風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

句集

 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、2番目の句集、岩田昌寿「地の塩」を読み了える。
 今月10日の記事、
米沢吾亦紅「童顔」に次ぐ。
 「地の塩」は、1959年、竹頭社・刊。石田波郷・序、372句、後記を収める。
 岩田昌寿(いわた・しょうじゅ、1920年~1965年)は、9歳の時に母と死別(それ以前に父と生別していたらしい)。
 1938年に肺結核で清瀬の療養所に入り、俳句を投句、1940年より石田波郷の「鶴」に投句し頭角を現す。
 1949年に喀血、療養所に入るも精神錯乱状態になり桜ヶ丘保養院に移る。このとき連作「秋夜変」を成す。
 退院後、日雇い労務者となり、1959年に本句集を出版するも作句少なくなり、1965年、某精神病院で孤独死。ノートやメモは、残っていなかった。
 以下に5句を引く。
夕風の枇杷もぐ蹠仰ぎけり
合歓を見て残す言葉は何時言はむ
本売つて燕くるまで食ひつなぐ
囀や生涯日雇かも知れず
日雇のひと日父の忌夏痩せぬ
0-29
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



CIMG9402
 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊、写真は函の表)より、初めの句集、米沢吾亦紅「童顔」を読み了える。
 同・第11巻のしまいの句集、
久保田万太郎「流寓抄」に継ぐ。
 原著は、1959年、近藤書店・刊。水原秋桜子・序、447句、後記を収める。
 米沢吾亦紅(よねざわ・われもこう、1901年~1986年)は、大学卒業後、造船の世界に入り、のち名村造船所の重役となる。
 1931年、秋桜子「馬酔木」の虚子門よりの独立に従った。1956年「馬酔木燕巣会」結成、1958年「燕巣」創刊・主宰した。「人事句の名手、職場俳句の草分けとして活躍した」(三省堂「現代俳句大事典」2005年・刊、に拠る)とされる。
 句集は「寸樹抄(1945年以前)」、「浪々抄(1946年~1951年)」、「明日香抄(1952年~1958年)」の3章を立てるが、戦後の句のみより、以下に5句を引く。
空稲架に童乗りしが解きはじむ
寒釣の鮠がのこせし手のあぶら
山椒の一葉の味も山疲れ
若き水夫巷の暦提げ帰る
槻芽吹く子等にひゞかぬ氏素性



 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、最後の句集、久保田万太郎「流寓抄」を読み了える。
 このブログでは、先の4月18日の記事にアップした、
星野立子「実生」に継ぐ。
 この第11巻には、2句集の間に、林原耒井(はやしばら・らいせい、1887年~1975年)の第1句集「蜩」が入る。しかし大正13年~昭和33年の1293句と、いきなり古稀までの半生を語られるようで、読みおおせられなかった。
 久保田万太郎(くぼた・まんたろう、1889年~1963年)の「流寓抄(るぐうしょう)」は、1958年、文芸春秋新社・刊。60ページにわたる自伝が付されたが、この本では採っていない。
 戦後の句集「春燈抄」「冬三日月」からの抄出に、その後の自選句、合わせて1089句を収める。
 生前最後の句集で、没後に「流寓抄以後」「青みどろ」がある。
 前書の多い、生活(作家としてを含めて)俳句であり、親しみやすい。また老境に入って、周囲の文人・俳優の訃を悼む句が、とても多い。
 数の多い句集なので、以下に7句を引く。
懐手あたまを刈つて来たばかり
短命のためしのこゝに春日かな(武田麟太郎を悼む。)
みゆるときみえわかぬとき星余寒
また人の惜まれて死ぬ寒さかな(横光利一の訃に接す)
さしかけの葭簀うれしき端居かな(三日ほどおちつきて鎌倉にあり。)
しぐるるやそれからそれと用のふえ
まゆ玉や一度こじれし夫婦仲
(昭和三十一年を迎ふ。)
0-12
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。





CIMG9330
 福井県俳句作家協会の事務局より送って頂いた、年刊句集「福井県 第55集」を読み始める。
 同書の入手は、今月4日の記事
「届いた2冊」にアップした。本書の写真のアップは、今回きりとする。
 今回に僕が読んだのは、顧問・会長を初めとする役員35名と、名誉会員・参与20名の各10句、計550句である。
 これから30ページずつくらいに分けて、ここで紹介したい。
 さすが新しさを求め、情に分け入り、ときにユーモアを醸す。
 以下に3句を引く。
 I・秀雄さんの「終戦忌」10句より。
前をゆく櫓の音を追ふ舟遊
 M・和枝さんの「城淑気」10句より。
直線の十里街道夏つばめ
 K・逸子さんの「俳句の種」10句より。
大根蒔く俳句の種も蒔いておく



 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、12番目の句集、星野立子「実生」を読み了える。
 先行する
岸田稚魚「負け犬」は、今月8日の記事にアップした。
 原著は、1957年、玉藻社・刊。虚子の序、548句、虚子の跋、自跋を収める。
 星野立子(ほしの・たつこ、1903年~1984年)は、虚子の次女であり、父から期待されたようだ。
 素直、平明、軽やかな句風とされる。父の保護も厚かったが、父の面子を汚してはならない、という思いも強かっただろう。
 さりげない句材を選んだのは、生い立ちと共に、それが1因かも知れない。
 以下に5句を引く。
静かなる日向ぼこりをさまたげじ
わが庭の紅梅よしとききて病む
藤椅子に女こしかけ踵たて
朝寝して吾には吾のはかりごと
時雨るるや話し残せしこと文に

0-50
写真ACより、ケーキ・イラストの1枚。




CIMG9330
 最近に手許に届いた、2冊の本を紹介する。
 福井県俳句作家協会の事務局にお願いしていた、平成28年版・年刊句集「福井県 第55集」(2017年3月・刊)が3月31日に届いた。僕は第53集より、本代のみで送って頂いている。
 序文、4百数十名の各10句、俳句大会入賞句、各地区活動現況、等を収める。学びながら読み、少しずつここで報告したい。

CIMG9333
 「日本の古本屋」の某店より、岩波文庫「ヴィヨン全詩集」(1991年12刷)が4月2日に届いた。思ったより、本文が古びている。
 費用が意外と高くなった。本代700円+送料150円+振込料130円=980円と、千円近い。それに旧かな遣いだった。しばらくお蔵入りになるかも知れない。


 角川書店「増補 現代俳句大系」(全15巻)の第11巻(1982年・刊)より、10番目の句集、富安風生「古稀春風」を読み了える。
 先行する
能村登四郎「合掌部落」は、今月9日の記事にアップした。
 原著は、1957年、龍星閣・刊。1954年~1956年の作品、638句を収める。
 富安風生(とみやす・ふうせい、1885年~1979年)は、「ホトトギス」へ投句、のち同人。俳誌「若葉」主宰。1974年、日本芸術院会員。
 三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)の「戦争責任論争」の欄には、高浜虚子、山口青邨、小野蕪子、水原秋桜子、加藤楸邨の名前と共に、富安風生の名前も挙がっている。
 ただしこの句集では、「ただ恃む若人等あり初茜」「一生の重き罪負ふ蝸牛」(注:「三ヶ日蝸牛爐をつひに出でざりき」の句あり)の心境だった。僕に親しみのもてる句が多かった。
 戦後のみでも「古稀春風」までに4句集があり、どのような俳風だったか、僕にはわからない。
 「古稀春風」には、旅行吟が多く、自負もあったようだが、遊興、句会出席等の旅が多かった。
 以下に5句を引く。
年寄の忘れぞめよと初笑
沈丁の香はきりきしの高きより
箸つけて裏谷の芹庭の蕗
麦痩せて渋民村の名もほろぶ
水堰きて泳ぐはいくさ知らぬ子等
クロッカス5
Pixabayより、クロッカスの1枚。



↑このページのトップヘ