風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

ポイント

 今日2回めの記事更新です。
 10月7日に、楽天Edy払いで、ローソンのキャッシュレス決済・還元を初めて受けた。

 
 軽減税率というより、支払いの還元だった。楽天Edyでの支払いだった。
 Vドラッグにて楽天Payでガムをたくさん買う(1ヶ月1度10壜くらい)が、大型店チェーン店なので、還元がなく、ブログで取り上げなかった。楽天ポイントを使える点が便利である。

 今日の1回めの記事に入れた通り、メルカリのメルペイに参加し、本人確認で1,000ポイントをゲットしたので、初決済で2,000ポイントを得るべく、12月20日にローソン某店で小さな買い物をした。

メルペイ初使用、ローソンb

 缶ビール2本(まだ冷蔵庫にある)、吹雪まんじゅう2ヶ(妻と分け合った)、たこ焼きと雪見だいふく(ともに僕のお八つとなった)、合計:1,005円である。2パーセントのキャッシュレス決済・還元の20円が引かれて、985円がメルペイ・スマート払いであり、来月1月に引き落とされる。
 これでメルカリ・ポイント、2,000ポイント・ゲットの報せがスマホに来た。1回めの記事の通り、有効期限が心配で、3,000円分以上の本を買ってしまった。
 ほしかった本であり、新しい体験ができて、良かったと僕は思っている。
0-96
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




 メルカリがキャッシュレス決済の、メルペイのキャンペーンをしていて、本人認証で1,000ポイント、初決済で2,000ポイントを付与するとしていた。
 僕は楽天系のキャッシュレス決済を、スマホに導入しているが、3,000円に惹かれて、メルペイに参加しようとした。しかし扱う銀行に楽天銀行がなく、運転免許証での本人認証は困難だった。

 数日後、メルペイのコーナーを見ると、楽天銀行が取り扱い銀行に加わった。それで入力して1,000ポイントをゲットした。決済がよくわからないので、メルペイ残高払いをわずかにチャージして、文庫本を買ってみたが、ポイントは付与されなかった。扱う店一覧へ行くと、バーコード決済ができる店の内、知っているのはVドラッグのみだった。
 ネット検索すると、ローソンが扱っている。深夜だが、近所のローソンに電話すると、メルペイスマート決済を扱っているとの返事だった。翌日にそのローソンで千円弱の買い物をした。2,000ポイント付与は、銀行決済後かと思ったが、数時間で付与された。ただし来年2月半ばまでかの、期限付きだった。
 期限忘れが気になるので、以前に見掛けた3千余円の本を、メルカリで買う事にした。

IMG_20191224_0001IMG_20191224_0002
 まず350ポイントで、森絵都の小説「カラフル」(文春文庫)を買った。
 次にメルペイ残高払いで、試しに山田詠美の掌編小説集「タイニー ストーリーズ」(文春文庫)を300ポイントで買った。山田詠美の短編小説、それも掌編小説には、大いに期待する。

IMG_20191224_0003

IMG_20191224_0004
 残ったポイントとメルペイ残高払い556円で、「川端康成文学賞 全作品」Ⅰ、Ⅱ揃いを買った。総額3,380円だった。先ほどAmazonで調べると、最低1万円はする本だ。メルカリで「川端康成賞 全集」で検索しても、ヒットしない。それで初めは、三浦哲郎の検索結果に出ていたのを思い出して、「川端康成 三浦哲郎」で検索すると、この2冊揃いのみがヒットした。
 メルペイで5千円近い支払い(ポイントを含む)をしたけれど、後悔していない。
 ただし積読は、受贈本、全集類、文庫本、歌誌などが重なって、いささか混乱している。少しずつ読書して行きたい。



 将棋棋士の書いた本、4冊が届いたので、紹介する。
 既読の将棋本として、先の7月21日の記事、別冊宝島「羽生善治 考える力」があり、他に藤井聡太・本2冊(リンク記事より辿れる)がある。

IMG_20190808_0001
 まず8月3日に届いた、杉本昌隆・現8段の、「弟子・藤井聡太の学び方」である。藤井聡太・現7段の成長ぶりを、最も知る身近な杉本棋士である。
 Amazonのマーケットプレイスで買った。ベストセラーは、メルカリよりマーケットプレイスが安い場合が多く、ポイントが無いのにメルカリで買う必要はない。
 ちなみに価格は、490円(税・送料・込み)だった。

IMG_20190808_0002
 8月5日に、メルカリより300ポイント(税・送料・込み。この時はポイントがあった)で届いた、羽生善治「結果を出し続けるために」である。
 題名に惹かれた。
 なおアップ順は、ただ著者と、本の大きさに由る。

IMG_20190808_0003IMG_20190808_0004
 次は羽生善治・9段の「決断力」と「大局観」(共に角川oneテーマ21)である。
 8月4日に、Amazonマーケットプレイスより届いた。価格はそれぞれ258円(税・送料・込み)だった。PHP新書に羽生善治・9段の「直観力」があり、読んでみたい。
 僕の習った囲碁は、じわじわと囲い少し戦って、最後に半目余せば良い。将棋は飛び技があり、しまいに玉を詰ます戦いで、考え方が違うように、僕には思える。




 今日2度目の記事更新です。
 先の1月26日の記事で、ブログ・ランキングサイト、にほんブログ村のリニューアルに伴う
経過措置を書いた。
 1月末より2月1日にかけて、停止していた機能の1部がリニューアル再開されている。

1・ブログパーツが、カテゴリーが設定されていない、INポイントでの表示は、そのままである。
2・1月29日に、マイページが新しくなる。新着記事が、わずか公開より遅れる場合もあるようだが、表示される。各ポイントの表示が、遡って表示された。またそれ以後、マイページのポイントとランキングのポイントが直結され、同時に変わる。
 ただし記事更新頻度の表示は過少表記であり、誤っている。
3・記事を各テーマ(旧・トラコミュ)に直接トラックバックする機能が再開された。マイページでの1欄表記は消えたので、他のブログの参加具合は確認しにくい。
 また100冊会など、停止中の記事をトラックバックするのは面倒で、中断期間が残り、1月の読書冊数は個人のメモに1部頼った。

 4月1日を目途に、全面リニューアルを進めているとの事だが、停止中の機能もありながら、主なリニューアルは済んだようだ。復活を喜びたい。
0-48
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



 今日2回目の記事更新です。
 ブログランキング・サイトの「にほんブログ村」では、2019年4月完了を目途に、全面リニューアルを行っています。
 それに伴い、様々な経過措置が取られています。
 
「【お知らせリンク集】—リニューアル関連—」に説明が載っています。
 ブログ村のマイページの「移行で発生する現象」または「移行よくある質問」より、右サイドバーの「ブログ村サポート(ヘルプ)」より入り、「ヘルプTOP」のトップに(1月26日・現在)上記のサイトの題名が出ています。

1・1月24日より。ブログパーツが、カテゴリーが設定されていない、INポイントでの表示となりました。
2・1月25日より。旧ブログ村での、ポイント集計が停止しました。
3・1月26日より。新着記事の更新がされません。(追記:新着記事は、1日遅れで更新されています。すみません)。
4・昨年12月?日(不明)より。参加テーマへの、直接トラックバックの機能が停止しています。

 上記(2)(3)に就いては、マイページの左上、「公開プロフィール」より、現状を確認できます。新着ポイント、新着記事に就いて、正しく表示されています。

 上記の他にも、全面リニューアルに伴い、マイページの機能が、順次、停止されるようです。
 4月のリニューアル完成を待つしかありません。
 途中のポイントは、正確に記録が残るようなので、気長に待ちましょう。
0-44
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



 今日2回目の記事更新です。
 10月21日に記事
「家うちのWi‐Fi化・完成」をお報せしましたが、Wi‐Fi化の重要なデメリットがあります。
 それ以来、ランキン・グサイト「ブログ村」のイン・ポイントが異様に少ないのです。自己投票が、旧・タブレットも生き返り、40ポイントあるかと思ったのですが、10ポイントしかありません。
 どうやら1ルーターからの投票は、1件のみと数えるようです。
 それで真夜中0時過ぎに記事更新し、各端末1つずつ投票して、すぐ結果の出るブログ村でポイントを確認しました。
 Wi‐Fiをオフにしたスマホと、Wi‐Fiのタブレット1つから投票すると、20ポイントと出ます。
 そのあと、もう1つのタブレットと、パソコンより投票しても、ポイントは増えません。
 パソコンはモデムに直接、有線で接続しています。
 つまり1モデム(ONU)を通した投票は、すべてが1投票と見做されるのです。
 ポイントの多いランクならさほどでないでしょうが、僕のようにポイントがそれほど多くない場合、自己投票が減ってしまうのはダメージです。今はスマホを投票の時だけ、Wi‐Fiを外して、これまでより1日10ポイントマイナスに抑えています。
 けちくさい話かも知れませんが、Wi‐Fi化のデメリットです。ご用心ください。
0-93
写真ACより、「フード&ドリンク」のイラスト1枚。


↑このページのトップヘ