風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

喫茶店

 11月28日(第4木曜日)の午前9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まり、短歌研究会B第38回を持った。
 前夜には早寝して、自信があったので、Mさんにモーニングコールを頼まなかった。早く覚めて、少しネットをしたあと、外出の用意を始めた。


 先行する同・第37回は、先の10月30日の記事にアップした。
 


 短歌研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 今回は、183ページ、歌集「藤棚の下の小室」(1972年・刊)の、1965年「終戦二十周年」の章よりである。
「終戦二十周年」の章
 10首は、新年詠として、歌誌に求められた作品だろう。
 1首めの4句「しろたへの塩」の、「しろたへの」は枕詞だけれども、「しろたへ」には「白い色」の意味がある。
 3首めの中句「おもほゆる」は「おもほゆ」の連体形だけれども、強調の終止である。
 4首めの4句「元旦の闇」を見るのは、大晦日にも執筆で徹夜したのだと思われる。
 184ページの1首め「かがやける炎を見れば」の歌は、歌集「小紺珠」の「一本の蠟燃しつつ~」の歌、歌集「日本挽歌」の「蠟燭の長き炎のかがやきて~」の歌を想わせる。
 2首めの2句中句「桃咲きている山の丘」は、のどかだから日本の丘だと僕は思ったが、2人は従軍中の記憶かも知れないと述べた。

「陶のごとき」の章
 185ページに入って1首めの結句「道の声する」は、「道ゆく人の声がする」の意味である。
 ベトナム戦争を詠んだ歌があって、戦争に敏感である。
 4首めの上句中句「おほよその行手(ゆくて)見えきし悔しさの」は、健康的には下降に移るが、歌人としては名誉が待っていて、僕には解せない。
 186ページに入って、1首めの「泛く」は「うく」と読むのだろう。「黒鳥」と「人の喪」は、付き過ぎだという意見があった。
 3首めの中句下句「飛行機の窓に見てゆく春蘭抱きて」は、春蘭も変種は高価だから、贈られての帰途の旅だっただろう。
 他にも多くの意見が出たが、ここに書ききれない。

 「陶のごとき」の章でしまいとする。次回の日程を決め、10時45分頃に散会した。
0-93
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 

 11月19日(第3火曜日)の朝9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会A第62回を持った。
 同A第61回は、先の10月19日の記事にアップした。



 僕が早めに喫茶店に着き、ブレンド・コーヒーのモーニング・セットを食べ了える頃、MさんとTさんが着いた。
 歌誌の貸し借り・返却、情報交換のあと、研究に入る。研究会Aは、お互いの詠草の検討である。
Mさんの11首より。
 2首めの下句、「並木の紅葉あかあかと燃ゆる」は赤が重複なので、結句を「夕陽に燃ゆる」に直すよう、Tさんが奨めた。
 6首めの上句中句「小春日になにも成さぬは退屈で」を、中句「惜しくして」に直すよう、僕が奨めた。他に何ヶ所か。
Tさんの11首より。
 2首めの中句4句が「太陽の陽射しに‥」と重複なので、自分で直す事になった。
 10首めの中句「日差しかや」の「かや」は詠嘆の助詞が重なっているので、Tさん自身が旧案「かな」に戻した。他に1ヶ所。

僕の10首より。
 僕のネット用語の多用や、独善性を反省し、歌稿プリントより、選び直して、結社歌誌に出詠する事にした。
 7首めの結句「ネット漬けなり」の「なり」が古典文法だというと、Tさんが「だよ」に直すよう、奨めた。

 研究会のあと、僕の今期1ヶ月の詠草、70首余のプリントを2人に読んでもらい、感想をもらった。
 次回の日程を決め、11時近くに散会した。
0-88
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 10月29日(第5火曜日)の午前9時半、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会B第37回を持った。僕は寝過ごす事を恐れて、8時半のモーニング・コールをMさんに依頼していたが、前夜に早寝して7時半に目覚めた。

 9月には1回飛ばしているので、同・36回は8月31日の記事にアップした。

 

 僕が喫茶店で着席すると、すぐTさんとMさんが現れた。僕とMさんがブレンド・コーヒーのモーニング・セット、Tさんがアメリカン・コーヒーを注文した。
 歌誌の貸し借り・返却、本の贈呈などの後、短歌研究会Bに入る。同・Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 今回は180ページ、歌集「藤棚の下の小室」(1972年・刊)より、1964年の「雑詠」の節より入る。

「雑詠」の節
 1首めの下句「松葉牡丹の色こぞり咲く」で、4句の1語、結句の3語の、緩急を僕が指摘する。
 2首めの中句・4句「抜歯後(ばつしご)の身の衰へを」について、抜歯でそんなに衰えるだろうか、とTさんが疑問を呈した。夏の歌なので、暑さによる衰えがあるのだろう、と僕は答えた。
 6首め「過ぎゆきしかなしみごとを木(こ)の実拾ふ思ひに似つつ偲ぶときある」。Tさんは、「木の実を拾う時は楽しいのだが。」と言う。偲ぶ時にも、1種の自足感はあったのだろう、と僕は答えた。
「藤棚の下の小室」の章

 まず「小室」を「しょうしつ」と訓む事を確認する。
 1首めの下句「いたく疲れあり犬遠く鳴く」で、結句の付け方が好ましい、とMさんが述べた。
 2首めの中句「ころほひゆ」は、「ころおい」+「ゆ」(「~より」の意味の古語)である。
 9首めの上句「くれなゐに山茶花咲けば十二月」の「~に~ば~月」の詠みぶりに、TさんとMさんが感嘆していた。
 他にも多く語ったが、ここに書ききれない。
 182ページで、実質2ページだが今回の研究を了えた。次回の日程を決め、10時半過ぎに散会した。
0-80
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 10月18日の午前9時半、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会A第61回を持った。
 前回の同A第60回とお食事会は、先の9月20日の記事にアップした。

 
 僕が喫茶店内で、ブレンド・コーヒーのモーニング・セットを頼んで、スマホのインスタを繰り始めるとすぐ、MさんとTさんが現れた。同Bを1回休んだので、約1ヶ月ぶりの再会である。
 Mさんがアメリカン・コーヒーのモーニング・セット、Tさんがアメリカン・コーヒーを頼んで、歌誌の貸し借りと返却、展示会のパンフ交換などをした。
 僕はブレンド・コーヒーでなく、アイス・コーヒーが来たけれども、OKとした。モーニング・セットを摂るなどしたあと、僕の17日の、たけふ菊人形のブログを見てもらい、研究会へ入った。


 研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの9首より。
 1首めの中句・下句が「干竿にそっとシーツを秋空に干す」は「に」が重なるので、「秋空へ干す」に直すよう、僕が提案した。
 6首めの結句「曼殊沙華の花」を、花芽の見えない様であり、「曼殊沙華群」と縮めるよう、僕が提案した。他に何ヶ所か。
Tさんの8首より。
 6首めの2句中句「蝶のために便利すぎる」を、自分で定型に直す事になった。
 7首めの2句「朝の田に」を「朝の田圃に」に、4句の「トラクター響きて」の「て」を外し、定型に近づけるよう、僕とMさんが提案した。
僕の10首より。
 1首めの下句「何の探りを入れるのだろう」は、過ぎた事なので、結句「入れたのだろう」に直すよう、Tさんが提案した。
 10首め「美しく撮れた花だがそれにしてはいいね!少ないインスタの薔薇」は、自分の写真で、拗ねているようだとTさんが言う。2句を自分で「撮られているが」に直すと、改善されたとTさんも認めた。他に何ヶ所か。


 検討会のあと、僕の今期1ヶ月の100余首をプリント4枚で2人に読んでもらい、感想をもらった。次回の日程を決め、11時近くに散会した。
0-83
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 9月19日(第3木曜日)の午前10時半、喫茶店にメンバー3人が集まって、短歌研究会A第60回を持った。同・第59回は、先の8月19日の記事にアップした。僕が店の席に着いてすぐ、TさんとMさんが現れた。僕がアイスコーヒー(暑がりなので)、Tさんがアメリカン・コーヒー、Mさんがブレンド・コーヒーを頼んだ。歌誌の貸し借り、返却をする。

 短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討である。
 Mさんの10首、Tさんの8首、僕の10首をめぐって検討したが、今回はその内容を書かないでおく。かなり踏み込んだ検討をしたけれども。

 検討会のあと、僕の今期1ヶ月間の99首を2人に読んでもらった。11時半、店を出て、Mさんの車をTさんの運転で、浜町の料理屋「一之松」へ向かう。短歌研究会A第60回(5周年)を記念して、お食事会である。4人用の椅子席の部屋で、僕の軽い音頭で乾杯(僕はウーロン茶、2人はノンアルコールビールで)し、運ばれた料理を食べる。4段の重箱と、1つの大きなトレー、ご飯とお味噌汁とお茶。
 料理は美味しく、適量で、多種を食べた。現実的な話を交わしながら。
 予約は2時までとの事だったが、3人とも食べおえ、次回の日程を決め、1時半近く、店を出てまた喫茶店の駐車場まで送ってもらい、散会した。
0-66
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 8月30日(第5金曜日)の朝9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会B第36回を持った。
 同・第35回は、先の7月27日の記事にアップした。
 僕がアイスコーヒーのモーニング・セットを摂り、スマホでインスタグラムを見始めた頃、MさんとTさんが現れた。2人が注文し、歌誌の貸し借り・返却のあと、短歌研究会B第36回に入る。同・Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。

 今日は、第7歌集「藤棚の下の小室」(1972年、白玉書房・刊)より、178ページ、「簗に泊る」の章からである。
「簗に泊る」の章より。
 2首めの下句「夜の硝子戸や霧入れしめず」の「入れしめず」をTさんが訝るので、戸を固く閉めて、霧を入れさせない、の意だろうと僕は単純に解釈した。
 3首めの結句「その背を並ぶ」の「並ぶ」は他動詞「並べる」の古型の終止形だろう。
 4首めに「寂し」の語があり、後に「寂しむ」、「寂しき」2回の語も出て来て、これまでと同じく「寂しい」心(戦争に生き残り、戦後を生き抜いて来た)を保ち続けたのだろう。
「隠岐(二)」の章より。

 1首めの「黒き牛たつ」は、船着き場になぜ居るのか、放牧の牛が船着き場にまで至ったのだろう、とTさんが推測した。
 7首めの上句「東国賀島後水道」は、どこで切れるか、訓みも、3人でわからなかった。
「伯耆大山」の節より。
 1首めの上句「明けてくるみなみの空に」は、なぜ東空でないか、Tさんが提議したが、3人では解けなかった。

 180ページのこの章で、研究会Bを了え、次回の日程を決め、10時半頃に散会した。
0-60
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 

 8月18日(第3日曜日)の午後1時半、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会A第59回を持った。
 同・第58回は、先の7月18日の記事にアップした。
 僕は少し早めに着いて、アイスコーヒーを注文してスマホのインスタグラムを見ていると、定刻前にTさんとMさんが現れた。2人はレモンスカッシュを注文し、歌誌の貸し借り・返却、方言集の手渡し等のあと、研究会Aに入る。


 短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討である。
Mさんの10首より。
 1首めの「逸れしか」を「逃れしか」に、「走井」を「湧井」に直すよう、僕とTさんが提案した。
 8首めの上句「ライトバンの後部ガラスを」の「後部ガラス」を「リアウィンドー」に直すよう、僕が提案した。他に何ヶ所か。
Tさんの10首より。
 6首めに「生活」の語があるので、「くらし」と訓むのかと僕がTさんに訊くと、「たつき」と訓ませるつもりだったが、普通の「くらし」で良いとの返事だった。
 9首めの中句「おさまらず」は、旧かなでは「をさまらず」だと、僕が指摘した。他に何ヶ所か。
僕の10首より。

 参院選を詠んだ3首があり、政治的過ぎるかと思ったが、2人はそれくらい詠んで良い、との意見だった。
 10首めは、中句「話振れば」に無理があるなどするので、別の歌と差し替える事にした。他に何ヶ所か。

 研究会のあと、僕の今期110首余を2人に読んでもらい、感想をもらった。次回短歌研究会Bの日程を決め、さらに研究会Aの次回が第60回になり節目なので食事会をする約束をした。
 10時45分頃に散会した。
0-57
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ