角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、11番目の句集、香西照雄「対話」を読み了える。
 今月15日の記事、
稲垣きくの「榧の実」に次ぐ。
概要
 原著は、1964年、星書房・刊。中村草田男の長文の序、646句(1282句より、本書のため自選)、年譜、あとがきを収める。
 1938年~1963年の句を、第1部(1938年~1945年)、第2部(1946年~1955年)、第3部(1956年~1963年)の3部に分ける。
 香西照雄(こうざい・てるお、1917年~1987年)は、東大「成層圏」時代より中村草田男に師事し、1946年の「万緑」創刊に参加。
 中村草田男を補佐し、(没後の選者として)後継した。また「竹下しづの女句文集」の編集・発行等も業績とされる。

感想
 中村草田男の「人間探求派」であり、桑原武夫「第二芸術論」の時代を経て、現代俳句の道を行った。
 ただ二物衝突どころか三物衝突(例えば「祭り笛獅子頭めきバスが来る」)と思われる句がある。1句に多くを詰めこみ過ぎて、難解、字余りの句もある。
 現代の総合的な句風に至る過程だったのか。
引用
 以下に5句を引用する。
あせるまじ冬木を切れば芯の紅
母の咳妻の歯ぎしり寒夜の底
鬼百合や妻が少女となりし家
紫雲英道幾筋断ちて基地始まる(伊丹基地にて)
遠のけば白鳥まぶし稼ぐ妻よ
0-41
写真ACの「童話キャラクター」より、「桃太郎」のイラスト1枚。