けると良いと、僕は思う。


 


 先日のツイッターに、以下の記事が流れた。


 僕は3月20日の午後、所用の帰途にローソンへゆき、プリンタでネットプリント、「とても長い静かな曲」をプリントアウトした。

CIMG9667
 おぼろな写真ですみません。
 土谷映理(つちや・えり)さんの、笹井宏之賞・最終選考に残った「とても長い静かな曲」50首である。モノクロで20円だった。
 経歴に「山梨学生短歌会所属。大学からマンドリンを始める。指揮も振る。」とのみある。
 マンドリン・サークルでの生活が、合宿(僕は大学囲碁部の合宿を懐かしく思い出した)を含めて描かれる。「君」との関係を含め、楽しい生活のようだ。
 マンドリンと短歌の1つを捉る事はない。僕も短歌と詩とネットを捉っている。
 ネットプリントの発行費用が幾らか知らないが、楽に自分の作品を広められるなら、もっと利用されて良い媒体である。


 以下に5首を引く。
春の風留めるように友達の目もとにうすく輝くシャドウ
階段の途中で楽譜をのぞき込むリズムを歌ってくれと言われて
耳で聴き弦を調節するように二人話した六月の午後
美しい自信がほしい傾けた角度ですこしきらめくような
揺れるたびメトロノームの針光る全員の音が初めて合った




IMG_20190303_0001
 ツイッターを読んでいると、亥年短歌ネプリ「一直線」の案内があり、ナンバーなどを手帳にメモした。用の帰途にローソンに寄り、プリントアウトし、半分に折ってホッチキスで留めた。
 ネットプリント(ネプリと略称もする)としては、昨年12月22日の記事、
俳紙「セレネッラ」第十七号以来である。
概要
 セブンイレブン以外のコンビニで、ナンバーはWFW2YWDWX8、文書プリント、両面、横とじ、A4の3枚。カラーで360円、モノクロで120円。3月4日、17時まで。
 知己凛・編集。13名の短歌、3名のエッセイ、短文「今年の一直線な抱負」13名を載せる。表紙、奥付け、裏表紙を合わせ、12ページ。
感想
 若い歌人は、感情が先走りやすいのだろうか。
 F・遊脚さんの「カメラから解き放たれる息」8首が具体的で良い。写生とか写実とか言わないが、これくらいの具体性があるとオジサンにはわかりやすい。
 知己凛さんの「こころ」6首が、流れが形に納まっている。
 エッセイではF・静恵さんの「短歌のこだわりといえば」の「短歌は、個人ではなく集団の制作である。」が衝撃的であり、衣朱さんの「良い悪い楽しい辛い普通の日 呼吸のように何か書いてる」では、詩歌の救いを実体験している。知己凛さんの「いい加減なこと」には余裕がある。

Instagramの3枚目、庭の白梅(実梅用)2枚目です。
View this post on Instagram

庭の白梅、2枚目です。

新サスケさん(@xinsasuke)がシェアした投稿 -

 ツイッター騒動記と書いても、バズを起こしたり、炎上した訳ではない。

 1月7日頃か、操作中のスマホ画面に「Twitterが使えなくなりました」といったメッセージ(正確ではない)が出て、この警告を閉じるか報告するか、と問うので閉じておいた。
 その後、スマホとタブレットでツイッターが使えなくなった。先の画面が出るばかりで、再起動など色々試みたが、繋がらない。
 昨年10月25日の記事「Wi‐Fi化その後」で報せた、スマホの画面ロック以来の、大きなトラブルだろうか。パソコンのツイッターは通じたので、そのままにして置いた。

 1月15日の午後に、「ネットトータルサポート」へ固定電話機より電話し、スマホは「あんしん遠隔サポート」で直してもらった。3連休明けだが、コールはすぐに繋がった。
 タブレットはドコモと契約を切ってあるので、「どう仕様もない。」との返事だった。

 1月17日の夜、タブレットのツイッター不調を自力で直そうとして、うまく行かず、エイヤッと初期化する事にした。データは失われるが、近くに端末があれば、それに保存される、という事だった。Wi‐Fi機能を使うのだろうか。
 結果、Googleよりツイッターをダウンロードし、アカウントで入って、ツイッターは繋がった。Kindle、PrimePhotosにもアカウントを入れて繋がった。タブレット上のブックマークが見つかり、簡易お気に入り欄も回復した。零時3分公開の18日のブログは休ませてもらった。

 タブレットの機能はほぼ回復したようだが、昨年9月から小遣い帳代わりに使っていた、「らくな家計簿」のデータが戻らない。スマホにデータが移管保存できなかったようだ。金銭記録なので、実体の被害はわずかで、再度「らくな家計簿」をダウンロードして、翌日から記帳を再開した。
 ひやひや物だったので、自力での初期化は、もうしないで置こう。
0-39
写真ACより、「乗り物l」のイラスト1枚。



 今月18日の記事、ホームページ「新サスケ’s Ownd」を始めるでも、紹介したけれども、再度、紹介します。
 5月1日より、アメーバブログで紹介され運用を始めたホームページ、
新サスケ’s Owndを、8月13日より本格的に更新を始めました。
 owndは、own(動詞・所有する)の完了形か所有形で、「~自身の」の意味らしい。
 注文を待つホームページではなく、雑記日誌なので、ほぼ毎日、更新しています。
 拡散のため記事更新の度に、ツイッターに報告する事を覚えました。リツイートしてくださる方もいらっしゃいます。
 また簡単な拡散法に気づきました。
 このブログのリンク集に貼れば、気づいてくださる方があるかも知れません。
 それで右サイドバー、ランキング投票バナーの下、リンク集の最下端に入れました。
 これからも、毎日の新サスケの行動など、雑記を更新して行きますので、ご愛顧をお願い致します。
0-54
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


 

声、あるいは音のような
 岸原さや・歌集「声、あるいは音のような」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
 入手は、先の2月22日の記事、
「歌集2冊をダウンロード」の、初めにアップした。
 歌集の諸版の刊行年次、価格などは、その記事を参照してください。また以前の同・「100首選」の感想へも遡り得る。
概要
 岸原さや(きしはら・さや)は、静岡県・生まれ、東京都・在住。2007年、結社「未来」に参加、加藤治郎に師事。
 ブログ
「さやかな岸辺」を運営する。ツイッターでも盛んに発信している。
 この歌集には、284首、加藤治郎の解説「薄闇に」、著者・あとがきを収める。
感想
 彼女は母の自死、失恋など、辛い経験を重ねたようだ。神経症的にまでなりながら、短歌の力、キリスト教の信仰などに支えられ、生きているようだ。
 加藤治郎の解説に、「そこは、眠りと死が混じり合っている」、「苦しみを言い放つところから始めれば良い。」と述べている。僕は同人歌誌に参加して救いを感じ始め、結社歌誌に加わって救いを確信した。苦しみを発表することは、ほとんど無かったが。短歌には、神も魔人も居る。
 僕は科白でも呟きでもなく、傍白(演劇で、共演者には聞こえない設定で、観客に聞かせる科白)の、詩歌でありたいと願っていた。悪い時代の今は、未来に残す呟きだ。
 引用の5首目の「のろのろと」は、怠けているのでも、能力がないのでも無く、安全第一で全力で作業し続けていると、現場出身の僕にはわかる。7首目は、対句に惹かれたのだが、今となってみると、オブラートもビブラートもない歌を詠むから、という宣言に聞こえる。
引用

 以下に7首を引く。
かなしみがかなしくなくてくるしみもくるしくなくて熱だけのある
なぜだろういつか忘れていくことを小さな脳に刻もうとする
もう好きにさせてもらおう、くだらない。そんな言葉を叫び出しそう
死ぬことと生きてることの境いめが目にしみる夜は横向きに寝る
幾何的な巨大キリンのクレーン車が建材を吊るのろのろと今日も
花の名を呼び出すように寝台でひらくカラーの鉱物図鑑
オブラートに包みましょうか。ビブラートを響かせますか。いいえどちらも




↑このページのトップヘ