風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

俳紙

CIMG1270
 今月20日の記事「1冊、1紙、1部」のうち、2番目の俳紙を紹介する。
 ネットプリントの俳紙、
「セレネッラ」第十七号・冬の章である。
 
同・第十六号は、今年6月19日の記事にアップした。リンクより、十五号まで遡れる。
概要
 3名の俳人がまず、題を付けて6句ずつを掲げ、その下に新企画「写真俳句」第1回として、小さな写真を挙げ3名がエッセイと締めの1句を付ける、という体裁である。これまでの客演俳優は中止のようである。
感想
 句風の違いは、これまでの生活、俳句の学びの場が違っているのだろう。
 写真俳句の句が面白いのは、読者がエッセイの説明に助けられる面があり、また作者側も思いを縷々述べた後なので、力の抜けた句が成るのかもしれない。
 僕は毎日、ブログ「新サスケと短歌と詩」で発表を続けているので、ネットプリントの必要はあまり感じないけれども、合同で紙に残るものを、と企図すると、ネットプリントは有力である。
引用

 以下に1句ずつ引く。
 金子敦さんの「一期一会」6句より。
コンビニのありし辺りに狸来る
 田舎にコンビニが出店したが流行らずに撤退し、狸が出て来るという山里が、現代の1面としてよく表わされている。
 中山奈々さんの「ここ」6句より。
奥歯軋ませ凩ががここにここに
 奥歯を強く噛んで、危機に耐えている様が、句跨り、字余りにも想われる。
 中島葱男さんの「守護霊」6句より。
白菜の芯に宿りしアフロディテ
 白菜の中に美神を見出して、生活性、国際性、純粋性を得ている。



IMG_20181219_0004
 最近に入手した、1誌、1紙、1部を紹介する。入手順にアップする。
 まず季刊同人歌誌「COCOON」Issue10が送られて来た。
 短歌結社「コスモス短歌会」内の、若手歌人(1965年以降生まれ)が集まっての同人歌誌である。
 2018年12月15日・刊。A5判、87ページ。上質な紙を用いている。

CIMG1270
 FB上を閲覧していた所、金子敦さんたちのネットプリントの俳紙「セレネッラ」第17号冬の章の配信を知り、ローソンの多機能プリンタで引き出して来た。2018年12月20日付け・刊。A4判1面1枚。
 案内では1部60円だったが、プリンタのデフォルト表示、ツヤ付きにすると、120円だった。用紙が厚いから、この方が扱いやすいと、負け惜しみを言ってみる。
 写真は、全体を示してなおかつ転用を避けるため、ある前例に倣った。

CIMG1269
 ブロガー、プロマンガ家としてご活躍の、あかつきりゅうさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」、12月9日の記事「インスタフォロワー様一万人突破記念プレゼントのお知らせ」より、インスタ枠7人、ブログ枠3人のブログ枠3人に、ツイッターで応募して(すでに応募は締め切られている)当選し、あかつきりゅうさんが送ってくださった、2019年の12ヶ月セットカレンダーである。写真は表紙で、2018年12月分のカレンダーである。
 あかつきさん作成のカレンダーを、プレミア目的に保存しようかとも思ったが、あかつきさんの本意でもないだろうので、毎月カレンダーを入れ換えて卓上で用い(ブログにもアップして)、1年後より永久保存としたい。
 写真は、プリンタ上のカレンダーである。数詞は、ネット検索に依り、「部」とした。


CIMG9502
 フェイスブック上に情報が流れて、ネットプリントの俳紙「セレネッラ」第15号・春の章の発行を知り、3月16日の午後に、近所のローソンで取り出した。
 ネットプリントは、今月7日の歌紙
「ゆふぎり」以来である。
概要
 セブンイレブン以外のコンビニでは、ユーザーNo.がQ1QGM84475。期限・3月31日。
 カラー、両面印刷、B4判1枚。60円(僕は両面印刷が出来ず、急いでいたので2枚印刷し、120円)。
 会員3名と、客演俳友1名が、各6句、それにエッセイ「私の好きな季語」、会員3名の寸感が載る。
 カラーの絵が所々にあって、贅沢感を出している。
感想
 俳風の違いというより、感性の違いは明らかだが、俳句への情熱が仲間を結ぶのだろうか。
 僕もかつて、「螺旋」という同人詩誌(60号まで出して休眠)に属していた。合本を時々手に取って、読むのだけれども、詩の形は幼いものから泰然としたものまであるが、夜10時まで編集会議をし、最も刊行した頃は隔月刊となって続けられたのは、同人の詩へ賭ける情熱があったからだろう。
 俳句を続けられるのは、生の危機感があるようだ。
引用

 1人1句を引く。
 悪友 金子敦
宣誓の子は変声期風光る
 羊帽子 中山奈々
春禽となれ濃く描く眉がしら
 ヘッドフォン 中島葱男
ヘッドフォン当てて胎児となる朧
 きりん 後閑達雄
小松菜にきりんは首を下ろしけり




↑このページのトップヘ