風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

冬至南瓜

CIMG1273
 昨日、12月22日は、今年の冬至でした。
 朝、食卓に柚子(?)と冬至南瓜が置かれていて、それと気づく迂闊さです。2つとも、妻の用意したもの。それでも冬至南瓜を少し食べ、柚子の半分を湯に浮かべ、健康を願いました。
 短歌を2首創りましたので、以下に記します。
卓上に小豆南瓜と柚子とあり今日が冬至と知るうかつ者
柚子湯より一顆を取りて握り締む酸ゆくて苦き香りのたちぬ

 写真は今朝に撮った残り物です。
 今日も冬至南瓜を食べ、柚子湯に浸ります。


 拙作1首より。「朝遅く起きてタッパーより食べる妻の情けの冬至南瓜」。
 12月22日(金曜日。冬至)に起き出すと、冬至南瓜を作って、タッパーに入れてあり、ありがたく食べました。季節の節目の食事は良いものです。
 鍋に残っていた分は、妻が食べてしまって、写真がありません。

CIMG0624
 他の方のブログで、焼き芋の記事を読んだので、妻に買って来てもらいました。小ぶりですが、お八つには丁度良く、ストーブの上で焼いてもらって、食べています。残りは、写真の2本のみとなりました。
CIMG0625
 貰い物の柚子(?)3個で、柚子風呂に入りました。小さく、柚子かどうかわかりませんが、柑橘系で、風呂では高く香りました。
CIMG0619
 妻が職場より、12月22日(金曜日)に、骨付き鶏肉5本を頂いて来ました。
CIMG0622
 また同じく、クリスマスケーキ(ブッシュドノエル?)を頂きました。
 所長さんは、仕事には厳しいが、色々気遣ってくださる方のようです。
 クリスマスイヴの日の昼には、妻の退院後、初めて焼き肉屋さんへ行く予定です。
 好い週末となりそうです。


↑このページのトップヘ