風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

メルカリ

 今日2回目の記事更新です。
 昨日(7月30日)の記事、
「これは経費で落ちません!」第2巻第3巻でも、ちらりと書いた事ですが、メルカリでのトラブルが解消しました。
 初めの同・第2巻だけの注文をキャンセルしようとしたのですが、手続きがよくわかりません。
 売り手の方にはコメントでキャンセルしたい旨を伝え、了解を得たのですが、「申請があれば承認します」との事。
 その申請方法がわかりません。「お問い合わせ」の「よくある質問」より「キャンセル申請手順」を読んでも、キャンセルのマークが出て来ません。

 致し方なく、「購入・支払いについて」の「お問い合わせをする」より、商品番号を入力して、事務局へ依頼しました。数分後、メールがあり、「事務局の権限で、この取り引きをキャンセルしました」との連絡が入りました。売り手さんとのコメントの遣り取りも、閲覧したようです。
 ポイントで注文したのですが、ポイントも戻っていました。

 そもそもダブル注文した僕がいけないことは、わかっています。
 売り手さんと事務局のご親切で、トラブルが解消し、深く感謝しています。
0-96
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




No・2No・3
 メルカリで注文した、青木祐子の小説、「これは経費で落ちません!」第2巻・第3巻が、同じ売り手から1度に届いた。価格:850円(税込み、送料込み)。
 
同・第1巻の感想は、昨年1月24日の記事にアップした。

 メルカリでたまたま、同・第2巻を見つけ、発注した。その後、この第2巻・第3巻の販売を見つけ、先の注文をキャンセルして、この2冊を注文した。
 実は先のキャンセル手続きが進んでいない。
 第3巻を、メルカリにはないので、マーケットプレイスかどこかで捜せば良かったのだが、キャンセルは容易にできると思ったし、勢いもあった。売り手には迷惑をかけた。

 このシリーズは、集英社オレンジ文庫に収められる。クールな女子経理部員を描いて、人気となったようだ。



IMG_20180724_0003
 今月12日の記事にアップした、又吉直樹「火花」に次いで、メルカリより矢部太郎のマンガ本、「大家さんと僕」を買った。
経緯
 リンク記事にも書いた、ベストセラー本はすぐには買わない、という主義に反する。
 しかし2018年1月20日に9刷と版を重ねているし、メルカリで本を売って得たポイントで支払ったから、良し、としよう。
 人気本らしく(手塚治虫文化賞短編賞・受賞)、帯が付いて700ポイント(700円分、送料込み)と、古本にしては高かった。
マンガ本について
 僕はあまりマンガ本を読まない。このブログにアップするのも初めてだろう。
 医院の待ち時間に読むくらいで、マンガに抵抗力がない。しかしこの本は、ほっこり人情本らしいので、刺激が強くないだろう。
サプライズ
 帯の下を確かめようと捲ると、絵入りの付箋が貼ってあって、「〇〇さん、ご購入ありがとうございました。」とメッセージが書かれている。サプライズの喜びである。



CIMG9499
 半月ほど前に、メルカリのカウルに参加し、3冊を売り、初心者ポイントなども入ったので、ポイントで2冊を買った。
 紙の本を買うのは、調べてみると、綜合歌誌、結社歌誌を除いて、昨年12月22日の
「届いた2冊」以来だった。
 メルカリ(カウル)は、ネット上のフリーマーケットで、カウル(本、CD、DVD限定)は、カメラでバーコードを読み取って、出品できる。
 まず1冊目は、村上春樹のエッセイ集「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」。2011年、マガジンハウス・刊。
 村上春樹の小説は新刊で買うようにしているが、それ以外のジャンルではCP的に手の出ない本がある。古本が安く、郵送されるなら、このエッセイ集にも手が出る。

CIMG9500
 これも村上春樹のノンフィクションで、シドニーオリンピックの記録「シドニー! 1 コアラ純情篇」。
 2004年、文春文庫・版。これもCP的にためらっていた本。
 今、エッセイ集を読み了え、オリンピック観戦記を読んでいる。村上春樹の良さなのか、紙の本の良さなのか、ずいぶん読み進めやすい。
 「2 ワラビー熱血篇」を、読みたくなった。



↑このページのトップヘ