風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

同人詩誌

果実77号
 10月30日の記事「届いた4冊」で報せた内、4番目の、同人詩誌「果実」77号を読み了える。
 県内の教員・教員経験者を同人とする、息の長い詩誌である。
概要
 2017年10月、果実の会・刊。B5判、詩は1段組み、エッセイは2段組み、39ページ。
 6名が各1編~5編、計15編の詩を寄せている。またエッセイは2名2編である。
感想
 K・不二夫さんの「顔を洗う」は、「A国の顔は 時々洗う」…「B国の顔は」と「D国の顔は」まで続けて、各国の首長を批判するようだ。
 W・本爾さんの「あさきゆめみし」は、若い頃の挫折を想うのだろうか、「まだ夢の続きを見ているのだろうか/独り目覚めて/夜の明けるのを待っている」と結ぶ。
 F・則行さんの「おおきな かぶ」は、童話の読み聞かせを、童話風に描いた、新趣向である。
 T・篤朗さんの5編の内、「ろうそく」は幻の女性と対決する、幻想的な1編である。
 同人は総じて、私生活詩から脱していようと、もがくような努力を重ねるようだ。
 所々に主題に応じたイラスト・カットを配し、趣きを添える。

引用
 わかりやすく印象の残る、N・昌弘さんの「近すぎて」6連より、しまいの連を引用する。

わかろうとすることの大変さを
わかり合えたことの喜びを
噛みしめられる日々は何処


87
 先の10月30日の記事「届いた4冊」で報せた内、3冊目の、同人詩誌「青魚」N0.87をほぼ読み了える。
概要
 2017年10月25日、鯖江詩の会・刊。32ページ。参加者18名が、詩、評論を寄せている。
 B5判、2段組み。最近はほぼ年に2回の刊行を続けている。作品数に制限はない。
感想
 アメリカからワンベアー・H・幸子さんの詩「うどの大木」は、秋の花と木や、日本にはない植物回収車を描いて、風土を表わす。
 T・幸男さんは、「錯覚」を始め4編を、下段に写真・新聞記事切り抜きを添えながら、4ページの掲載である。東京都との往復(庭師として)は、82歳となり止めたようだが、彼の咆哮を聞き続けたい。
 K・大典さんは評論「戦前に回帰(文学は冬の時代に入るのか)」2ページで、時代への恐れを書いている。現に、僕の身近な詩人が活躍していたのに、詩を辞めてしまって、時代の影かと思ったものだ。
 A・雨子さんの評論「福井に生きた女性詩人」では、最近に逝いた福井の女性詩人2人を巡って、3ページあまりに渉って述べ、自説を展開する。
 僕のソネット(14行詩)4編は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、10月31日「言葉それぞれ」以降、わずかに改稿しながら毎日1編ずつ紹介している。
引用

 K・文子さんの「虫とバラ」では、薔薇に虫が付いていても放っておいたら虫がいなくなって、
「ああよかった
なんにもせずともすんだ
かわいい花をいっぱい咲かせてくれた
虫もいやな薬をかけられずにすんだ」
 と締めて、幸運な結果を描く。



覇王樹11月号
 最近に手許に届いた、4冊の書籍を、順番に紹介する。
 まず僕が所属する、結社歌誌「覇王樹」の2017年11月号が、10月25日に届いた。11月1日、覇王樹社・刊、36ページ。
 僕の特選6首・他は、もう1つのブログ、「新サスケと短歌と詩」の
10月27日付け記事より、順次アップしているので、横書きながらご覧ください。
詩集ふくい2017
 10月26日に、「年刊 詩集ふくい2017 第33集」が届いた。福井県詩人懇話会の年刊アンソロジーで、10月30日・刊。僕はソネット「戻る」1編を寄せている。
 「’16ふくい詩祭」記録と合わせて、197ページ。同・記録の写真の1部は、僕がコンデジで撮ったものである。

87
 僕の参加する同人詩誌、「青魚」No.87が、10月28日に届いた。僕はソネット4編を寄せている。それらは、ブログ「新サスケと短歌と詩」で、紹介したい。
 10月25日、鯖江詩の会・刊、32ページ。

果実77号
 同人詩誌「果実」77号が、10月28日に、同時に届いた。県内の教員・教員経験者を同人とする詩誌である。
 10月、果実の会・刊、39ページ。
 上記4冊とも、それぞれ読み了えたなら、ここで紹介したい。

CIMG9468
 ガレージ脇に咲く、桜草4株の1つをアップする。今のわが家で、唯一の花である。



 

詩誌
 今月1日の記事「贈られた2冊と届いた1冊」で、到着を報せた3冊の内、2番目の同人詩誌「角(つの)」第44号を紹介する。
追悼特集
 前記の記事で書いたように、今号は、先の6月10日に亡くなった、同人・岡崎純さんの追悼特集である。
 詩集「寂光」にて日本詩人クラブ賞、他、日本現代詩人会・先達詩人顕彰、1985年より「福井県詩人懇話会」初代会長を25年に渉って務めるなど、詩と活動は、敬愛をもって遇された。
 「詩抄」として5編、日本現代詩人会会長と、同誌の発行人K・久璋さんの弔辞を載せる。同人をおもに、15名16編の追悼文を載せる。岡崎純さんの「全詩集」の発行の近い事が救いである。
詩編・他
 それに続いて、8名8編の詩を発表する。
 N・としこさんの「今日一日(ひとひ)の」は、芝生の草ぬきの唄である。多くの闘いと苦難を越えて、詩境は明るい。最終第5連より、1部を紹介する。

よみましょか
うたいましょうか
それとも
ちょっとおどりましょうか
草たちの 青っぽい誘いにのって

 同誌の発行人で、弔辞も述べた、K・久璋さんが、研究2編のみで、詩を寄せていない。岡崎さんの逝去の衝撃か、続けて詩集を刊行した疲れか、僕にはわからない。


 最近に贈られた、詩集1冊、詩誌1冊、届いた短歌結社誌1冊を、紹介する。
 9月29日の記事
「贈られた2冊」に続き、近い内に2度の紹介である
詩集
 まず県内にお住まいの詩人・黒田不二夫さん(同人詩誌「果実」所属)が、第4詩集「キャベツの図柄」を贈って下さった。
 2017年9月20日、能登印刷出版部・刊。85ページ。

詩誌
 また県内にお住まいの詩人、N・としこさんが、同人詩誌「角(つの)」第44号を、贈って下さった。
 先だって逝かれた同人・岡崎純さん(福井県詩人懇話会の前・代表を長く務め、基礎を築いた)の、追悼特集である。
 2017年8月25日・刊。同人18名、48ページ。

歌誌
 僕が所属する結社歌誌「覇王樹」の、2017年10月号が届いた。
 僕の6首(出詠8首より選)や、題詠1首、被批評などは、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
9月30日付け記事より、順次紹介するので、横書きながらご覧ください。
 3冊ともそれぞれ、読み了えたならここで紹介したい。



↑このページのトップヘ