CIMG9499
 半月ほど前に、メルカリのカウルに参加し、3冊を売り、初心者ポイントなども入ったので、ポイントで2冊を買った。
 紙の本を買うのは、調べてみると、綜合歌誌、結社歌誌を除いて、昨年12月22日の
「届いた2冊」以来だった。
 メルカリ(カウル)は、ネット上のフリーマーケットで、カウル(本、CD、DVD限定)は、カメラでバーコードを読み取って、出品できる。
 まず1冊目は、村上春樹のエッセイ集「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」。2011年、マガジンハウス・刊。
 村上春樹の小説は新刊で買うようにしているが、それ以外のジャンルではCP的に手の出ない本がある。古本が安く、郵送されるなら、このエッセイ集にも手が出る。

CIMG9500
 これも村上春樹のノンフィクションで、シドニーオリンピックの記録「シドニー! 1 コアラ純情篇」。
 2004年、文春文庫・版。これもCP的にためらっていた本。
 今、エッセイ集を読み了え、オリンピック観戦記を読んでいる。村上春樹の良さなのか、紙の本の良さなのか、ずいぶん読み進めやすい。
 「2 ワラビー熱血篇」を、読みたくなった。