kindle本「橘曙覧全歌集」を読み継いで、第4集「君来艸(きみきぐさ)」を読みおえる。
 橘曙覧(たちばなのあけみ)は、有名な連作「独楽吟」に惹かれて、貧窮生活を平明に読んだ歌人と思われがちである。
 しかし以下に引く4首めや、連作「赤心報国」7首など、国学者の面も強い。
 また藩主よりの召し抱えの要請を、撥ね付ける程の一途さもある。
 以下に5首を引く。
人あまた来入りつどひて夜昼と千代よろづ代ににぎははむ家
秋のきくおのづからなる花は見でうるさく人の作りなす哉
戸をあけて還る人々雪しろくたまれりといひわびわびぞ行(ゆく)
神国(かみぐに)の神のをしへを千よろづの国にほどこせ神の国人(くにびと)
まのあたりたよりよげなる事がらも後(のち)に到りてさあらぬが多し
栗4
フリー素材サイト「Pixabay」より、栗の一枚。