風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

全国大会

IMG_20190526_0001
 所属する結社歌誌「覇王樹」の2019年6月号を、ほぼ読み了える。
 到着は、先の5月27日の記事、入手した5冊と1誌の末尾にアップした。
 同・5月号の感想は、先の5月5日の記事にアップした。リンクより、過去号の記事へ遡れる。
概要
 作品掲載は順調である。
 以前にも紹介した、「私の選んだ十首」欄3名分があり、古城いつもさん(フルネーム記載は彼女の要望による)の(四月号)選に僕の1首が入った。
 今年11月、大阪市内での全国大会の参加募集があり、僕も付属ハガキで出詠1首と共に、応募した。
 また来年の100周年の記念号、記念事業の詳細も固まりつつあり、僕は自選の歌1首を出詠した。
 ホームページ「短歌の会 覇王樹」も、5月27日には6月号の装いで、大いに励ましてくれる。
感想

 2首の引用を寸評して、感想に代えたい。
 「爽什」のK・南海子さん「森に降る雨」6首より。
回り道幾つも重ねゆくポスト今日唯一の外出なれば
 職をリタイアすると家に籠もりがちで、僕も近くのポストへゆく事が唯一の外出となる日がある。そして近所を一回りして散歩とする。
 「大翼集」のI・正太郎さん「時差ありて」6首より。
在米の曾孫とLINE歳問へばThreeと応ふ 地球儀繰りぬ
 ライン、スカイプ等、世界は狭くなったが、ネットでのもどかしさが、地球儀を回させたのだろう。


IMG_20181128_0001

 結社歌誌「覇王樹」2018年12月号を、ほぼ読み了える。
 
到着は今月2日の記事で報せた。リンクより、過去号の記事へ遡り得る。
概要
 2018年12月1日付け・刊。
 代表・発行人、佐田毅氏。編集人、佐田公子氏。
感想
 36ページの中に、社員の元気が漲っている。通常の歌ページでは、会員・準同人が8首出詠・6首掲載、同人が6首出詠・6首掲載と、同人誌に近い掲載方法にも因るのだろう。
 巻頭の8首抄、爽什6首×10名、師走10首詠×4名、力詠15首×2名、入門の覇王樹集、紅玉集にはそれぞれ1名の特選など、名誉ある欄があり、励みになる。
 またホームページには、今月の選歌1首30名があり、ネットを観る者にはとても励みになる。ホームページは毎月の更新が迅速で、通常ページも覇王樹・史、歌集・紹介など充実している。
 代表・発行人の今号の巻頭言では、今年の全国大会日が台風24号と重なり、参加者は多くなかったようだ。
 来年の大阪での全国大会には、是非参加したい。再来年の100周年記念全国大会は、東京で催されるだろうが、参加したい。僕のひどい地理オンチと方向オンチ、腰の弱りを越えて。



 

IMG_20180104_0002

 結社歌誌「覇王樹」2018年1月号の到着を、載せ忘れていた。昨年12月28日(木曜日)に届いた。
 ほぼ読み了えたので、ブログ記事にアップする。表紙写真は、補正で暗くしてある。
 
同・2017年12月号は、昨年12月4日の記事で紹介した。
概要
 2018年1月1日付け・刊。46ページ。表紙絵が新しくなった。
 各クラス掲載欄以外に、巻頭「八首抄」8名各1首、「爽什」10名各6首、「10首詠」4名各10首、「力詠15首」2名各15首、がある。
 昨年10月1日に、京都市で催された「第59回覇王樹全国大会『歌友のつどい』報告記」が、モノクロ写真をまじえ、8ページにわたって掲載されている。僕は事情で参加できなかった。
感想
 僕の(8首出詠より)6首選、題詠・付句(各1首)、「紅玉集展望(11月号)」の2首・被批評、「私の選んだ十首(十一月号)」に取り上げられた1首を、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
昨年12月29日の記事より、順次小分けに(横書きながら)掲載中である。
 昨年5月号からの募集評論の年間テーマが「自然」で、人事詠に強い関心を持つ僕は、応募しにくい。
 ホームページの更新が早く、元旦にはこの1月号よりの短歌が載った。
引用
 佐田毅氏・公子氏ご夫妻のご子息が逝かれ、毅氏は長歌と反歌2首、公子氏は「歌はざらめや」10首の、挽歌を載せた。
父母を慕へどつねに逢へざる子 病膏肓に入り逆縁となる(佐田毅氏)
「充君よく頑張つた」と言ふ医師に深々と頭垂れて礼(ゐや)する(佐田公子氏)




 

↑このページのトップヘ