風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

名誉

IMG_20181128_0001

 結社歌誌「覇王樹」2018年12月号を、ほぼ読み了える。
 
到着は今月2日の記事で報せた。リンクより、過去号の記事へ遡り得る。
概要
 2018年12月1日付け・刊。
 代表・発行人、佐田毅氏。編集人、佐田公子氏。
感想
 36ページの中に、社員の元気が漲っている。通常の歌ページでは、会員・準同人が8首出詠・6首掲載、同人が6首出詠・6首掲載と、同人誌に近い掲載方法にも因るのだろう。
 巻頭の8首抄、爽什6首×10名、師走10首詠×4名、力詠15首×2名、入門の覇王樹集、紅玉集にはそれぞれ1名の特選など、名誉ある欄があり、励みになる。
 またホームページには、今月の選歌1首30名があり、ネットを観る者にはとても励みになる。ホームページは毎月の更新が迅速で、通常ページも覇王樹・史、歌集・紹介など充実している。
 代表・発行人の今号の巻頭言では、今年の全国大会日が台風24号と重なり、参加者は多くなかったようだ。
 来年の大阪での全国大会には、是非参加したい。再来年の100周年記念全国大会は、東京で催されるだろうが、参加したい。僕のひどい地理オンチと方向オンチ、腰の弱りを越えて。



 

IMG_20180227_0001
 結社歌誌「覇王樹」2018年3月号を、ほぼ読み了える。
 本誌の到着は、今月1日の記事
「入手した2冊」の、初めにアップした。
 またその記事より、2月号、1月号の感想へと、遡り得る。
概要
 2008年3月1日・刊。42ページ。
 巻頭の八首抄(8名)、爽什10名、弥生10首詠4名、力詠15首2名は、名誉である。
 散文では「覇王樹歌人の歌碑(15)」、W・茂子さんの「落とし文考(39)」、S・素子さんの「後水尾院時代の和歌41」と順調である。
感想
 通常の短歌作品の他、先々月号の作品の批評が載ってありがたい。僕の属する「紅玉集」の場合、毎月に1、2首を批評して下さる。また社員が、短歌大会入賞、綜合歌誌等に歌を寄せた場合、再掲してもらえる。
 「受贈歌集歌書紹介」では、3ページ余に渉って9冊を紹介した。
 「他誌拝見」では、6歌誌より、5首ずつを引いている。
引用
 付箋を貼ったのは、「覇王樹集」のT・富士子さんの「孫」6首から、2首である。
しゃがみこみ珍しそうに落葉取りママに渡した公園デビュー
婿の父孫を眺めて呟けりあと二十年生きていたしと
 孫を描いては客観写生的であり、外祖父の厚い心情を主情的に捉えた。
 僕が孫の歌に惹かれるのは、一人息子が遠い地で結婚、孫を待つ心があるのだろうか。WINKでも良い、とは思うのだけれども。


 

↑このページのトップヘ