風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

句集

 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、15番目の句集、横山白虹「空港」を読み了える。
 今月20日の記事、
沢木欣一・句集「沖縄吟遊集」に次ぐ。
 実は2冊の間に1句集、安部完市「にもつは絵馬」があるが、飛ばした。定型でない。と言って種田山頭火や尾崎放哉のように自由律でもない。上句・中句・下句の体裁を保っている。破調なのだ。それに逆年順も困る。1句集、1歌集の間に成長を追って読み進むのも、自称「読み部」の楽しみである。
概要
 原著は、1974年、牧羊社・刊。1946年~1973年の句を、年別に、季節順に並べる。
 彼は戦前の新興俳句を出自とし、新情緒主義を標榜した。戦後の1946年から始まっている事は、敗戦を区切りとして好い。
感想

 なぜ28年もの間の句集を出すのか。僕も「コスモス」時代の20余年の歌集を計画しているが、僕のように無名ではないのである。横山白虹(よこやま・はくこう、1899年~1983年)は、1973年、現代俳句協会会長になっているのだ。戦中に心恥じる所があったのか。
 詩性を求めるのか、まれに比喩が見られ(「秋天にあらゆるビルが爪立ちす」など)、俳歌に(近ごろは詩にも)比喩を嫌う僕には、引っ掛かる。
引用
 以下に5句を引く。
木苺の花咲けりわが紆余の道
石鏃と冬日をもらふ片手の中
球撞きの一人一人が雪嶺見る
露霜の一夜に窶れストの旗
秋日没つ麦の穂型の噴水に(モスクワ3句より)

0-47
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、12番目の句集、桂信子「新緑」を読み了える。
 昨年12月17日の記事、
後藤比奈夫・句集「初心」に次ぐ。
概要
 原著は、1974年、牧羊社・刊。486句、あとがきを収める。第4句集。
 桂信子(かつら・のぶこ、1914年~2004年)は、日野草城に師事、「青玄」無鑑査同人となるも、草城・没後、1970年に辞し、俳誌「草苑」を創刊・主宰した。
 第1句集
「月光抄」(1949年・刊)については、同・大系第7巻より、前ブログ「サスケの本棚」の2013年8月30日の記事に引いた。
感想
 結婚して2年で死別、実家に戻り母と二人暮らし、就職、空襲、転勤、移住などの経験、また第1句集「月光抄」への批判等は、彼女の心を強くしたようだ。
 1954年、「女性俳句」を創刊している。
 女性が、男性俳人の古強者と伍して行くには、たいていでない苦労があったと思われる。失うものの少ない事が、強味だったろうか。
 句集の途中、1973年に、その残る母を失った。やや剛性の句風なのも、致し方ない成り行きだったか。
引用

 以下に5句を引く。
鉈つかう音炎天の寺の裏
霧に影うごき牡牛に昼の飢え
床下に空瓶乾く鮎の宿
わかさぎを薄味に煮て暮色くる
水仙を二三日見て旅に発つ
0-32
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。




 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、7番目の句集、川崎展宏「葛の葉」を読み了える。
 今月25日の記事、
広瀬直人・句集「帰路」に次ぐ。
概要
 原著は、1973年、杉発行所・刊。自序句1句、301句(1955年~1972年)、自跋、あとがきを収める。
 川崎展宏(かわさき・てんこう、1927年~2009年)は、加藤楸邨「寒雷」に参加。1970年、森澄雄「杉」創刊に参加。1980年、同人誌「貂」創刊、代表となる。
感想
 自跋で「俳句は遊びだと思っている」と述べて、人間探求派の「寒雷」と決別した。
 高浜虚子の花鳥諷詠を再評価し、拠り所とする。
 戦前育ちながら、嫌味がない。デリカシーに満ちていると評された。
 戦後昭和の生活を、微細に捉えている。
引用
 以下に5句を引く。
暑し暑し昼餉の瓜と醤油差し
松の花瀬戸物市を開かんと
西瓜食うて声変りをり中学生
海鼠食ひし男まぎれぬ街の燈に
ゴルファーらヘアピンのごと枯芝に
0-92
写真ACより、「フード&ドリンク」のイラスト1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、4番目の句集、西本一都「景色(けいしょく)」を読み了える。
 先の9月14日の記事、
安住敦・句集「午前午後」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、東京美術・刊。834句、あとがきを収める。
 西本一都(にしもと・いっと、1905年~1991年)は、「若葉」、「ホトトギス」に投句、後に「若葉」編集長、「白魚火」主宰。
 不思議な事に、西本一都の名前が、三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)にもWikipediaにも載っていない。美しい俳句を作ったのに、何か事情があるのかと、疑う程だ。
感想
 美を吟じた句に、稀に心境を吟じた句が混じる。余りに美に執着するので、美だけが俳句であるまい、美だけが芸術であるまい、と胸中に思ってしまう。経歴によって、俳句に執着した故もあるだろう。
 これだけの俳人が、歴史に埋もれるならば惜しい。
引用
 以下に5句を引く。
焼印の抜けんばかりに福杓子
佐渡びとの牛をあそばせ韮を摘む
紫陽花や任地変りしこと八たび(定年退職)
柿むくや徒食の爪ののびやすし
ああかくて胸に空洞蟻地獄
0-90

写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、3番目の句集、安住敦「午前午後」を読み了える。
 今月7日の記事、
原裕・句集「葦牙」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、角川書店・刊。416句、著者・後記を収める。第4句集。
 安住敦(あずみ・あつし、1907年~1988年)は、戦前より俳誌を転々としたが、敗戦直後の1946年、久保田万太郎を主宰に俳誌「春燈」を創刊した。1963年、万太郎・急逝により主宰・継承した。
 1972年、「午前午後」等の業績により、第6回蛇笏賞。1982年~1987年、俳人協会会長。朝日新聞俳壇選者(1986年まで)等。
感想
 1965年~1971年の句を編年体で収める。木下夕爾、久保田万太郎らを悼む句、娘を想う句、牡丹に執着する句(大連作が幾つもある)等、市井の生を吟じている。
 1968年頃より、勢いが増し、人を驚かす作がある。
引用
 以下に5句を引く。
冷房や理をもつて情封殺し
露けき戸そとより敲き子を起す
雛流し松籟これを悼みけり
妻は町にわれは牡丹と家に在り
墓の辺ややがて木の実の降る日来む(木下夕爾・7回忌)
0-95
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



CIMG9561
 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第14巻(1981年・刊)に入り、初めの句集、岡本眸「朝」を読み了える。
 今月24日の記事、第13巻しまいの句集、
福田甲子雄「藁火」に次ぐ。
概要
 原著は、1971年、牧羊社・刊。404句、著者・あとがき、富安風生・解説を収める。
 岡本眸(おかもと・ひとみ、1928年~)は、1951年、富安風生に師事、1957年、岸風三楼の指導を受ける。
 1980年、「朝」創刊、主宰。
感想
 彼女は、17歳での敗戦、父母の早い死、結婚するも子宮癌手術、結婚15年での夫の死(1976年)等の経歴を経て、俳句の真摯さを深めたようだ。
 善い娘さん、善い奥さんであったが、多くの苦難を経て、俳句へ執して行ったのだろう。
引用

 以下に5句を引く。
夕焼け居らんか母葬り来し墓地もかく
主婦に冬長し手首に輪ゴム溜め
落葉はげし主婦の座降りしわが肩に
父を焼く音に堪へをり指に汗
堪ふるべし髪洗ふ指強めつつ



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、19番目の句集、古舘曹人「能登の蛙」を読み了える。
 今月11日の記事、
飴山実・句集「少長集」に次ぐ。
概要
 原著は、1971年、竹頭社・刊。山口青邨・序、448句、著者・後記を収める。
 古舘曹人(ふるたち・そうじん、1920年~2010年)は、東京大学法学部・卒(東大ホトトギス会で山口青邨に師事)、後に会社・副社長、俳人協会・理事を務める。
感想
 東大卒・副社長というだけで、ルサンチマンの僕など反感を持ってしまう。(規模は違うかも知れないが、僕はゲーテのように、栄誉の峯を渡った人に信頼感を置かない)。
 第3句集の「能登の蛙」には、1読して意の通じない句が多い。意を察せよ、という態度だろうか。
 僕はこれより、山頭火、放哉の句を好む。
 74歳で俳句を捨て、評論・小説に走ったのは、俳句に救いを見出せなかったのだろうか。
 90歳で老衰死している。疲れた魂に安らぎを、という思いは僕にもある。
引用
 以下に5句を引く。
悼むとき西日の色を分ち合ふ(家内の母逝去)
燈台の亀裂無人の菫濃し
蝸牛わが薄情の四十面(づら)
栗買つてより刑場へ道絞る
蓮の露しづかに今日をしまひたし
0-100
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。




 

↑このページのトップヘ