風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

北野神社

a・神社の晴の日
 10月21日(第3日曜日)の朝より、町内の北野神社の秋祭が催された。
 神社の1年1度の、晴れの日である。
 早朝に七五三、厄払いの神事のあと、太鼓打ちを乗せた軽トラック(飾り立てた)を先導に、お神輿が出発した。
 上の写真は、そのあとの景で、秋の好天に恵まれた。

b・巡行をおえたお神輿c・おかめひょっとこ・ダブル太鼓

 初めの写真は、申し込みのあった家の前で予祝をした、お神輿の帰還した姿である。4人手持ちの型。
 午後は境内で、アトラクションがあった。
 特設ステージで6名の大正琴合奏のあと、竜神太鼓の披露があった。壮幼男女、色々パターンがあったが、肖像権の関係で、「おかめひょっとこ・ダブル太鼓」の1場面を、あとの写真に挙げる。
 境内では、焼き鳥、酒饅頭、ヤキソバ、綿飴、他のバザーがあり、子供を含め皆が楽しんでいた。
 アトラクションはこのあと、サックス演奏、よさこいイッチョライ、抽選会などが予定されていたが、体力の持たない僕は帰宅した。



CIMG9128

 昨日(10月16日、第3日曜日)、秋晴れのもと、町内の北野神社の秋祭りが行われた。
 午前は、神社で神官により神事、厄払い、七五三祈願があった。
 そのあと正午まで、お神輿の巡行だった。
 上の写真は、軽トラに乗ったお太鼓巡行の、一休みの場。

CIMG9126
 お神輿はごく小さく、町内の家(前以って申し込んだ所のみ)の庭で、4~5人が取っ手を握って揉み、招運来福を祈願する。
 神官のお祓い、天狗役の破邪の槍突きも受ける。
CIMG9138
 午後は北野神社の境内に、特設ステージを設けアトラクションを、ブルーシートを敷いた観客席から楽しむ。
 自治会長の挨拶のあと、「ささゆり会」により、大正琴が演奏された(上の写真)。町内のお年寄りをおもに、帰省した娘息子孫を含め、客は多かった。
CIMG9140
 次に「北野竜神太鼓」(子どもを含む)の和太鼓が演奏された(上の写真)。横笛も吹く、町内のTさんが指導している。
 このあと、歌謡ショー、よさこいイッチョライ、閉会挨拶と抽選会で、午後3時半までの予定だった。僕は歌謡ショーの途中で、帰宅した。




↑このページのトップヘ