風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

句集

高浜虚子 六百句
読み了えるまで
 Amazonのkindleより、高浜虚子「六百句」(底本・1947年・刊)を先の7月20日にタブレットにダウンロードし、読み了える。kindle unlimited版ではなく、無料kindle版で、kindleを読めるアプリが入っていれば、どの端末でも読める。
 五百句、五百五十句もあったが、それらは読んでいて、六百句のみを読んでいないと思っていた。

確認すると
 しかし既読の2集の根拠を確かめようと蔵書を探すと、筑摩書房版・現代日本文学全集・66・高浜虚子集(1957年・刊)であるらしい。しかしその本の内容の題を読んで驚いた。五百句、五百五十句どころか、六百句、更に六百五十句まで入っている。「ホトトギス」の発行号数記念ごとの発行である。六百五十句まで読んだ記憶はないが、小説集を読み了えた記憶があり、俳句集も残した記憶はない。すでに1度、読んでいたのかも知れない。

 でも後悔の念はない。日本文学全集では3段組みだったのが、今回は1段組みで余裕があった。戦時中に、翼賛句を創らず、優れた俳業を成している(組織的、散文面は知らない)。


感想
 また僕の目に、それらの俳句が新鮮に映る。僕の目指す新しさが、それ位のものかと落胆するくらいである。短歌と違う面はあるかも知れない。危機の時代に沈潜して文学に執しようとすると、このような見方になるのだろうか。

引用と寸感
 ハイライトとメモの機能のある本だったので、マーカー線(紙本で言う)を引き、メモを残しており、以下に引用と寸感を書く。
在りし日の如くに集ひ余花の庵
 追悼の意と、現在の和み(遺徳であろう)が共に、吟じられている。
活潑にがたぴしといふ音すずし
 閑けさや、の句の現代版だろうか。
片づけて福寿草のみ置かれあり
 日本の余白の美感を、世相の家庭の中でも尊んだようである。
北嵯峨の祭の人出見に行かん
 花見客を少し蔑した、俳人の洒落であろう。
木々の霧柔かに延びちぢみかな(1945年11月)
 敗戦後の長閑さと、すでに戦後句の詩性という方向が現われている。



 

 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、17番目の句集、林翔「和紙」を読み了える。
 先の7月26日の記事、
野沢節子・句集「鳳蝶」に次ぐ。
概要
 原著は、1970年、竹頭社・刊。水原秋桜子・序、697句、著者・後記を収める。第1句集。
 林翔(はやし・しょう、1914年~2009年)は、1940年に水原秋桜子「馬酔木」に参加、1950年・同人。
 盟友の能村登四郎が1970年に創刊した「沖」に参加した。
感想
 この大系・13巻の月報に、林翔の1文「『和紙』の裏側」があり、同時期に出発した能村登四郎・第3句集「枯野の沖」にわずか遅れて、師・石田波郷の死に遭って急いで稿をまとめた実情、賞争い、など赤裸に語られている。
 句集には、1947年~1969年の、22年間の作品を、年次順に収める。
 有季定型の句に、戦後らしい詩性を現わす。
 慎ましい教師生活から生まれた句である。
引用
 以下に5句を引く。
草萌や並び坐るに足らぬほど
永き日ぞ勤めの母に待てる子に
羊肥ゆ尻辺腹辺の秋蝶に
夏痩も子自慢も似て貧教師
さくら咲き心足る日の遠まはり
0-98
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。




 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、16番目の句集、野沢節子「鳳蝶」を読み了える。
 今月17日の記事、
能村登四郎・句集「枯野の沖」に次ぐ。
概要
 原著は、1970年、牧羊社・刊。444句、著者・あとがきを収め、安東次男の月報を付す。
 野沢節子(のざわ・せつこ、1920年~1995年)は、敗戦前より俳句を発表し、1946年の大野林火「濱」創刊に参加、1971年「蘭」創刊・主宰した。
 第4句集「鳳蝶」により、読売文学賞・受賞。
 1932年、脊椎カリエスと診断され、1957年の完治まで、長い闘病生活を送った。
感想
 それまでの3句集、これからの句集を全く読んでいないので、既に「完成度が高まり、円熟した安定期に入っている」(同「大系」解説より)とされる句に、何の感想もない。師の大野林火がかつて「清純、清冽と讃えた」(三省堂「現代俳句大事典」、2005年・刊、「野沢節子」の項より)と読めば、そうかとも思う。
 牧羊社の「現代俳句15人集」の1巻。 1966年~1969年の句を収める。
引用
 以下に5句を引く。
ひとり身の九月草樹は雲に富み
師のまへの一語々々よ萩こぼれ
初音いま青空ひらく逢ひてのち
昼は人に言葉尽して夜の秋
言ふも悔言はざるも科(とが)寒の鵙
0-85
 写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、15番目の句集、能村登四郎「枯野の沖」を読み了える。
 今月13日の記事、
有働亨・句集「汐路」に次ぐ。
 また能村登四郎の第2句集
「合掌部落」は、同・大系・第11巻より昨年3月9日の記事にアップした。
概要
 原著は、1970年、牧羊社・刊。585句、著者・あとがきを収める。
 能村登四郎の略歴については、上記「合掌部落」の記事にアップしたので、ご参照ください。
感想
 「合掌部落」より、社会性俳句にも背を向け、次第に寡作となった。1961年、現代俳句協会より別れた伝統派(水原秋桜子の「馬酔木」同人だった)の「俳人協会」に属しながら、俳句の新しい可能性を模索追求しようとする立場(同・大系・解説に拠る)の相剋に苦しんで、13年ぶりの第3句集となった。
 俳人組織の分裂、「馬酔木」への忠節に苦しんだなら、まさに組織悪と呼ぶべきだろう。
 「枯野の沖」には、「死貝あまた捨てし夜にはか花ひらく」のような、助詞の省略にさえ苦しんだ吟がある。
 もっとも能村登四郎は、老年に差しかかるに連れ、発表作品を増やしたというから、悲観する事はない。
引用

 以下に5句を引用する。
種子蒔くや半農教師腰およぐ
血の音のしづまるを待つ単衣着て
枯るる色一瞬すさる母焼く火(同居の義母逝く)
廃船を焼く火が赤し梅雨晴間(勝浦)
四月炉に鮒を焙らむ火が育つ
0-97
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(「1980年・刊)より、13番目の句集、藤田湘子「白面」を読み了える。
 今月1日の記事、
大野林火・句集「潺潺集」に次ぐ。
概要
 「白面(はくめん)」は、藤田湘子(ふじた・しょうし、1926年~2005年)の第3句集。「途上」「雲の流域」に続く。
 原著は、1969年、牧羊社・刊。360句、著者・あとがきを収める。
 藤田湘子は、水原秋桜子の「馬酔木」の編集長にまでなりながら、俳誌「鷹」を1964年に創刊し、1968年「馬酔木」同人を辞退した。
感想
 本句集は、上記の2件の荒波の中で吟じられた。1962年~1969年の句を、年別によって章とした。
 字余り、句割れ等の技法が用いられる。それらを避ける事は簡単だったろうが、あえて用いて、伝統への、時代への抵抗を表わすのだろう。
 もちろん定型の句が多く、初期よりの抒情性を保っている。
 「風切って雪解野の日の近くあり」といった、主語・目的語のはっきりしない句があって、僕は戸惑う。
引用
 以下に5句を引くが、1968年、1969年の句よりは引かない。思い入れがあるので。
頬白に萱わけいづる雪解水
春に逝き埴輪のごとき父の顔
桜固き旅にて一夜睡り足る
木曾駒の冷えのさざなみ種下ろす
敵多く汗つよく頸太るなり

0-86
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、12番目の句集、大野林火「潺潺集」を読み了える。
 先の6月21日の記事、
飯田龍太「忘音」に次ぐ。
概要
 「潺潺集(せんせんしゅう)」は、大野林火(おおの・りんか、1904年~1982年)の、第8句集。
 原著は、1968年、角川書店・刊。432句、著者・あとがきを収める。
 大野林火は、1946年、「濱」を創刊、主宰。
 句集・評論の他、「俳句研究」、角川「俳句」等の編集長、俳句協会会長、俳壇・選者等として活躍した。
感想
 三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)の大野林火の項では、この句集を重視していない。角川書店・刊だったからの配慮か。
 字余り・句割れ等の句がある。ただし前衛俳句の、多くを詰めこもうとする所からではなく、散文化にゆこうとするものだろう。
 「老後初心」を宣し、老後まで日本各地の年中行事・桜の古木等を訪ね、研鑚を続けた。
 没後、全集(全8巻)が刊行された。
引用

 以下に5句を引用する。
青嶺聳(た)つふるさとの川背で泳ぐ
打ち興じ田楽食ふや明日別る
思はずの吐息にくもる冬の稿
萩刈られ庭の隅々までも雨
囀りの斑雪の上にはじまれり
0-84
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、11番目の句集、飯田龍太「忘音」を読み了える。
 今月4日の記事、
上田五千石「田園」に次ぐ。
 また同・大系・第10巻に載る飯田龍太の第1句集
「百戸の谿」は、先のブログ「サスケの本棚」の、2015年12月9日の記事にアップした。
概要
 「忘音」の原著は、1968年、牧羊社・刊。355句、著者・あとがきを収める。同・句集により、読売文学賞・受賞。
 飯田龍太(いいだ・りゅうた、1920年~2007年)は、1962年、俳誌「雲母」主宰を父より継承していた。
 1992年6月、自ら「雲母」を900号で終刊、以後には俳句の発表がない。
感想
 3人の兄たちの病死・戦死により、飯田家を継ぎ、「雲母」を継いだが、俳句・俳誌への愛憎は深かったと思われる。
 この時期、時代的な事、継承の事で、やや句境が濁っていたように感じる。「きさらぎは薄闇を去る眼のごとし」など、僕には意味不明の俳句もある。
 後には、三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)に引かれた例句のみだが、澄んだ豊かな句境を回復したようだ。
 没後、全集が刊行されている。
引用

 以下に5句を引く。
裸子のよろこびくだる秋の谷
餅を切る夕凍てのなほつのりつつ
ひとりゆく空耳山のすみれ草
抱へたる屑籠軽し閑古鳥
返り花落葉いちにち急ぐなり
0-72
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ