風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

主人公

IMG_20190821_0001
 青木祐子のシリーズ小説、「これは経費で落ちません!」第5巻を読み了える。
 購入は今月22日の記事、同・第5、6巻で報せた。
 第4巻の感想は、昨年8月19日の記事、同・第4巻を読むにアップした。

 同・シリーズの主人公は、天天コーポレーションの経理部員、森若沙名子だけれども、この1冊は彼女をめぐる5人を主人公とした、スピンオフ作品群である。
 経理部に異動したばかりの佐々木真夕の「初恋アレッサンドロ」。ビジュアル系バンドのファンだが、仕事に充実を感じ始める。
 優れた営業部員・山崎柊一の闇を描く「カラークリスタル」。
 40歳となり、婚活を焦り、関係業者にお金の貸しのある、平松由香利の「ゾンビと嘘と魔法の笛」。結局、貸金は戻る。婚活は進むが、家の母が留まってほしがっている。
 営業部企画課の中島希梨香を描く、「それでもあたしは男っぽい女」。卑劣な課員・課長、ダメ課員と闘って、自分の企画の第2弾を奪い返す。

 38歳・独身の経理部員・田倉勇太郎の内面を描く、「三十八歳の地図」。第4巻での難題の1つ、織子との社内不倫を解消する。

 第4巻までで、トラブルの解決がなかった点を、明らかにした。
 それでもサラリーマン・サラリーウーマンは大変だ。
 第6巻を含めて、70万部突破のヒット作品である。



 沖積舎「梅崎春生全集」第3巻(1984年・刊)より、4回めの紹介をする。
 同(3)は、先の5月1日の記事にアップした。
概要
 今回は、「春の月」、「A君の手紙」、「カロ三代」、「服」の、4編を読み了えた。
 「春の月」、「A君の手紙」は中編、「カロ三代」は短編、「服」は掌編と呼べるだろう。
感想
「春の月」

 出会った人物ごとに、主人公が次々に移る。下宿の追い立てをくらっている男、倒産する社長、流しのバイオリン弾き、流行らない薬局の店主、等、冴えない男ばかりを描いている。主人公の移るのは新手法かも知れないが、です・ます調なのが惜しい。
「A君の手紙」
 老人の2通の手紙(書簡体)より成る。小説家に話題提供の代わりに、お金の無心と、返済延期の申し出である。登場人物が貧しく、無気力な、世の1画を描く。
「カロ三代」

 三代めの飼い猫・カロを敵視して、竹の蠅叩きで追い回す話である。しまいに隣家の天井裏で死んでいる所を発見される。夫人から「あんたがあまりいじめるから、カロは自殺したのよ」と責められる。梅崎春生は、猫的性格から、猫を嫌ったのだろうか。
「服」
 自分によく似る(服装、境遇)人物と、近くに居ねばならない苦痛、というこれまで繰り返されたテーマの復習というか、まとめのような掌編で、全集で実質2ページである。よく似た境遇の大衆の憎しみを、作家は感受しているようだ。
 4編とも、当時の市井の1画を、捉えたようだ。
0-44
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ