福井県俳句作家協会・刊の「年刊句集 福井県 第56集」より、3回目の紹介をする。
 
同・(2)は、今月14日の記事にアップした。
概要
 今回は52ページ~75ページの24ページ分、48名の480句を読んだ。
 福井地区(福井市・吉田郡)の中程である。
感想
 何と言っても、会員数が多く(若者の俳句離れが序文で述べられているけれども)、福井県短歌人連盟の年刊・歌集「福井短歌」、福井県詩人懇話会の年刊アンソロジー「詩集ふくい」に比べて、格段の差がある。
 俳句の指導法は、短歌の指導法と異なり、嫌味が少ないのかと思う。
 年刊句集には、小詩型と呼ばれるコンプレックスがあるのか、大きな景や大きな気概を吟じようとする作品が見られる。啄木から短歌に入った僕は、トリヴィアルな作品であっても、真実があれば良い、と考える。
引用

 K・朋子さんの「母の忌」10句より。
とろとろと畦に移りし野焼かな
 Y・てるこさんの「母の星」10句より。
ふる里の祖母に飛びつく子供の日
 M・桃翠さんの「お年玉」10句より。
かたかごの花へ靴音人の声

0-27
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。