風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

俳句大系

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、11番目の句集、飯田龍太「忘音」を読み了える。
 今月4日の記事、
上田五千石「田園」に次ぐ。
 また同・大系・第10巻に載る飯田龍太の第1句集
「百戸の谿」は、先のブログ「サスケの本棚」の、2015年12月9日の記事にアップした。
概要
 「忘音」の原著は、1968年、牧羊社・刊。355句、著者・あとがきを収める。同・句集により、読売文学賞・受賞。
 飯田龍太(いいだ・りゅうた、1920年~2007年)は、1962年、俳誌「雲母」主宰を父より継承していた。
 1992年6月、自ら「雲母」を900号で終刊、以後には俳句の発表がない。
感想
 3人の兄たちの病死・戦死により、飯田家を継ぎ、「雲母」を継いだが、俳句・俳誌への愛憎は深かったと思われる。
 この時期、時代的な事、継承の事で、やや句境が濁っていたように感じる。「きさらぎは薄闇を去る眼のごとし」など、僕には意味不明の俳句もある。
 後には、三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)に引かれた例句のみだが、澄んだ豊かな句境を回復したようだ。
 没後、全集が刊行されている。
引用

 以下に5句を引く。
裸子のよろこびくだる秋の谷
餅を切る夕凍てのなほつのりつつ
ひとりゆく空耳山のすみれ草
抱へたる屑籠軽し閑古鳥
返り花落葉いちにち急ぐなり
0-72
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、6番目の句集、三橋敏雄「まぼろしの鱶」を読み了える。
 先行する句集、
山田みづえ「忘」は、先の2月21日の記事にアップした。
概要
 原著は、1966年、俳句評論社・刊。321句、著者・後記を収める。
 三橋敏雄(みつはし・としお、1920年~2001年)は、1937年~の同人誌「風」、京大俳句で活躍するも弾圧に拠り、1941年よりグループで古典研究に入る。1943年・従軍。
 戦後、練習船・事務局長等として長く船上勤務、1948年より作句再開、「断崖」、「天狼」等に拠る。晩年まで無季俳句の可能性を問い続けた。
感想
 旧作も収めるが、作句再開後の俳句が多いようだ。練習船の船上生活は、海の放浪者だろう。復員船、戦没者遺骨収集、シベリア抑留者引揚げ、等に関わる。
 それでも、落ち武者のごとく(僕の第4詩集「詩集 日々のソネット」に収めた「落ち武者」のように)、田舎に定住者として賤職を全うした者とは、感覚が違う。妻と離別し、娘二人を親に預けた生活感情も。
引用

 以下に地上での作より5句を引く。
いつせいに柱の燃ゆる都かな
凍る夜へ没しゆく貨車引張られ
霜咲かせ戦屍のやうな行倒れ
咆え牛に山彦戻る春あかつき
釘買つて出る百貨店西東忌
0-34
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、2番目の句集、千代田葛彦「旅人木」を読み了える。
 先行する
古賀まり子「洗禮」は、今月15日の記事にアップした。
概要
 原著は、1964年、琅玕洞・刊。水原秋桜子・序、555句、著者後記を収める。
 千代田葛彦(ちよだ・くずひこ、1917年~2003年)は、台湾・生、1934年より作句。
 1946年・引揚げ、中央大学法学部に晩学、教職に就いた。
 1950年、秋桜子「馬酔木」に参加。
感想
 「旅人木(りょじんぼく)」は、第1句集である。全体を4部に分け、敗戦後の1946年の句より始まり、最後第4部に引揚げまでの句を62句のみ載せている。戦前の句より戦後へ続いた、1部の句集より好感を持てる。
 また戦後派らしい清新さがある。
 比喩の句も多く、「幹たちにささやかれ来て月夜なり」、「昃りて土筆のことば聞き洩らせし」などの暗喩で、「~のような」の直喩に安易に直せない、斬新な句がある。
 60年安保闘争に就いて「全学連など世の騒々しきに」と詞書して「葭切の眼下が暗し暗しと鳴けり」1句のみがある。俳人は、その闘争にあまり関心が、無かったのだろうか。
引用

 以下に5句を引く。
仮住みの寒波いたらぬところなし
幹うつて落葉は迅し故郷なし
木移りに鵯が導く屍の担架
冬の卵亨くまぶしさに声をあぐ
凩を父流水を母の声
0-11
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ