風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

句集

 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、10番目の句集、富安風生「古稀春風」を読み了える。
 先行する
能村登四郎「合掌部落」は、今月9日の記事にアップした。
 原著は、1957年、龍星閣・刊。1954年~1956年の作品、638句を収める。
 富安風生(とみやす・ふうせい、1885年~1979年)は、「ホトトギス」へ投句、のち同人。俳誌「若葉」主宰。1974年、日本芸術院会員。
 三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)の「戦争責任論争」の欄には、高浜虚子、山口青邨、小野蕪子、水原秋桜子、加藤楸邨の名前と共に、富安風生の名前も挙がっている。
 ただしこの句集では、「ただ恃む若人等あり初茜」「一生の重き罪負ふ蝸牛」(注:「三ヶ日蝸牛爐をつひに出でざりき」の句あり)の心境だった。僕に親しみのもてる句が多かった。
 戦後のみでも「古稀春風」までに4句集があり、どのような俳風だったか、僕にはわからない。
 「古稀春風」には、旅行吟が多く、自負もあったようだが、遊興、句会出席等の旅が多かった。
 以下に5句を引く。
年寄の忘れぞめよと初笑
沈丁の香はきりきしの高きより
箸つけて裏谷の芹庭の蕗
麦痩せて渋民村の名もほろぶ
水堰きて泳ぐはいくさ知らぬ子等
クロッカス5
Pixabayより、クロッカスの1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、9番目の句集、能村登四郎「合掌部落」を読み了える。
 先行する
石川桂郎「含羞」は、先の2月11日の記事にアップした。
 能村登四郎(のむら・としろう、1911年~2001年)は、1945年に応召・除隊・教職に復職した。1946年「馬酔木」復刊と共に投句を再開、1970年に「沖」創刊・主宰した。
 原著は、1957年、近藤書店・刊。
 教師としての哀歓を吟じて歓迎されたという第1句集「咀嚼音」に次ぐ、第2句集「合掌部落」は、1954年~1956年、合掌造りで名のある白川村(当時、ダム建設反対の運動があった)や内灘等を訪れ、政治活動ではない社会性俳句を開いたと言える。
 受賞等は後年が多く、「同世代の俳人に比べてデビューが遅れた分、作家生命のピークが老境と重なった」とする論がある(三省堂「現代俳句大事典」2005年・刊、に拠る)。
 以下に5句を引く。
昼顔の他攀づるなし有刺柵(内灘)
日本海青田千枚の裾あらふ(輪島より千枚田へ)
大家族の椀箸あらふ露の井に(合掌部落)
わが諾のことば待つ子が炭火吹く(緊木)
登呂村も馬鈴薯の花も覚めしばかり(登呂麦秋)
椿5
Pixabayより、椿の1枚。



 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、8番めの句集、石川桂郎「含羞」を読みおえる。
 先行する
百合山羽公「故園」は、先の1月28日の記事にアップした。
 石川桂郎(いしかわ・けいろう、1909年~1975年)は、石田波郷「鶴」創刊号(1937年)より投句、1948年の波郷「馬酔木」復帰に伴って「馬酔木」同人。「俳句研究」「俳句」の編集長を経て、1964年より俳誌「風土」主宰。
 散文では横光利一に師事し、短編集「剃刀日記」他、俳人評伝「俳人風狂列伝」他がある。
 「含羞」は、1956年、琅玕洞・刊。1938年~1956年の、453句を収める。石田波郷・序、中村草田男・跋。
 貧困の中の家族を描いて、温かみのある秀作が多い、と思われる。
 以下にすべて戦後の作より、5句を引く。
栗飯を子が食ひ散らす散らさせよ
あまり寒く笑へば妻もわらふなり(一片の炭無し)
毛虫這ふごとき寡き銭(ぜに)渡す
芹摘む母もの濯ぐ妻晴れわたり
葛野萩薬餌提げ来て通ひ妻
040
写真ACより、チョコレートの1枚。多くの男性の意を表して。




CIMG9252
 沖積舎「車谷長吉句集」改訂増補版を読みおえる。
 
三月書房よりの取り寄せは、今月22日の記事にアップした。
 なおその時、彼の小説集「鹽壺の匙」を捜したが見付からなかったと書いたけれども、1月24日の内にその新潮文庫を見付けた。
 句集は、2005年・刊。約300句。自筆署名あり。
 車谷長吉(くるまたに・ちょうきつ、1945年~2015年)の俳句を、筑紫磐井は解説で、遊俳(やや余技めいた、浮世離れした句作)とし、業俳(専門俳人の句作)と異なるとする。車谷長吉の小説の素材から成っている、とするが彼の業は小説かと述べており、僕の読後感にも、因業な句は少なかった。
 以下に5句を引く。
大葬のしゞまを破れ寒鴉
名月や石を蹴り蹴りあの世まで
秋の蠅忘れたきこと思ひ出す
大根を洗ふ手赤し母は後家
風さかる二百十日の隅の蜘蛛



 

 京都の三月書房のホームページより、2冊を取り寄せた。いずれも「俳句本新本特価コーナー」よりである。
 僕はこのコーナーからかつて、「渡辺白泉全句集」、「上原占魚全句集」、「日野草城全句集」を取り寄せて読み、各句集ごとに前ブログ「サスケの本棚」等で紹介して来た。
CIMG9252
 まず「改訂増補版 車谷長吉句集」である。
 彼の小説集「鹽壺の匙」を文庫本で持っている筈だが、読んでいなく、今は見つからなかった。業を描いた作家の句集として、読みたかった。
CIMG9251
 次は「永田耕衣俳句集成」である。未刊句集を含む、没後の全句集のようだ。
 彼の句集は、角川書店「増補 現代俳句大系」第8巻より、第3句集「驢鳴集」を読み、前記「サスケの本棚」にアップしたのみである。
 2冊とも、同「特価本コーナー」に1度表われたが欲しくても買えず、今度2度めの出現があったので、この機会を逃がすと後がない、と思い切って買った。沖積舎・刊の再販本で、いずれも定価×4割+消費税(+送料)だった。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、6番めの句集、相馬遷子「山国」を読みおえる。
 先行する
柴田白葉女「遠い橋」は、先の1月17日の記事にアップした。
 原著は、1956年、近藤書店・刊。水原秋桜子・序、413句、石田波郷・跋、後記を収める。
 第1句集「草枕」より112句を採って「草枕抄」とし、その後の戦後の句を「山国」と章立てする。
 何回も述べるが、戦前の句と戦後の句を、並べて載せる心境がわからない。彼らの心情は、敗戦に激変しなかったのか。
 東大医学部の俳句会「卯月会」で水原秋桜子の指導を受け、軍医見習士官として出征し、戦後は故郷・長野県に開業医となった。
 秋桜子(本・大系の監修者の1人)の俳誌「馬酔木」(石田波郷も1948年に復帰)の、「高原俳句」グループとして、相馬遷子(そうま・せんし、1908年~1976年)は活躍した。優れた師兄、仲間を持つと、活動が大きくなるようだ。
 すべて「山国」の章より、5句を引く。
山峡に字一つづゝ秋晴るゝ
風邪の身を夜の往診に引きおこす
霧荒れてたゞ囀りを春となす
牛去りし泉に赤し九輪草
夕凍みに青ざめならぶ雪の嶺
白鳥2
「Pixabay」より、白鳥の1枚。





 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)より、第11巻(1982年・刊)の5番めの句集、柴田白葉女「遠い橋」を読みおえる。
 先行する
目迫秩父「雪無限」は、今月5日の記事にアップした。
 原著は、1956年、近藤書店・刊。
 飯田蛇笏・序、410句、西島麦南・跋、「あとがき」を収める。
 第2句集であり、第1句集「冬椿」(1932年~1947年の作品)より、100句を採っている。なぜ戦前の句を採るのか、わからない。
 柴田白葉女(しばた・はくようじょ、1906年~1984年)は、父・白嶺の期待を受け、共に飯田蛇笏「雲母」で活動した。1954年、「女性俳句」創刊に参加、1962年「俳句女園」創刊・主宰。
 父から娘に文学が継がれることは、幸田文、萩原葉子、井上荒野(共に小説家)などの、例がある事だ。
 妻、母の思いを、自然に表した句がある。
 すべて「冬椿以後」より、5句を引く。
冬ばらのしたたる紅に心飢う
風の中ゆくセルの手に新刊書
春の日のさしてすぐ消ゆ鏡うら
よそながら歓楽の灯にふれて秋
打水や妻子待つ灯へみないそぐ
焚き火3
「写真AC」より、焚き火の1枚。




↑このページのトップヘ