風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

ルサンチマン

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、19番目の句集、古舘曹人「能登の蛙」を読み了える。
 今月11日の記事、
飴山実・句集「少長集」に次ぐ。
概要
 原著は、1971年、竹頭社・刊。山口青邨・序、448句、著者・後記を収める。
 古舘曹人(ふるたち・そうじん、1920年~2010年)は、東京大学法学部・卒(東大ホトトギス会で山口青邨に師事)、後に会社・副社長、俳人協会・理事を務める。
感想
 東大卒・副社長というだけで、ルサンチマンの僕など反感を持ってしまう。(規模は違うかも知れないが、僕はゲーテのように、栄誉の峯を渡った人に信頼感を置かない)。
 第3句集の「能登の蛙」には、1読して意の通じない句が多い。意を察せよ、という態度だろうか。
 僕はこれより、山頭火、放哉の句を好む。
 74歳で俳句を捨て、評論・小説に走ったのは、俳句に救いを見出せなかったのだろうか。
 90歳で老衰死している。疲れた魂に安らぎを、という思いは僕にもある。
引用
 以下に5句を引く。
悼むとき西日の色を分ち合ふ(家内の母逝去)
燈台の亀裂無人の菫濃し
蝸牛わが薄情の四十面(づら)
栗買つてより刑場へ道絞る
蓮の露しづかに今日をしまひたし
0-100
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。




 

IMG
 短歌結社「覇王樹社」の歌誌、「覇王樹」2017年12月号を、ほぼ読み了える。
 
歌誌の到着は、先の11月29日の記事にアップした。
 なおスキャンして取込んだ表紙が、先の記事では露出補正が足らず、地の白色に紛れそうだったので、今回は更に暗くした。元は白地である。
概要
 2017年12月1日付け・刊。A5判、39ページ。
 同人3クラスは、出詠6首のまま掲載、会員・準同人は出詠8首より6首選で掲載される。
 10首詠4名、力詠15首2名の他は、社友に掲載歌数の差はなく、平等である。
感想
 入社する時、会員、準同人、同人、どのクラスでも入れる、と知らされた。選歌のある、準同人に入って良かったと思っている。ルサンチマン(?)の僕なぞ、無選歌の同人に入っていたなら、どんな歌を詠んだか知れない。
 付句・題詠を全員より募集しているが、よほどの疵がないなら採られるようで、楽しみである。

 ホームページ「短歌の会 覇王樹」の更新も早く、すでに「作品紹介」など、12月号版になっている。僕の1首も載っていて、歌誌を読むのとは違う励みになる。
引用
 巻頭・八首抄より、M・照男さんの歌。
ダンプ行きクレーンも動く現場には明治の木屑昭和の破片
 古民家の解体作業だろうか。現場を描写しつつ、昭和から遠く明治まで、時代を掬っている。
 覇王樹集の特選1編、K・いつもさんの「インド更紗」6首より1首。
湯上りのインド更紗のワンピース優しく淡く友を想いぬ
 「優しく淡く」は、着心地にも、友の性格にも、友を想う気持ちにも、3つに掛かっているのだろう。




↑このページのトップヘ